S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『(500)日のサマー』におけるThe Smithsと『卒業』
(記&画/minaco.)

d0031385_20101536.gif


The Smithsを愛聴するアメリカ人とは、きっと相当に根暗な少数派に違いない。もしティーンエイジャーの部屋にThe SmithsやThe Cureのポスターが貼られてるのを親が見たら、ウチの子が遂に道を踏み外したかと危ぶむだろう。

当時、花束を振り回しクネクネと身を捩りヨーデルを歌ったモリッシー。その歌詞は「君と10tトラックに轢かれて死ねたら最高〜♪」とか、「仕事なんかないよ〜♪」とか、「アンハッピーバースデイ〜♪」とか、「女王は死んだ〜♪」とか、およそ引きこもりの惨めったらしい恨み節。良い子はこんなバンドに思春期を捧げちゃいかん。


『(500)日のサマー』('09)の主人公トム君は、少年時代にThe SmithsやJoy Divisionの洗礼を受けてしまった哀れな優男。運命の女性サマーとの馴れ初めも、名曲『There is a light that never goes out』。こんな設定を堂々持って来るとは、何て痛いボーイ・ミーツ・ガールの物語よ。

どこが面白いと訊かれても、ツボを突くネタやギミックが盛り沢山すぎて困る。ランダムな(500)日、ミュージカル、ブルーのグラデーション、ベルイマンごっこにも笑った。いや、そもそもThe Smithsを愛しJoy DivisionのTシャツを着る男をワタシが他人事と思えようか!更にBelle & Sebastianまで出てくるんだから、そりゃもう勝手に歌い、ずっとニヤニヤしっ放し。

ところがThe Smithsで意気投合した2人とはいえ、実際その依存度はかなり違うんだ。即ち愛に飢えた男と、愛に満たされない女のギャップ。そこでもう一つ、重要な鍵となるのがニューシネマ時代の名作『卒業』('67)だった。トム君は「過剰に素直に受け取って」しまうけど、サマーは現実を見る。

ダスティン・ホフマン扮するベンが花嫁姿のエレーンを教会からさらって、バスに乗り込む有名なラストシーン。実はちっともハッピーエンドじゃない。後部座席の2人が微笑からやがて虚を見つめる、その奇妙な間と戸惑いの表情よ。“駆け落ちしたはいいけれど、さてどうしようか…てゆうか、勢いで行動しちゃったけど良いのかしら…”と微妙な空気が流れつつ、ジ・エンド。若さ故の過ち、先の無い不安。真実の愛を得たはずの2人は、その愛を信じられない。正にLove will tear us apart again♪

多分トム君とサマーの愛の不毛に通じるものがあるんだろう。トム君が回想して「あのクソ女!」と吐き捨てるように、『卒業』のベンも「失敗した!」と後悔するのかもしれない。

しかし、海に魚は沢山居る。結局「夏」を乗り越えたトム君が堅気になっちゃうのが切ない。モリッシーは未だジョニー・マーを引きずってるというのに。

演じるジョセフ・ゴードン=レヴィットは良かった。顔のパーツが故ヒース・レジャーにそっくり、でも身のこなしや佇まいが軽やか。ズーイー・デシャネルは野暮ったくてどうも好きじゃないけど、2人並ぶとお似合いとゆうか、トム君が引き立つ。

何となく、この映画は既に思春期が過去となった人にとって、よりリアルに楽しめるような気がした。そしてThe Smiths者としては、まるでモリッシーとジョニー・マーのすれ違いを観てるかのようではないか。違うか。

「(500)日のサマー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by tototitta | 2010-05-31 20:11 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT