S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
“Van The Man” <其の1>
(記/minaco.)

あれから4年──。
フットボール界では4年一昔。ワールドカップのサイクルが1つ巡り、所属クラブを二度変えても、過去は未だに鮮明なのだ。

4年前の夏、ルートがユナイテッドを去る時は不毛な事ばかり思った。タブロイドの流す憶測をしたり顔で語られるのは嫌だけれど、単に「よくあること」で済まされるのもまた辛い。勿論ユナイテッドでは「またもや」な出来事とはいえ、ただ悲しんでくれる人が居て欲しかった。ワタシは傷口に塗る薬を探し、やがて何度も検証した末に、特効薬じゃないが痛みを和らげる薬を見つけた。

2006年ドイツW杯直前、オランダNOS TVが渦中のルートを追ったドキュメンタリー番組。タイトルは“Van The Man”

以下は、オランダのファンが英訳してくれたのを元に再現したものです。正味50分程の内容なので、8回に分けてお送りします。今更需要など無いかもしれないけど、このタイミングが相応しいかなとも思うので、シーズンオフの間にひっそりと。もしも誰かに届いてくれたら嬉しい。

─────────────────────────────

01
d0031385_21274276.jpg

    【オランニェの練習場を見下ろす場所で、レポーターが語る。】
ルートはワールドカップに向かっています。彼にとって初めてのワールドカップ。そしてキャリアのクライマックス…恐らくクライマックスとなるであろうワールドカップです。

この5年間、ルートは多くの人々に賞賛されてきました。彼はユナイテッドのトップスコアラー、世界で最も有名なチームのです。しかし、ルートとクラブのフェアリーテイルは終わろうとしてるように見えます。ユナイテッドの偉大なボス、サー・アレックス・ファーガソンは彼をベンチに追いやりました。

この数ヶ月、我々はマンチェスターで2度ほど彼と話しました。彼は我々にオールドトラッフォードを案内し、ファンと永遠に続く絆について語り、そして自分の書いたノートを読んでくれたのです──
“Van The Man”
d0031385_16535315.jpg

B.G.M.♪Editors - Munich


◆          ◆

d0031385_21334883.jpg

    【自宅のダイニングテーブルにて、自分の書いたフットボール日記を読むルート。*日記の内容はコチラ を参照。】

最高のストライカーは、北ブラバント州の人口600人にも満たない小さな村に生まれた。Geffenには“Nooit Gedacht” (=Don't think it)という、美しい名前のフットボールクラブが1つだけあった。

d0031385_21285134.jpg
    【フットボール場にて。オレンジの9番を付けた小さな子供達が、ボールを蹴っている。】

“De Biezen kamp”、そこがルートの初めてゴールをした場所。Nooit Gedachtでは、この村の選手が皆プレイする。世代から世代に渡って。ルートの祖父、Hasje van Niftrikもここでプレイした。そして彼の父、Tiny van Nistelrooijも。
    【父、Tinyが自宅に戻って来る。】
d0031385_21312971.jpg

「ちょうど今、仕事中でね。設備の装備と、今日はナイメーヘンでいくつか漏れを直してきたところなんだ」(* 父親の仕事はボイラー工)

──ここはあなたの住まいで、ルートが育った所? 
「私が住んでて、子供らが育った所だよ。彼らがこのポーチでフットボールをしてた時の思い出が一杯ある。そこのガレージのドアに傷が付いてるのが見えるだろう?子供達はいつもここで、近所から来た他の子達とフットボールしてたんだ」
d0031385_1646510.jpg

Kapelstraatから来たファン・ニステルローイ一家には、3人の子供が居た。ルートは長男、その下に弟Ron、妹のAnekkeが末っ子。Tinyは我々にルートが初めてフットボールの試合をした時の事を話してくれた。

d0031385_21323761.jpg

「良い思い出のひとつだよ。せがれが5歳の頃、規則でまだ試合が出来なかった。6歳になるまではね。でも私が年少チームを見てた時、ルートは一緒に付いて来たんだ。ユニフォームも何も持ってなかったのに。やって来て、サイドラインの私の横に座り込んで、チームと一緒にプレイしたそうだったんだよ。でも私は、そりゃ無理だって解ってるし…。
あいつがずっと横に居続るもんで、私は後半の間、プレイさせる事にしたんだ。こんな小っさいガキがプレイしたいだとさ!」

──プレイさせたんですね…。
「いつもプレイしたよ…あいつは監督がベンチに置いたら、未だにハッピーじゃないね

    【幼少期のルートのアルバムが紹介される。】

d0031385_21521996.jpg

d0031385_21354339.jpg



〜続く〜

[PR]
by tototitta | 2010-08-08 22:21 | Ruud van Nistelrooy | Comments(0) | ▲ TOP
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT