S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
この夏に観たい納涼映画、ベスト10
(記/minaco.)


暑いっすね。暑い時には「納涼映画」*すね。
    註* 納涼映画とは、気分が涼しげになれる映画である。見た目で冷んやりと感じられたり、或いは心が寒〜くなったり、風雪に凍えたり、風景が寒々してたりする映画である。決して「内容がお寒い」映画ではない。但しホラーはここでは除いておく。
それでは、自分がこれまで観た中から、夏にお勧めな納涼映画をベスト10で紹介してみましょう。絞り切れなかった分をそれぞれ類似品と思える作品として併記しておきます。



10.『女と女と井戸の中』(1997) 監督:サマンサ・ラング
ずっと青みがかった映像、色素薄い系の女2人が怪しい関係。井戸で冷やした西瓜を食べながら観たいところ。
【納涼レベル:団扇】
【類似品】北欧のオヤジ2人が台所でしみじみする『キッチン・ストーリー』(2003) 監督:ベント・ハーメル

女と女と井戸の中 [DVD]

パイオニアLDC



9.氷の接吻(1999) 監督:ステファン・エリオット

イイ女は冬景色が似合う。うらぶれて寒々としたロケーションがムードたっぷり。詳細はコチラ 参照。
【納涼レベル:扇風機】
【類似品】ダリも協力したトラウマ男の幻覚『白い恐怖』(1945) 監督:アルフレッド・ヒッチコック

8.ファーゴ(1996) 監督:ジョエル・コーエン

冬のアメリカの田舎町は怖い。正に「雪だるま式」という言葉そのものな映画。ポスターは真っ白な雪の上に赤い服の死体がぽつん、ってのが刺繍で描かれてて、そこはかとないペーソスが漂う。
【納涼レベル:1級山岳の下り】
【類似品】スキー学校での妄想『ニコラ』(1998) 監督: クロード・ミレール

ファーゴ [DVD]

パイオニアLDC



7.パーフェクト ストーム(2000) 監督:ウォルフガング・ペーターゼン

史上最悪の大嵐に遭遇した漁船。男だらけのむさ苦しい画面だけど、あー思いっきり水浴びしたい!って時にはぴったり。アトラクションのつもりで観ると、ザッパーンと襲う波と水しぶきが気持ち良い。船酔いしないように。
【納涼レベル:水風呂】
【類似品】水モノは金が掛かるね『ウォーター・ワールド』(1995)監督:ケヴィン・レイノルズ

パーフェクト ストーム 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



6.タイタニック(1997)監督:ジェームズ・キャメロン

ご存知、超大作メロドラマだけど、前半中盤はすっ飛ばして、沈没してから海で凍えるシーンが納涼ポイント高し。歯がガチガチ鳴るほど涼しくなれる(まだ皮下脂肪が少なかった頃のディカプリオは凍死)。冷えすぎにご注意。
【納涼レベル:アイスノン】
【類似品】「♪雪の降る町を」(by高英男)が流れる極貧メロドラマ『ラヴィ・ド・ボエーム』(1992) 監督:アキ・カウリスマキ



5.コールド・フィーバー(1995) 監督:フリドリック・トール・フリドリクソン

アイスランドを代表する監督と、日本人俳優によるロードムービー。とにかく寒風吹きすさぶアイスランド巡りが寒々しい。間欠泉や氷河など、地の果ての大自然が見所(だったと思う)。
【納涼レベル:ガリガリくん】
【類似品】氷の海を全裸で走るイヌイット『氷海の伝説』(2001) 監督:ザカリアス・クヌク

4.シャイニング(1980) 監督:スタンリー・キューブリック

雪深いホテルに缶ヅメ=それだけでゾーッ。原作スティーヴン・キングは、隔絶した場所に閉じ込められる(そしておかしくなる)ってのがお得意のシチュエイション。キューブリックが好きに映像化したおかげで格段に怖くて、双子と血の洪水シーンはトラウマに。
【納涼レベル:クーラー強】
【類似品】冬の山荘に拉致『ミザリー』(1990)監督:ロブ・ライナー

シャイニング 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ






3.父、帰る(2003) 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ

ただただ静かに謎めいて、冷んやりとした感触が後々まで残る傑作。豪雨でずぶ濡れシーンの凍えっぷりは尋常じゃない。高所恐怖症も震えそう。
【納涼レベル:小岩井農場の雪まつり】
【類似品】雪の下には秘密が埋まってる『山の焚火』(1985) 監督:フレディ・M・ムーラー

父、帰る

アスミック



2.スウィート・ヒアアフター(1997) 監督:アトム・エゴヤン

スクールバスの事故、「ハーメルンの笛吹き男」、不穏な町。カナダの凍てついた風景ばかりでなく、サラ・ポーリーの瞳や人間関係も薄ら寒く冷ややかな寓話。
【納涼レベル:冷蔵庫チルド室】
【類似品】とある村の不条理で冷徹な寓話『ドッグヴィル』(2003)監督:ラース・フォン・トリアー

スウィート ヒアアフター デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント



1.八甲田山(1977) 監督:森谷司郎

明治末、八甲田山で無謀な雪中行軍をした実話の悲劇。撮影は『剣岳』の木村大作。これ以上悲惨な寒さはないでしょう。冬に観たらシャレになんない。そういや子供の頃、まっさらな雪の積もった田畑を横断する「八甲田山ごっこ」という遊びをしたもんだった。寒さとは、痛さである。身体の芯からシバれる1本。
【納涼レベル:冷凍庫】
【類似品】タロー!ジロー!の悲劇『南極物語』(1983)監督:蔵原惟繕

八甲田山 完全版 [DVD]

スバック





といった感じで、いかがでしょう。色んな意味で涼める、クーラー代わりな映画を選んでみました。勿論、これ以外にも色々あるはずなので、皆様おすすめの納涼映画がありましたらゼヒお知らせくださいませ。

ああ、ワタシはほんとに暑いのが苦手なんだな…。涼しい梅雨が好き。
[PR]
by tototitta | 2009-07-24 21:07 | 映画 | Comments(2) | ▲ TOP
Commented by desertstorm at 2009-08-03 13:48 x
シャイニングを観ました。
怖い系はなるべく避けて生きて行こうと心に決めていたんですが、たまたまやっていたので観てしまいました。
怖いというかゾーッとする感じ。特に長い廊下とか高い天井とか空間がやたら不気味。
変なシンメトリーの画とトゥー・マッチ同好会の演技がナイスなコンビネーションで、これはキューブリック(変態)しか有り得ないと思わず呟いてしまいました。
怖いのに笑ってしまうというこちらの怪奇現象も含め、才能があればここまで悪ふざけは許されるのだと感慨深かったです。

ただ・・・双子は無条件に怖い!!!!
Commented by minaco. at 2009-08-04 00:39 x
desertstormさん

ご覧になりましたか!
おっしゃる通り、キャ~という怖さではなく、イヤ~~な感じですもんね。ゾッとするイメージ映像をコラージュしたみたいな、ネタ盛り沢山で。トゥー・マッチ同好会(笑!)の顔芸もいいですが、嫁のおののきっぷりの方が怖いです。

スティーヴン・キングのベタさを残しつつ、モロにキューブリック映画になってしまいましたね。キングは不満だったそうでTV版も作ったけど、やはり映画の方がよかった…。
あの双子はダイアン・アーバスの写真が元みたいです。シンメトリーって何か怖いかも。
機会がありましたら、その他の納涼映画にもチャレンジしてみてくださいね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT