S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『SAYURI』の最大の違和感は渡辺謙

d0031385_18213038.gif


日本を舞台に日本人俳優が出演してハリウッドが作ったゲイシャ映画、という事で日本人としては純粋に物語のみに没頭するのが難しい 『SAYURI』
厄介な映画である。

でもこの映画の世界は、原題『メモリーズ・オブ・ゲイシャ』ならぬ 「ゲイシャ・オブ・ワンダーランド」。もう時代考証とかディティールが合ってるんだか合ってないんだか、いちいちよく解らん。相撲観戦のシーンが出てきた時にゃさすがに身構えたけど、当時の土俵に4本柱がちゃんとあったのと、宮城山役が舞の海!ってのには(せめて本物の力士を使ってくれただけでも)救われた。何しろ花街に入った途端に皆英語を話し出すんだから、これはもうファンタジー。考証が正しければいいって訳でもないし。

それに監督は 『シカゴ』のロブ・マーシャルだ。刑務所をミュージカルのワンダーランドとして活用した前例がある。この人は女のバトルものが好きだなあ。
これでもかと情感溢れる映像の撮り方も(やたら雨が降りすぎだけど)まあ美しいし、流れるような編集も見事。

タイトルロールを演じるチャン・ツィイーや、準主役ともいえる2人の看板芸者が非日本人なのも構わない。だって気の強い女を演らせたら、彼女達には敵いっこないじゃないか!但しチャン・ツィイーは子供時代の子役が余りに上手かったせいでちょっと霞んでしまったし、あの直角の肩に着物は似合わないのが残念。コン・リーとミシェル・ヨーの方が断然華があって美しい。
さゆりが芸者デビュウしてお披露目するのが、まるで演芸場で見る蜷川幸雄の舞台みたいだったのにはビックリだが(何か勘違いして歌舞伎でも参考にしちゃったのかしら)。

とにかく、間違い探しをするつもりで観たらツッコミ所は数限り無くある。ただ私の場合、そりゃないよ〜と思わされたのは着物の着付けでも所作でもなくて、 ラストの渡辺謙だった。

情け容赦ないゲイシャ道に今まで耐えて来れたのも、幼い時に出会ったあの方を想うが故…という、「キャンディ・キャンディ」における ”丘の上の王子様”的存在(ちょっと違う?)が渡辺謙の役どころ。謙さん、セクシー。だが粋とか色っぽいとか男っぷりがイイってのとはニュアンスが違う、洋モノな感じのセクシーなんである。

そんな恋心を胸に忍んできたゲイシャ・さゆりに、とうとう謙さんへの思いが叶う時が来る。
謙さんはそれまで親友(=役所広司)の為に身を引いていた。それはいい。けど、やっと自分の番が来たからって「実は前から…」なんて、そんな簡単に!敢えて最後まで結ばれない運命を甘受するのが美しいんじゃないのか。

欧米ではハッピーエンドで終わる『フランダースの犬』も、日本では悲劇で終わるからウケるのだ。言ってみれば、運命は乗り越える為にあると思うのが欧米、変えられないから運命なのだと思うのが日本なんだとか。
この映画でも日本人が一番感情移入するのは、主人公よりもコン・リー扮する初桃姐さんの哀れさじゃなかろうか。昔の仁侠映画(ケンさん違い)じゃないけど、思いを一生胸に押し留めて後ろ姿で語るのがオトコマエだろう。少なくともフィクションではそれが美学だ。これがラテンのお話なら、一途な情熱に私もひょっとしたら泣かされてたかもしれない。だけど謙さん(のせいじゃないが)には、最後まで耐えて欲しかった。例え結ばれるとしてもニュアンスを匂わせるだけでいい。日本人はあんな直接的ラブシーンは求めてないのだ。

私にとって一番の違和感を感じるのはそこだ。ディティールではなく、感性の部分。
脚本と謙さんのキャラクター。 『Shall We ダンス?』の役所広司がリチャード・ギアに置き換えられたように、日本の物語であっても決して日本人を描いてはいない気がする。

ま、ハリウッドが作るんだからそれは当たり前なんだけど。
果たして日本人以外の観客はこのゲイシャ映画をどう観るんだろう。

(記&絵/minaco.)
[PR]
by tototitta | 2006-01-19 18:56 | 映画 | Comments(2) | ▲ TOP
Commented by serv1ce2005 at 2006-01-22 23:22
おお、これもう日本で公開しているのですね。さっき、キッチンに入ったら中華人民の皆さんが、既にお得意のイリーガル・ダウンロードでもうサユリをDVD化してました!あわわ・・・。

ちょっくら映画を見ましたらチャン・ツィー・イー、の芸者の顔、あんまり白くないっすね。おまけにお決まりの「ゲイシャは男と寝るの?」とかいう質問ばっか受けて疲れました。とほほ。
Commented by minaco. at 2006-01-23 01:01 x
serv1ce2005さん

私も日本人とはいえ花柳界に詳しい訳じゃないので、細かいところまでは指摘できませんが、ビミョーな「ゲイシャ」でしたね。
これを観て外国の方は、イメージ通りだと喜ぶのでしょうか。

私にとっては完璧な考証がありゃいいってモノでもないのですが、こういう映画はむずかしいなあ。どうしても無理があるのは仕方ないっすね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT