S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
お知らせ!『日曜日のピッチ 父と子のフットボール物語 』
(記/minaco.)

*7/18 改訂

この度、ワタクシがカバーイラストを担当させていただきました本が発売となりました。
じゃーん!

『日曜日のピッチ 父と子のフットボール物語 』
ジム・ホワイト著/東本貢司 訳(株式会社カンゼン発行)
d0031385_2110173.gif


そう、ユナイテッドファンなら一家に一冊置いておきたい『マンチェスター・ユナイテッド・クロニクル』 の著者による、英国フットボール小説です。本国では2007年に発表され、多くの共感を呼んだとゆう話題作。
英国フットボールのお好きな方、
更にユナイテッドファンの方、
中でも、ポールさんファンの方には特に強くお薦めします!


*          *

描かれるのは、作者が息子の所属するU-14チームの監督として見た、フットボールとその周辺の普遍的な日常(些細な出来事から決して忘れられない事件まで)であります。ニック・ホーンビィの『Fever Pitch(僕のプレミアライフ)』みたいに、英国人ならきっと身につまされるエピソードばかりに違いありません。勿論、我々にとっても頷く事多し。

原題が『You'll Win Nothing With Kids : Fathers,Sons and Football』と聞けば、ユナイテッドファンにはピンと来るものがあるでしょう。ユナイテッド関係者がしばしば登場するし、ポールだのライアンだの少年チームの選手達もどこかで聞き覚えのある名前ばかりなので、ついニヤニヤしてしまいます。自ら監督業とチェアマン業に翻弄されるジム・ホワイト氏は、マンチェスター生まれでスポーツライター&コメンテイターが本業。

監督としての彼は、とてもじゃないけどファーギーのようにはいきません。あんなに非情になれる訳ない。相手が14歳以下、しかも勝者のメンタリティなど求めようもないレヴェルでは尚更。クラブは侭ならず、試合も侭ならず、人間関係も侭ならず、家族や息子とのコミュニケイションも侭ならず…。

例えば、アメリカではキャッチボールが父子関係に欠かせない役割であり、英国労働者階級の場合はフットボールが父子の間を繋ぎます。日曜日はボールと芝と仲間を求め、ある者は地元クラブのスタジアムへ、ある者は少年フットボールチームへ。

各地に芝生で何面ものピッチが広がる場所があり、日曜は様々な年代で多くの試合が開催されるのです。さすがフットボールの母国、但し王国ではない訳で。テニスだってゴルフだってラグビーだって、聖地はあるのにチャンピオンが居ない。イングランド代表もW杯で勝てないし。父と子は往々にして敗者の立場をも共有してしまう。

まるで英国映画『フル・モンティ』や、ケン・ローチなどによくある悲哀と味わいが沁みてきます。また、ナンセンスなトラブルやどこか几帳面に自虐的なツッコミ視点はモンティ・パイソンみたいに可笑しい。そしてこの『父と子のフットボール物語』が、とても奥ゆかしい距離感でもって「それでもささやかな幸せはある」と伝えてくれるのでした。

*          *

とゆう感じで、ワタシも非常に面白く読んだ小説なので、どうぞ最寄の書店で見かけたら是非お手に取ってみて下さいませ。更に、お知り合いに薦めたりしてもらえれば泣いて喜びます。何卒よろしゅう!
[PR]
by tototitta | 2010-07-17 21:14 | 業務連絡 | Comments(10) | ▲ TOP
Commented at 2010-07-18 16:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minaco. at 2010-07-19 23:49 x
鍵コメ07-18 16:46さん

ありがとうございます~!個人的に嬉しいお仕事でした。
あーやっぱりポールさんは偉大だなあ、と読みながら度々ニヤニヤしましたよん。うふ。
勿論、物語として非常に面白いので、是非是非どうぞ!!ご感想もお待ちしておりまーす。
Commented by ポッセボン at 2010-07-22 23:56 x
セールストークをするminaco.さんもまた一興。
ただやっぱり違和感も大きかったり(笑)。
いつもみたく「そこからくる!?」的なminaco.さん評も見たかったな

本は買わせていただきます。
読み終わった後にでもまた寄ってみたいと思います。
Commented by minaco. at 2010-07-23 23:43 x
ポッセボンさん

是非買って下さいまし。
Commented by desertstorm at 2010-07-28 21:17 x
おめでとうございます!!
Commented at 2010-07-28 21:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minaco. at 2010-07-29 23:50 x
desertstormさん

ありがとうございます!!
Commented by minaco. at 2010-07-29 23:54 x
鍵コメ07-28 21:38さん

お買い上げありがとうございます!愉しんでいただいたようで、何よりです。
私もグッときました。「マンチェスターユナイテッド・クロニクル」、実は未だ読んでない…ああいつか買わねば(汗)。

色々とお気遣いいただき感謝します。そんな風に仰っていただけると嬉しい限りです。何しろ自分の嗜好など辺境の片隅ですから、こんな映画やこんな選手の事なんて需要があるんだろーか…などと投げやりな気持ちになる事もしばしばw
まさか『プラネット・テラー』に感動して下さる方が他にいらっしゃるとは夢にも思いませんでした。よかった!ロドリゲスは一貫して馬鹿馬鹿しくも良い映画を作りますよ。いよいよ『マチェーテ』が楽しみ♪

では、またお気軽にコメント下さいませ。今季もよろしくお願いします!
Glory Glory United~♪♪
Commented at 2010-08-15 11:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by minaco. at 2010-08-16 00:24 x
鍵コメ08-15 11:27さん

いえいえいえ、どうぞお気になさらずに!
全然構いませんですよ~。こちらこそ、お手数お掛けしてしまい恐縮です。
わざわざありがとうございました。
これからもどうぞお気軽に遊びに来てくださいね。
いつでもお待ちしております!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT