S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『グラインドハウス』ひとり前夜祭
(記&絵/minaco.)

タランティーノの『デス・プルーフ』に続き観ようと思ってたロドリゲスの『プラネット・テラー』が、新聞やネットにも上映予定が見当たらず、盛岡では上映されないかも・・・という不吉な予感がよぎった。

ま、まさか・・・・2本揃っての『グラインドハウス』なのに。もしやタランティーノのブランドは全国区でも、ロドリゲスは地方で客が呼べないとでも?『スパイキッズ3‐D』は(吹き替えのみだけど)上映したじゃないスか。アレはお子様向けだとでも?(お子様の客など入ってなかったよ!っつうか、ワタシしかいなかったよ!

──などと悲観主義なワタシは、大慌てで映画館へ問い合わせた。
すると、『デス・プルーフ』から1週間置いて上映されるとのお返事。しかも、2作品で¥2,000の割引サービスが!(『デス・プルーフ』を観に行った時に買えるという)
おおお、ありがとうT宝さん!贅沢は申しません、むしろシネコンより昭和の趣ある老舗映画館で観られるなら本望ですよ!とゆうか、こんなお得なサービスがありながらちっとも宣伝されてないようなので、ここで宣伝しときます。
盛岡の映画ファンの皆様、2本で2千円ポッキリですわよ~!


さて毎年秋に「みちのく国際ミステリー映画祭」などという、代理店の匂いばかりが鼻に付くイベントが催されてた盛岡ですが、ついに今年からリニューアルした模様。「いわて盛岡映画祭」って、いかがなものか。まあ、ワタシはどうせスルーだけど。
無理矢理な映画祭(それが市民の為にあればいいが)より、立派な設備の映画館より、ただ観たい映画を観られればシアワセ。

ホントかどうか知らないが、盛岡では例えば『フラメンコ』やクラシック音楽や芸術家の伝記モノ、またはR指定が付くと客が入ると聞いた事がある。とにかく不思議と偏った傾向があるみたい。
これまでも今後も、ワタシが観たい映画が上映される保証はないし、哀しいかな、これが地方在住映画ファンの現実。それが宿命だ。涙。

という訳で気を取り直して、いやヤケクソで、今ワタシが観たいなァと思う映画を挙げてみる。ちなみに映画サイトから、思いつくまま拾ってみた(ここ最近公開、または公開予定)。
*観たい度=


『僕がいない場所』
ポーランド映画。孤児の少年の心の旅。すげえ暗そうだけど。

『パンズ・ラビリンス』☆☆☆
各所で評判の少女のダークファンタジー。こういうの大好き。期待大。

『ヴォイス・オブ・ヘドウィグ』
『ヘドヴィグ・アンド・アングリー・インチ』の楽曲をカバーするチャリティ企画アルバムの制作ドキュメンタリー・・・らしい。ジョン・キャメロン・ミッチェルの歌声は素晴らしい。
(そういや『ショートバス』はやるのよねー。R指定だからか?)

『サルバドールの朝』☆☆
スペイン、フランコ政権下の地下組織が題材。ダニエル・ブリュール(ダイスラーちょっと似)がスペイン人を演じるのかな?

『題名のない子守唄』☆☆
ミステリー、らしいけどよく解らん。トルナトーレ監督。

『ミス・ポター』
これはコチラでも公開中だけど、タイミング合わず迷ってる。ユアン・マクレガーが観たい。

『LONDON CALLING ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー』
クラッシュだもん。今は亡きジョー・ストラマーのドキュメンタリー。

『ワン・デイ・イン・ヨーロッパ』
チャンピオンズ・リーグ決勝戦の日に起こった4つのエピソード。オムニバス。『明日へのチケット』を思わせる。
UEFAが絡んでないか?とりあえず、ハズせないな。

『明るい瞳』
フランス映画だけど、ドイツを目指す孤独な少女のロードムービー。ロケーションに期待。

『オフサイド・ガールズ』
実は先日コチラで上映会があったんだけど、行けず。女性でもフットボールが観たい!と奮闘するイラン映画。

『ブラック・スネーク・モーン』
サミュエル・L・ジャクソン&クリスティーナ・リッチ・・・濃い!

『酔いどれ詩人になるまえに』☆☆
うーん、とりあえず期待。リリ・テイラーが愉しみ。

『トランシルヴァニア』☆☆☆
トニー・ガトリフ監督、ロマ、ときたら買い。ロマン・デュリスくん主演の『愛より強い旅』も観たかった~。

『インランド・エンパイア』☆☆☆
『マルホランド・ドライブ』は面白かった。キャストが「懐かしの」人揃いだな。ローラ・ダーンをスクリーンで観るのが怖い。

『タロットカード殺人事件』☆☆
ヒュー・ジャックマン、またマジシャンですか。ウディ・アレンは盛岡でも上映されそう。

『ヒッチャー』☆☆☆
C・トーマス・ハウエルのスタジャンが懐かしい、'80年代のあのホラーのリメイクですよ。指ソーセージは出てくるのかしら?何よりヒッチハイカー(ルドガー・ハウアー)役がショーン・ビーンだなんて!うひゃー、そこだけでツカミはガッチリOK!

『0093 女王陛下の草刈正雄』
ネタ映画ですな。出落ちかもしれん。『汚れた英雄』、『復活の日』・・・当然踏まえておるでしょうな?


とまあ、これだけのうち、いくつ観られる事でしょう。期待はしてませんが。
皆様でご覧になった方、或いはこれ以外でもオススメがありましたらコメントよろしくお願いしまーす。
[PR]
by tototitta | 2007-10-25 22:14 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT