S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
フランスのオトコマエ
(記&絵/minaco.)
d0031385_2232530.gif

フランソワ・オゾンの最新作『ぼくを葬る』 。ほうむる、ではなく、おくる、と読むんだそうだ。ゲイのカメラマンが余命3ヶ月と告知された後、粛々と死にゆく様を描いた話。
ではあるが、私は主演の メルヴィル・プポーに眼が釘付けだった。
これまで何度か観ているはずなのに、名前は知ってても印象に残ってなかったメルヴィル。フランス映画の貴重な正統派美男俳優。えっ、こんなにイイ男だった?滅茶苦茶タイプじゃないの!どうして今まで気付かなかったんだろう。

映画の中で彼はどんどん痩せてゆく。髪もバッサリ坊主になる。最後は『マシニスト』のクリスチャン・ベール並にやつれ果てる。モジャモジャ頭と坊主に弱い私には、一粒で2度おいしい。ゴメンなさい、高尚なテーマなのに出ずっぱりのメルヴィルにのみ見とれてました。まあ、オゾンだし。オゾンもカメラのフレームにメルヴィルを映すのに情熱並々ならなかったのでは。

特に横顔がイイ。鼻の角度がイイ。多分、普通に整った容姿はそれだけじゃインパクトに欠けてたんだろう。実は子役上がりというのも、代表作に恵まれなかった訳か。だからオゾンは病にやつれさせ、どんどん人相を悪くした。コカインを吸って、金髪紅顔の美少年をはべらせ冷たく当たるメルヴィル。悲劇的なのに、主人公には感情移入しづらい映画だ。それが逆にメルヴィルの容姿に意識を集中させた。

以前書いたように、フランス映画で好きなのは ロマン・デュリス だ。
ある日ふと気付いたが、ロマンはフランス映画の文脈において ジャン・ポール・ベルモンドの後継者なのだった。決して美男ではなく、映画の中で「動く」事によって生き生きと映る役者。軽妙な身のこなし。硬軟併せ持つ絶妙な力の抜け加減。ロマンは『ルパン(Ⅲ世じゃない)』のタイトルロールを演じたが、そもそもルパン(Ⅲ世の方)はモンキーパンチがベルモンドを意識して作ったんじゃなかったかなあ。

ならば、メルヴィルはアラン・ドロン を継ぐべきだ。「動」のベルモンドと「静」のドロン。2人がフランス映画を引っ張る2大スターになれば。いささか強引かしら。
[PR]
by tototitta | 2006-08-03 22:39 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT