S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
When Saturday Comes
(記&絵/minaco.)
d0031385_2035526.gif
先日、今季昇格したシェフィールド・ユナイテッドの開幕戦をたまたま観た所、ブラマール・レーンに俳優のショーン・ビーンの 姿があった。やっぱり来てたのね。

ショーンは『When Saturday Comes 』 ('96)というフットボール映画を自ら企画・主演したほどの、シェフィールド・ユナイテッドのファンで、クラブの役員でもあるとか。ショーンつながりでは、あのショーン・コネリーもよくレンジャースを観に訪れる。こうした光景がカメラで抜かれると、クラブを愛するファンは皆同じ、世界的俳優でもアイデンティティは今も地元にあるのだと思えて嬉しくなる。

『When Saturday Comes 』とはフットボールの開催日のことだが(同じ名前の雑誌もある)、何故か邦題は 『ドリーム・ゴール』という。ベタベタなタイトルをいい意味で裏切らない、定番スポ根映画の佳作だ。
でも、そこはやっぱり英国映画。『ケス』と同様、ダーティ・タウンの現実をこれでもかと見せ付ける。

主人公はフットボール選手への夢を捨てきれない、シェフィールドのビール工場労働者ジミー(=ショーン)。毎日仕事してビール飲んで、仲間とバカをやるのが日常だ。父親は当然飲んだくれでギャンブル狂の炭鉱労働者。弟はそんな兄のフットボールの才能を気遣いながら、フットボール・グッズを収集するのが唯一愉しみ。ああ、この貧乏臭さがリアルすぎ。

炭鉱か工場かしかないこの街で、もう一度夢を掴みに踏み出すジミー。夢、それは勿論憧れのシェフィールド・ユナイテッドに入団する事!プレミアリーグじゃないってのが、泣かせるぜ。っていうか、まんまショーン自身の願望では?

ネタバレするので詳しくは書きませんが、涙あり、恋あり、挫折あり、悲劇あり、終盤はいきなり『ロッキー』みたいになっちゃうのはご愛嬌。そしてクライマックスはユナイテッドとのFAカップ準決勝!運命のFK! ナイス・ベタ!
このユナイテッドときたら、肘打ちはするわ、GKシュマイケルはやけに小っさいわ、何故かカッコ悪い3rdユニだわ、シェフィールド側目線なので散々な描かれ方だけど、やっぱり映画でのユナイテッドは敵役がふさわしい。今季の対戦が楽しみだな。

若きショーンが(スピードはないけど)ぎりぎりフットボール選手に見えるし、あのいっぱいいっぱいな目付きが堪らない。コーチ役がピート・”コバヤシ”・ポスルスウェイトってのがまたいいんだよなあ。

これを観た当時は、まさかシェフィールド・ユナイテッドがプレミアに昇格する日が来るとは思わなかった。ショーンも開幕戦で勝ち点を挙げたのに立ち会って、さぞや感慨深かっただろう。何だか映画の続きを観てるみたい。

以前、ケン・ラッセルの『チャタレイ夫人の恋人』でショーン・ビーンを観て、エロスなら実は農夫が最強だね、と農夫フェチに目覚めてしまった私。ハリウッドではすっかり機長とか隊長とか「長」が似合う(イメージの)渋い役者として、またその死に様に萌える役者としてビッグになった彼の原点ともいえるお宝映画かもしれない。ファンの方は必見です。ショーンの マッパも拝めます。
[PR]
by tototitta | 2006-09-16 20:37 | 映画 | Comments(2) | ▲ TOP
Commented by つき at 2006-09-22 01:48 x
本人の企画でしたか~。幸せ者だなショーン・ビーン。
イギリスのフット映画のしみじみ感は、minacoさんのおっしゃるイングランド人のフットの愛し方、「ファンにとってチームは家族同然」に通じるのかもしれないな、なんて考えてました。

>エロスなら実は農夫
爪が真っ黒、とか…
Commented by minaco. at 2006-09-23 00:38 x
つきさん

そうらしいです。ホント幸せ者ですよね。もしかしたらシェフィールドUのサポにとっても正に映画と現実が一体化して、この映画はシェフィールドご当地映画(他にあるのか)のレジェンドかもしれない。もしユナイテッド戦で勝った日にゃもう。

家族同然というのは勿論幻想ですし、美しい意味だけではなくてクサレ縁だけど今更離れられないし、そこに拠り所がある、という・・・屈折しながら妙に義理堅い関係かな。英国映画も音楽もそういう感じがする。しみじみ~。

>爪が真っ黒、とか…
うはは。『チャタレイ夫人』のショーンとか、『スカートの翼広げて』のP.ベタニーにグッと来た訳です。働き者の実用的筋肉とか作業の後小屋で貧しくスープをすする手付きとか。ディティールを追求すると生々しくなりそうなので・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT