S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
終末子連れ狼『ザ・ロード』
(記&画/minaco.)

d0031385_2184676.gif


先週、朝っぱらから観た映画が『ザ・ロード』('09)。どんよりとゆうか、ガツンとゆうか、かなり終末観溢れてました。

世界終末モノ映画といえばこれまでも色々あった訳で、内容は大体いつくかのパターンに分かれると思う。
    【1】『28日後…』他ゾンビ映画パターン。生存者達が集まって逃避行。
    【2】『アルマゲドン』他ハリウッド大作系パターン。国家や軍隊(主に合衆国政府)主導で団結。
    【3】『アイ・アム・レジェンド』パターン。全滅した世界に1人ぼっち。
    【4】『マッド・マックス2』パターン。カオスとバイオレンスで荒廃。

今回は『マッド・マックス2』パターン。神は人間を見捨て、何処も彼処も灰色の地獄と化した世界。そこにスーパーな救世主は現れず、名も無き父と息子は遠く南を目指し旅をする。使命を負った父ちゃんヴィゴ・モーテンセンと、それに従う息子コディ・スミット=マクフィーくんの子連れ狼。

平穏なシーンは全部で5分にも満たないと思う。どこまでも不穏で絶望的状況が続く。一体何がどうして世界が滅びたのか、核戦争か天変地異か全く不明。例え文明が滅亡しても、森へ行けば水やキノコだってあるじゃない?沢があるなら魚だっているんじゃない?土があるなら耕して芋植えればいいじゃない?つうか、シェルターくらい用意してないの?などと最初は思ったんだが、どうやらこの終末世界では動植物の食料源が絶たれ、共食いする人間共の悪意が蔓延ってるんだった。

いやいや、こんな事もあろうかと人類はノルウェーにあらゆる種子を保管してるんじゃなかったっけ…と多少の腑に落ちなさを抱えつつ、それでも映画の設定がそうならツッコむまい。なので善人父子が食い繋ぐには、大量消費社会の僅かな置き土産か、誰かが備蓄した缶詰やレトルトとゆう残り物のみ。運悪く世界滅亡直後に誕生しちゃった息子は、恵みのコカコーラを初めてすする。カワええ。カワユすぎてエロい天才子役。

でもねえ、サバイバルと善悪を教育するヴィゴ父ちゃんがちょっと軽率。必死なのは解るけどうっかり眼を離したり、ついピンチに陥ったり、時々危なっかしい。突然出てきたガイ・ピアースの方が断然タフでワイルドで完全武装じゃん。さすが元々荒涼とした終末世界みたいなオーストラリア出身だもんね(@マッドマックス)。

ディストピアってある意味ユートピアと表裏一体、とも言える。選ばれし者とその従者が寄り添って旅をする神話や寓話のような。でも明らかにキリスト教的発想かと思うけど、人は本質的に悪だから神の作った世界が滅びると徹底的にカオス、とゆう前提はあまり釈然としない。人類ってALL善とかALL悪には決してならんでしょ。世界はキリスト教だけでもアメリカだけでもなし。

とはいえ、滅法陰気な終末論ではあるものの、ワタシは終末モノ映画って嫌いじゃない。何も無い世界って想像力の見せ所だと思うし、サバイバル・シュミレーションとして興味深いし。『食べたり恋したり祈ったり』する旅よりは、ニック・ケイヴの音楽で暗いロードムーヴィーの方に心惹かれた。

ところで、真っ暗なエンドクレジットに流れてきた音声が意味深なんである。うーむ…もしかして最後だけは希望の余地を残したかったのかも。確かにヴィゴ父ちゃんの使命は旅の終着点で果たされるから、ハッピーエンドと無理矢理思えなくもない。

そういや監督は、ガイ・ピアース主演で開拓時代のオーストラリアを舞台にした『プロポジション-血の誓約』の人。あれもバイオレントな環境に身を置く兄弟の絆をまったりと描いた映画だった。やはりオーストラリアは何かと終末モノに相応しいのかな…。どうやら『マッドマックス2』から娯楽性を排除すると、こんな映画になるのかもしれない。

「ザ・ロード」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by tototitta | 2010-10-02 21:10 | 映画 | Comments(0) | ▲ TOP
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT