S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
フェリーニと私
d0031385_20104786.gif

今ではすっかり見掛けなくなった、街角の映画看板(盛岡でももう1、2ヶ所くらいだろうか)。昔は毎日映画看板の前を通り過ぎて高校に通っていた。

ある日、目に入ったのはフェリーニの『81/2』のポスター。確かマストロヤンニの入浴シーンがコラージュされたモノクロのバージョンだ。白いシーツを腰に巻き、鞭を手にし、帽子を被った黒縁ウェリントン眼鏡の伊達男。
私はフェリーニなど全く知らなかったが、とにかくこのポスターに心惹かれた。何か知らんけど滅茶苦茶”クール”!。(余談だが私の一番好きな俳優はマルチェロ・マストロヤンニと言っておこう)

当時はまだ盛岡にある名劇が、その名の通りリバイバルの名画劇場だった。ヒッチコックや50'Sのミュージカル、マルクス・ブラザースやモノクロ映画が好きになったのはこの頃。でもお金も暇もないし、一緒に観てくれる人もいない私は、毎日そのポスターを眺めるだけで終わってしまった。

時は流れ、埼玉にて学生生活を送っていた頃、中野の映画館でやっと『81/2』を観た。

実はこちらへ来た理由のひとつは、東京で古い映画が思う存分観られる事だった。例えば水道橋のアテネ・フランス文化センターでは、毎週「マルクス・ブラザース特集」なり「ダグラス・サーク特集」なり英国時代のヒッチコック作品なり、時には字幕さえない『空中レビュー時代』まで、それはそれは夢のような映画が上映されてたから。ああ、東京はなんて羨ましい環境なんだ、と「ぴあ」をチェックする日々。

で、フェリーニ初体験の私だが、こんな体験は初めてだった。あの有名なラストシーン、白い幕が開いてセットに登場人物たちが歩いてくるその瞬間、私はあろう事か声を上げて椅子から何センチか飛び上がってしまった!鳴り響くニーノ・ロータのジンタ。「人生は祭りだ」。そう、理屈じゃない。人生において初めてギャフン!といった瞬間。何か解らんけど凄い!という時、人は本当にギャフン!となるんだ。

以来何本かのフェリーニの映画を観てきて、好きな監督といえばフェリーニと答えるけれども、私はすべての作品を観ている訳ではない。何故ならフェリーニの映画は私にとって最高の贅沢。映画館のスクリーンで観ることに決めているから(少なくとも初見では)。黒澤明もそうだが、何か家で見るにはもったいない気がするんだよね。ビデオは持っているが、それはあくまで保険。

そしてこうも思う。もし、いつか私の眼が見えなくなるとしたら、最後に観る映画はフェリーニにしよう。

(記/絵 minaco.)
[PR]
by tototitta | 2005-09-28 20:22 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT