S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
サー・ボビー・ロブソン
(記&画/minaco.)


d0031385_16241297.gif

<イラストは以前開催した『世界のボビー展』より>


かつてサー・ボビー・ロブソンの元で、ガッサ、ロナウド、シアラーなど錚々たる選手が育っていった。ロブソンは、モウリーニョやファーギーにといった監督にも多大な影響を与えていた。

でもファーギーと違って、ロブソンは敵を持たず、選手に恨まれる事もなく、誰からも愛される監督だった。とりわけスター選手の扱いが巧く、例え今のマドリーだってロブソンならお手の物じゃないかな。あの伝説的な「戦術はロナウド」じゃないけど、選手に全幅の信頼を寄せてくれるんだからさぞ有り難いはず。

ルートもPSV時代にお世話になった1人である。後に、ファーギーと並び恩義のある監督として名前を挙げていた。

いつだったか、ロブソンがニューカッスル監督の時、大事な試合でルートが決勝点を入れるという“恩返し”をしてしまった事があって(確か解任が掛かってた試合かな)、お詫びにルートは「次のゴールをロブソンに捧げる」と約束した。その通り早速、次節で約束を果たしたっけ。

ワタシとしても、サー・ボビー・ロブソンは現在のフットボール界において希少な存在に思えた。彼の醸し出す人間臭さ、パッションとロマンティシズム。古き良き「親方」風情は、ビジネスライクな今どきよりもずっと血が通っていた。今後ロブソンの不在は、大きな喪失感をもたらすに違いない。R.I.P.



さて、ルートは計画通りチーム合宿に参加し、ボールも蹴られるようになり、シュート練習もできるくらい回復し、練習場では早速ゴールを決めたそうである。チームドクターからお墨付きをもらったし、順調で何より。いよいよ旅の終点が見えてきた。

なので復帰へのカウントダウン、という意味も含めつつ、新シーズンが始まるまではつらつらと昔話をしてみたいと思う。何しろ過去ネタは豊富だし、たまに蔵出しするのも悪くないよね(需要があれば当分続くかも)。
[PR]
by tototitta | 2009-08-01 16:33 | 小ネタ | Comments(2) | ▲ TOP
Commented by Laa-laa at 2009-08-04 02:02 x
サー・ボビー・ロブソン時代のニューカッスルとのゲームは派手で面白かった記憶があります。2002-2003シーズンの6-2で勝ったスコールズ祭りなんかしびれまくりでしたもん。
ロブソンのチームはなにやら暴れ者が多くて、それを飄々と纏めていてまさに「親方」でした。
あと当時の英国人としては珍しく、オランダ・ポルトガル・スペインへ出向いてますよね。
本当にフットボールが好きだったのでしょうね。
せめてニューカッスルがプレミアに戻ってくるところを見せてあげたかったです。
Commented by minaco. at 2009-08-05 00:30 x
Laa-laaさん

確かにそうですね。心なしか大量点が多いですし。
やっぱり相手が武闘派だと、こちらも腕が鳴ると思います。観ていて気持ちいいですね。

>2002-2003シーズンの6-2で勝ったスコールズ祭り
あああ、その頃まだスカパー無しで観られず…んもお、なんて楽しそうな試合!思わず動画探してみたけど見つかりませんでした(涙)。

各国で指揮を執り、しかも多くのスーパースター選手を見事に掌握した監督は、ロブソンくらいでしょうね。最後までフットボールへの情熱が衰えなかったようでした。きっとニューカッスルやシアラーの事も、気にかけていたんだろうな…
大げさに言えばイングランド独特の、ひとつの文化の象徴でもあったような気がします。残念です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT