S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
ユナイテッド・ファン推奨映画(?) 『ミリオンズ』
(記&絵/minaco.)
d0031385_2048233.gif


昔、『フィールド・オブ・ドリームス』って映画が流行った。
全盛期(?)のケビン・コスナーがガチに農場をつぶして野球場を作る。そしてトウモロコシ畑から往年の名選手達が現れる奇跡に、野球ファンは涙したはず・・。
で、私もこんな夢を見るのである。

「If you build it, he will come」
そんな啓示を受けて田んぼにフットボールのピッチを作ると、奇跡が起こる。稲穂の向こうから現れる往年のレジェンド達・・・。
ジョージ・ベスト、サー・マット・バスビー、ダンカン・エドワーズ・・・悲劇の事故で失った選手達。どさくさに紛れて、ついでにベッカムとルートも。
もう2度と見られないはずのユナイテッドのユニフォーム姿で、もう一度だけ戻って来る。
それが私の『フィールド・オブ・ドリームス』なんである。どうよ、涙なくしては見られないでしょ。

いや、今回ユナイテッド・ファンおすすめの映画はコレじゃなくて、ダニー・ボイル監督の『ミリオンズ』である。

ママを亡くした後、マンチェスターの新興住宅地に引っ越してきた父と2人の小さな息子たち。
リアリストで生意気な長男(小さなバーズリーみたいな顔がカワイイ)と、聖人オタクで疑う事を知らない次男(そばかす顔がカワイイ)。
ある日線路脇で遊んでると、空から大金を詰め込んだナイキのバッグが降ってきた。
これは神の贈り物なのか?
とりあえず、内緒でいただいちゃえ!もうすぐポンドからユーロへ移行すれば、ただの紙くずになっちまうんだし!

冒頭で「お金は大事じゃない」と言いつつ、100万ポンドに振り回されるこの一家。果たしてお金の持ち主は。そして、次男の前に次々現れる聖人達は・・・。

父親役はユナイテッド・ファンでおなじみ、G・ベストの追悼セレモニーでも司会を務めてたジェイムス・ネズビット。
この映画には悲劇と奇跡がある。ユナイテッドにも悲劇と奇跡がある。
ダニー・ボイルがユナイテッド・ファンかどうかは知らないが、私にはそこはかとなくマンチェスターに流れる文脈を感じてしまう。こじつけと思われても。

例え宝くじには当たらなくても、ママが死んでしまっても、奇跡は起こる事もある。それを奇跡と信じなくても。
人生にファンタジーは必要だ。
何しろポンドは未だポンドだし、マンチェスターは曇り空ばかりだってのに、映画の中で、空はいつもあり得ない程晴れ渡っているではないか!(妙な部分にCGを使っちゃう映画ってスキだー)

ああ、大きなスクリーンで観たかったなあ。上手く言えないけど、私のようなユナイテッド・ファンの琴線に触れる。そんな可笑しくも暖かい映画。

兄弟の通う小学校ではこんなシーンもある。あ、この制服には見覚えがある。

先生 「尊敬する人を言ってみよう」
手を挙げる生徒1 「ロイ・キーン」
先生 「他には?」
すかさず生徒2 「ファン・ニステルローイ」
笑顔の先生 「ユナイテッドの選手以外は?」
生徒3 「シティのファウラー」
一斉に他の生徒 「ブーーーー!!」

・・・良かったな、尊敬されてるぞ!!
それもまた、ファンタジー。これだけでもう泣けてくる私であった。
[PR]
by tototitta | 2007-02-10 21:58 | 映画 | Comments(4) | ▲ TOP
Commented by Tor2008 at 2007-02-12 01:19 x
>「尊敬する人を言ってみよう」
>「ファン・ニステルローイ」
・・・ぬおおお~こんな映画があるんですか~extraordinary!!
>小さなバーズリー
マンチェスターにはそんなカンジの子供(特に、試合を観に行くべくパパ
と一緒に市電に乗ってる子)たくさん居ましたよ。さらに、スコールズの
縮小コピー版も多かったです。(ちなみに無愛想)

>ついでにベッカムとルートも。
10日の試合、やっと試合に出たBecks、やりましたね。Ruudも
点取れたし。。。でも2人ともやっぱり真っ赤なユニの方が(略)

先月TVの深夜放送で「フル・モンティ」(この作品大好きです。
特に前半部分に漂うショボ~~ン(´・ω・`)な雰囲気が。。)を
やってまして、主人公とその息子(カワイイ)がサッカー話を
します。主人公が’サンデイ・リーグ’でシェフィールド・U(ウェンズデイ
だったかも)を見ようといったら息子は「嫌だ。マンUの試合がいい」
主人公@失業中「チケットが高くてムリだよ(´・ω・`)」

 イギリスに根付くサッカー(いやfootballですね)に百年の歴史を
感じ、うらやましく思います。


Commented by minaco. at 2007-02-13 00:02 x
Tor2008さん

行った事はないけど映画などで見る限り、「マンチェスター顔」ってあるみたい。ギャリーとかモリッシーとか(アイリッシュにも共通するかな)薄暗い天気のような(笑)。無愛想な子供もまたカワイイじゃないですか。

「フル・モンティ」は私も大好きです。フットボール・ネタが多いんですよね(ワーキングクラスの映画は大抵そうだけど)。
確かシェフィールドUじゃなくてウェンズディってのがまた泣かせる所で、仰るシーンではギャズが「OOH!AHH!Cantona!」ってヤケクソに叫んだりもします。他にもダンスを覚えるのにオフサイド・トラップを応用したりとか。
R.カーライルは貧乏人をやらせたら、右に出る者はいませんなあ。
でもラストが爽快であると同時に「所詮一夜の夢」って儚さでもあっって、それがリアル。ああ、貧乏英国映画を語り出すと他にもキリがない・・。
「ミリオンズ」は全く違いますけど、機会があればどうぞ!

BecksとRuudで勝てて良かったです!Becksのゴールに凄く嬉しそうでしたね。
とにかくルートが居る限り、レアルには勝ち続けてほしい。でないとここでのキャリアがもったいない。それが願いです。

Commented by かず at 2007-02-14 13:36 x
"My Life as a Dog"以来のキュートな映画でした。
 
ユニフォームを着た強盗のシーンが面白かったです。ホントあちらでは文化として根付いているんですね。
日本版ができたら阪神戦がある日の甲子園近くでタイガースのユニフォームを着て……でしょうか。
Commented by minaco. at 2007-02-15 02:08 x
かず さん

ああ、言われてみればこれはイギリス版"My Life as a Dog"なのかもしれませんねー(まるっきりテイスト違うけど)。"My Life as a Dog"も大好きな映画です。って、このブログのスキンにもあるくらいで。

>阪神戦がある日の甲子園近くでタイガースのユニフォームを着て……
正にそうですね!白黒縞だし。
イギリス映画に限らず、アイテムの用い方を見るとその背景が想像できるのが面白いですね。





名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT