S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『プレステージ』には違う意味で騙された
(記&絵/minaco.)
d0031385_22151192.gif


ある曲やバンドの話をした後に、ラジオからその曲が流れてくる・・・なんて偶然が度々ある。滅多に流れる曲じゃないのに。
そういう事は続くもので、先日真田軍の話をここに書いたら、その数日後にTVで放送されたり、『逃亡者』について書いたら、翌週のTVで放映されていたり(ダムのシーンは少々記憶違いでした)。
で、ついこの前家で観た映画『ラスト・デイズ』にて、中国人奇術師の”弾丸口キャッチ”の話が出てきたのだけど、『プレステージ』にその中国人奇術師が登場したではないか!ギャー。何なんでしょうこれは!デジャヴかいな。

世紀末のロンドン、いかがわしさと魑魅魍魎なムードの奇術バトルにワクワク。
一方は芸達者で紳士然としたヒュー・ジャックマン、もう一方は今ガチを演らせたら若手NO.1、子役から叩き上げたクリスチャン・ベール(『バットマン・ビギンズ』はシリーズ初のガチ・バットマンだった)。

古今東西、男2人の対立構図といえば、数多くの名作が思い浮かぶ。
例えば『太陽がいっぱい』のアラン・ドロンとモーリス・ロネや、『アマデウス』のモーツァルトとサリエリの「持てる者VS持たざる者」パターン。ジャン・バルジャンとジャベール警部の「逃亡者VS追跡者」パターン。星飛雄馬と花形満、ジョーと力石の「宿命のライバル」パターンなどなど。
対照的なキャラクターが根底で惹かれ合いながらも、どちらかを葬るまで闘わざるを得ない。2人はそこはかとない愛で結ばれてるのがミソ。

『プレステージ』の奇術師たちも命を懸けた聖戦に執り付かれ、これでもかとエスカレートしてゆく。面白いのはヒールと思えばベビー・フェイス、ベビーと思えばヒール、と2人のポジションがその度入れ替わる点だ。
但し、そこに恨みつらみはあっても愛(またはSM関係)が漂わないのが少々物足りない。間に挟まれたマイケル・ケインの存在が、唯一それっぽい色気を醸し出しているくらいだ。主役2人に不満はないけれど、その辺の業が濃厚に出てたらなあと思う。
でもって、そんな男の愛憎バトルにスカーレット・ヨハンソンは要らなかったというか、やはり大根・・・。

物語も語り口も面白い映画ではあったんだけど、あまりに盛り沢山で、それを追いかけようとして細かい所に引っかかってしまった。
ヒュー・ジャックマンはウルヴァリン(『X‐MEN』)がまだ抜け切らないのか、立ち振る舞いの優雅さの割にムキムキとした筋肉付きすぎ。でも、アップで涙眼になる顔が面白い。どうもあの下マツゲが気になって。
そして、クリスチャン・ベールが持ち出す小道具、赤いラバーボール。
──ガチはそれぞれの「玉」を持っている。ガチストはそれを「ガチ玉」と呼ぶ。村主章枝(フィギュアスケート・ガチ)の”スグリ玉”然り、室伏広治(ハンマー・ガチ)の”気合玉”然り。
という事は、この奇術ガチの持つボールもまた然りかと──。

気になるといえば、映画の肝である「瞬間移動芸」なんだけど、ワタシにはそのタネが最後まで腑に落ちなくて悩んでしまった。いや、クリスチャン・ベールのじゃなくて、ヒュー・ジャックマンの方。
だってコレ、”そういう”映画だと思わなかったんだもの。そういう意味では騙された!
多分、テスラコイルも「フィラデルフィア・エクスペリメント」も全く知らない人が観たら、ついて行けないんじゃなかろうか(逆にアメリカ人なら普通に納得するのかもしれない)。なまじっかかじってる者にとってもまた、混乱の元だった。
後でパンフ見て、「えー、それでいいの」と拍子抜けした次第。原作小説でどう書かれてたのか、凄く気になる・・・。

ところで、この映画の海外版ポスターが凝っていて、1人ずつ騙し絵みたいなドットのパターンもイイけれど、ワタシの一押しなのはコチラ
このポスターを先に見てたら、何となく心構えも違ってたかもしれない。


~きょうのつぶやき~
このところ、当ブログへの検索ランキングで「ラッキーナンバー7 壁紙」というキーワードがとても多いんですが、その壁紙じゃないんですスミマセン。
[PR]
by tototitta | 2007-07-09 22:21 | 映画 | Comments(8) | ▲ TOP
Commented by j-wolf at 2007-07-10 11:22 x
原作を読んでから見に行ったので
あれをこういう風に映画にするんだ…なるほど…
と頭のわりーおばさんは関心しながらみました。
Commented by かず at 2007-07-11 15:48 x
minacoさんとは逆で原作しか読んでない人です。
あの「ひざカックン」なオチは生かした!???
DVDまで待とうと思ったけど……。
見ようかな。
Commented by minaco. at 2007-07-12 00:45 x
j-wolfさん

これは映画を先に観ると原作が気になります。
というか、テスラのタネの説明はどうしてるんでしょう・・。
何しろ、Xーファイルなお話だとは思わなかったもんで。

Commented by minaco. at 2007-07-12 00:54 x
かずさん

>「ひざカックン」なオチ
C.ベールの方のオチのことでしょうか。あれも確かにカックン来ちゃうのかもしれないですね。
原作だと2人の鬼気迫るやり取りなんかが、もっと前面に出てるのかしら。
原作も映画も両方読んで観たほうが、一番いいかもしれませんね。

Commented by j-wolf at 2007-07-16 12:47 x
最大のライバルであり友人になりうるふたりであったかもしれないのにと思うと
私は原作の結末のほうが悲しいし怖いです。映画のほうが映画らしくてよかったかも でもひざかっくんですかね?
テスラという人は歴史上実在する方で
解説によると あのホテルでの真空放電のパフォーマンス、1892年2月3日の講演は正確な史実だそうです。彼の実像については 日本でも「ステラ 発明的想像力のなぞ」「発明超人ニコラ ステラ」を読むといいと解説されていました。
私はこの手の映画は好きでしたが、実は隣でみていた友人はひざを抱えてあくびしてました…

Commented by minaco. at 2007-07-17 00:23 x
j-wolfさん
>原作の結末のほうが悲しいし怖いです
ああ~、やっぱりそうなんですか。そうですね、映画は怖さとか哀れさとか、そういう湿り気が足りなかった気がします。どうしても話が早いし。

テスラさんはテスラコイルとか以前映画に出てきたりして、聞き及んではおりました。(でもボウイだとは気付かなかった!)面白いですよね。
テスラ~瞬間移動で「フィラデルフィア・エクスペリメント」の事を連想して、あれはつまりマジックのタネとして成立していいのか??と悩んでしまったのでした。SFかよ?と。
そういうイカガワシサが面白い所なんでしょうけど、映画だとはしょってしまうので勿体無いですね。でもまあ、愉しめました。

Commented by j-wolf at 2007-07-17 14:31 x
テスラがステラになってましたW)
かぎられた時間の中でみせるってやっぱりすごいことだなってちょっと思う映画でした。
>マジックのタネとして成立していいのか??と悩んでしまったのでした
これは私も同感です。私は「蠅」かよ!と思いました。

Commented by minaco. at 2007-07-18 00:31 x
j-wolf さん

なるほど、原作を読んでから観ると映画にする苦労も忍ばれますなあ。

>私は「蠅」かよ!と思いました
あ、そうだ!正にハエ男ですねww 同じ原理(?)で色んな展開があるもんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT