S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
フレデリック・ワイズマン『動物園』
(記/minaco.)

さて、盛岡はすっかり真冬突入。氷の世界は待ったなしである(水道凍結にはご注意!)。
仕事と試合が詰まってて映画を観に行く余裕もないうちに、いつも行く映画館は遂にシネコンになった。スクリーン数が増えるといっても、どうせ正月の大作がその分占拠してしまいそうなのであまり有難みは無し。オープン記念で『サム・サッカー』の上映告知してたのになあ。よくある事だけど(泣)。

それでも見逃した映画を家で少しずつ観てはいる。その中で拾い物だった2本。

『ボーン・スプレマシー』

マット・デイモンが記憶喪失のスパイで、恋人役がフランカ・ポテンテちゃん(=『ラン・ローラ・ラン』のローラ)という設定しか予備知識がなく、でも何か気になってたので観てみた。
・・・いきなり、続編だった。
ストーリーは前作からそのまんま続いているらしいのだが(という事はもしかして、前作では解決してないのか?)『ボーン・アイデンティティ』は未見。
でも大丈夫。ヨーロッパ映画みたいで、キャストも地味で、説明が無くて、何より主人公ジェイソン・ボーンの手際の良さが気に入った。殆ど喋らないマット・デイモン(何しろ記憶喪失)はグッジョブ。前作も観ようと思う(今更)。


『動物園』

こちらも説明が全く無いドキュメンタリー。ナレーションも音楽もテロップも無し。フロリダにある動物園の日常をカメラはただひたすら記録する。
そこは旭山動物園のように特別趣向を凝らした動物園ではない。家族連れや観光客が象やキリンを見て喜ぶ姿はごく当たり前の光景だ。だがそこで働く人々を追うと、ジワジワとありふれた動物園のもうひとつの姿が見えてくる。

これは「本当は怖い動物園」の映画でもある。気の弱い人(自分)にはあまりオススメ出来ません・・・。
「上手なワニの捕まえ方」もあれば、サイの出産もヘビのお食事も犬の去勢手術もあるけれど、決して”生き物バンザイ”なものじゃありませんから!うっかり呑気に観ていた私も何度眼を背けたことか。ウサちゃんもヒヨコちゃんもバンビちゃんも・・・ああガクガクブルブル。でも、これがお仕事であり現実。動物を飼育するってのは、こういう事なのだった。我が家の猫も時々小鳥なんかをお土産にして来たしなあ。

客観的に時系列の事象のみを映してるように見えても、何を映して何を映さないか、映像には既に意図があるというもの。更に編集がすべてを決め、それをどう解釈するかは観る人による。巷でヒットしたドキュメンタリー映画はナレーション等で物語を「作る」事も多いが、この映画はそんな物語性を排してるせいで先を読めず、安易に感情移入も出来ない。観るというより見せられているという感覚。

例えば動物の食事を厨房で料理(?)する職員の姿を、カメラは人間性など微塵も見せずに映す。無言で果物や野菜を刻み、サプリメントみたいなものを加えた大きなバケツを「素手で」かき混ぜる。この人はご飯を作ってお金を得てるけど、決してシェフとは呼ばれないんだな。その職人のようなルーティン・ワークが寸分違わず毎日繰り返されていると思うと、何とも妙な気分だ。

後で知ったが、監督はドキュメンタリー映画の第一人者フレデリック・ワイズマン。名前は聞いたことあるけど観たのは初めて。この人のフィルモグラフィーを見ると、「病院」「高校」「軍事演習」「モデル」「ストア」「競馬場」・・・そのものズバリ、何とストレートなことか。それらの場所でカメラを回すという事は、観察し記録するという普遍的な行為に違いない。例えば宇宙人が来たとして「動物園トハ何カ」問われたら、この131分の映画を見せればいい。後世に残すならそういう記録なのだ。

どちらがいいという訳ではないが、多分ワイズマンの映画は文系ではなく、理数系。観察記録をまとめると、本質が見えてくる。
歴史というものはそもそも「誰か」の記録なんだろうけど、観察者ワイズマンの記録なら信頼できる、そんな気になるのであった。
[PR]
by tototitta | 2006-12-14 22:44 | 映画 | Comments(0) | ▲ TOP
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT