S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
怒涛のラスト『オーケストラ!』
(記/minaco.)

先日『オーケストラ!』('09)を観に行ったところ、平日にも関わらず結構なお客の入りで驚いた。それだけ巷の評判なのか、ひょっとしてオーケストラに所属する人々が集まったのか。


フランス映画なのに、いきなりロシア語だしロシア人だし、始まりの舞台がロシアなんで良い意味で裏切られた。物語は出だしからサクサクと進み、続々と登場人物が増えてゆく。

元ボリショイ交響楽団の天才指揮者だった主人公アンドレイ。30年前のとある事件により解雇され、今はしがない清掃人。だが、ひょんな事から一世一代の大博打を思いつく。もう一度オーケストラを結成し、昔の仲間と共にコンサートを開こう。もう一度チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を指揮しよう。だから現ボリショイ交響楽団に成りすまし、自分達がパリへ行っちゃおう!

そんなちょっと痛い計画が、トントン拍子に進行しちゃうからさあ大変。同じく音楽を捨てざるを得なかったかつての仲間を巻き込み、元KGBを巻き込み、何も知らないフランス人のプロモーターを巻き込み、関係ないロシアンマフィアも巻き込み、よく解んないロマの皆さんまで巻き込んで、いざパリへ。

ロシアでの前半、言わば前奏曲部分がエネルギッシュなカオスで面白い。ドタバタ喜劇なんだが、ちょっとエミール・クストリッツァ映画を思い出すバイタリティ。KGBとユダヤ人の取っ組み合いなんて斬新だし、元楽団員達がそれぞれの場所でそれぞれの楽器を弾くシーンは駆け足ながら美しかった。

まあ出来すぎな所は多々あり、「気づけよw」とか「ロシア人破天荒すぎww」とか思うけれど、あまりに展開が速くていちいちツッコんでられない。但し、ウディ・アレン似のユダヤ教徒爺さんなど脇キャラが立ってる割に、主人公がどうゆう人なのか、行き当たりばったりで流されてるのが気になる。

ところが、実はそーゆー事だったのかと後で解るのだ。第2楽章と言える、後半。更に巻き込まれた有名美女ヴァイオリニストは、むさ苦しいオーケストラに招かれた一輪の華。久しぶりに観た仏女優ミュウ=ミュウを連れて、メラニー・ロランがようやく物語を「ちょっと待て」と落ち着かせる。そして、主人公が本当は何を指揮していたのか、次第に明らかとなるんだった。


ところで、邦題に付いた『!』ってのは、もしかして『ブラス!』 ('96)を意識してるのかしら?(ちなみに原題は『Le Concert』)そういや、バラバラだったダメ人間衆が集まって、音楽で心を一つにし、誇りを取り戻そうとゆうテーマが通じるかもしれない。何より、クライマックスの舞台が英国映画はロイヤル・アルバートホール、こちらはパリのシャトレ座。念願の晴れ舞台での演奏。

映画の最終楽章。『ブラス!』では「威風堂々」だったけれど、オーケストラが演奏するのは「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲」。いやあ、ここからが凄かった。ラデュ・ミヘイレアニュ監督は、あの『ニュー・シネマ・パラダイス』にも匹敵する怒涛の波状攻撃を用意していたんである!うおおおお。

お笑いのオチ回収も忘れずに挟みつつ、過去も未来も、何もかもすべてが詰め込まれたラスト。演奏はさすがにプロの吹き替えがあるはずだけど、楽団員達が本当に弾いているように見える。勿論、メラニー・ロランのヴァイオリンも。

感動するとゆうより、突然の津波に飲み込まれて押し流されるような締めくくり。音楽の力なんだろうか。いや、やはりこれは映画ならではの力技だと思う。

「オーケストラ!」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by tototitta | 2010-07-29 21:29 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT