S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
2011年の映画ベストイレブン
(記/minaco.)

今年も劇場であまり観られなかったんだけど、年末メモとして振り返っておきます。色々見逃してるのが多いなあ。寒くなると出不精なもんで。迷ってるうちに上映終了とか。最近では『マネーボール』も『ゴーストライター』も行けず終い。やっぱり「い つ で も 観 ら れ る と 思 う な 、行 け る 時 に 行 け」を教訓として胸に刻みたいと思います。

なお、一般的には昨年の封切り作も含むけど、あくまでこちらで今年公開された映画という事で。

////////////////////////////////////////

まずベスト5を順不同で。

『ソーシャル・ネットワーク』
ナウな題材だからって訳でなくて、映像や若手俳優含め一番新鮮な「旬」を感じた。結局、普遍的な青春映画ってのが魅力。同じく実在人物もの『アビエイター』や『J・エドガー』のディカプリオの演技に致命的に足りないものが、ジェシー・アイゼンバーグにはある。
イチ押しのマックス・ミンゲラくんがパッとしない役だったけど、準主役の『アレクサンドリア』を見逃したのが心残りです。

『エリックを探して』
ああ、あたしのエリック!

『リトル・ランボーズ』
少年達のいじらしさ、健気さにとめどなく泣かされた。そもそも『ランボー』観てランボー映画作りなんて反則だよ。

『ブルーバレンタイン』
ロマンティックで暴力的。非常にダウナーなんだけど、ベルイマン『ある結婚の風景』が大変ツボな自分には、ダウナー夫婦映画としてその系譜に続きます。それにしても、あの鷲のプリントTシャツは!

『ファンタスティック Mr.FOX』
これぞ野生の生きもののロマン!ロマン主義バンザイ!おー!

////////////////////////////////////////

そして、残りの6本(順不同)。

『ツリー・オブ・ライフ』
難解だとかポカーンだとか、宗教観や宇宙や恐竜だとか、何を今更。テレンス・マリックが新作作ってくれるだけで満足。比較できないポジション。

『マチェーテ』
我がロドリゲスの新作を2本も観られた今年。『スパイキッズ4D』も大好きだけど、とりあえずビバ☆トレホ(66さい)で。ロドリゲスは君を裏切らないぜ。

『シングルマン』
これぞミッドセンチュリーのロマン!ご飯3杯いける。

『MAD探偵 7人の容疑者』
特筆すべきは、今年ジョニー・トーさんの映画を色々観れたこと。噂通り面白い。一番良かったのは旧作『柔道龍虎房』だけど、『MAD探偵』も有り得るようであり得ない展開が可笑しい。特に嫁の存在が凄かった。

『ステイ・フレンズ』
冒頭から台詞を追うのに忙しいくらい、脚本がネタてんこ盛り。ハイカラで楽しい。それに、ダーマ(@ダーマ&グレッグ)がダーマっぽい役で出てたのも嬉しい!そうか、ラリー・フィンケルシュタインの老後も世話してるのか…なんて。しかし、歌うジェスティン・ティンバーレイクを知らぬままに映画俳優として1年に2本も観る事になるとは。しかも尻まで。

『インモータルズ -神々の戦い-』
ターセム、あなた実はプヲタだったのね?!と妄想しながらとても盛り上がった。ギリシャ神話とか教養のないワタシは、全能の神ゼウスさん=全能のプロレスラー三沢さんに置き換えて観ました。
つまり、ミッキー・ザ・レスラーは「三沢さん、ずるいぞ俺と戦え!」と因縁吹っかけてリングに担ぎ出そうとするんだけど、いかんせん三沢さんは他団体なぞ相手にしない。やがてノアの若手レスラーが勝手に参戦するのを見かねて、遂にリングに降りた時の脳内三沢コール!えげつない本気エルボー炸裂!(実際エルボーが必殺武器として登場します)燃えたね。『300』では燃えなかった心が燃えた。

////////////////////////////////////////

さて、最後に2011年の新作ではないけど、今年観て心に残った1本を。ドリュー・バリモアさん初監督作『ローラーガールズ・ダイアリー』(2010)です。

ローラー・ゲームという女子競技を舞台に、大げさに言えば「女子の生き様」を語る映画。主役は女子高生エレン・ペイジちゃんだけど、彼女の世代ばかりでなく、ローラーゲームの年増スター(ジュリエット・ルイス)、ミスコン主義の母親(マーシャ・ゲイ・ハーデン)という3世代の女性がフェアにリスペクトされ描かれてるのが素晴らしかった。型に縛られない現在形の女子も、その上の痛い青春を送った世代も、そのまた上の保守的ながら強い世代も、みんなそれぞれのやり方で闘ってる。だから1本筋が通ってるし、清清しい。

例えば、W杯優勝の日本女子代表や、現在wowowで観られる「ランジェリー・フットボール」競技の選手たちにも同じような爽快さを感じるんだった。コーチ監督は男性、でも主導権やモチベーションはあくまで女子自身。自由だし勇敢だし、ブレない。

昔の「東洋の魔女」や漫画「エースをねらえ!」にあったフォーマット、カリスマ指導者に身を委ねて導かれるって構図はもうない。だって、「岡、エースをねらえ」って言われなくても彼女達は自らエースを狙って掴み取るんだもの。W杯決勝で日本に敗れたUSA代表(ソロさんかっけー)も、そのプライドは負けてなかった。彼女達は「勝つ為にやってるんでしょ、勝たなきゃ明日なんかないでしょ」って腹が据わってるように見える。

そして時代によってやり方や環境が違っても、女子競技の選手達には脈々と信念が続いてるんだと思う。この映画のように。
[PR]
by tototitta | 2011-12-30 00:49 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT