S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
ジュリエット・ビノシュ映画祭 〜part1〜
(記/minaco.)

少し前に観た映画がたまたまフランス映画続きで、しかもジュリエット・ビノシュ続きだった。
『汚れた血』でナイーヴ男子(?)をかどわかしたフランスの大竹しのぶことジュリエット・ビノシュも、今やただのオバサン扱い。元々早熟で年を取ろうがそれも貫禄になるフランス女性だけど(ジャンヌ・モロー、ファニー・アルダンとか)、元々ハスッパ感が無いビノシュはどうも…。
でもまあこの際だから、「勝手にビノシュ映画祭」ということでまとめてみました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『パリ・ジュテーム』('06)

同時期に上映された『パリところどころ』とハシゴして観た。
ゴダール、ロメールらヌーベルヴァーグ勢が監督した'65年のオムニバスを、同じく現代のパリ各区を舞台にして踏襲したこの映画は、5分×18本とやたら数が多い。
なので『ところどころ』のような各話の見応えは弱い。

グリンダ・チャーダ監督ってやはり乙女ね(いい意味で)とか、安い(いい意味で)ホラーのイメージしか無かったウェス・クレイヴン監督が意外にこんなの撮るのね、とか、ギャスパー・ウリエルくんカワユす~とか(全然似てはいないけど、何かフンテラールを思い出す)が気になったところ。でも、監督の人選が「別にパリでなくても」という気もして、何だかんだ言ってどうも観光ガイド風な、「素敵なパリ」を特集した雑誌みたいな企画ありきのあざとさも感じてしまうのだった。タイトルのせいだと思う。
中でも諏訪敦彦監督ビノシュ主演のパートが、一番「取ってつけた」感が・・・。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『隠された記憶』('05)

何となく気になってたのだが、『ピアニスト』のミヒャエル・ハネケ監督だったとは。

主人公はダニエル・オートゥイユ、その妻にビノシュ。とある住宅地を延々映した画面に小さなクレジットが延々打ち込まれるオープニングからして、不穏な映画(ダルデンヌ兄弟を連想した)。
この映像は何者かが主人公宅を隠し撮りしたビデオで、その犯人と目的は何か?を巡って、随分様々な推測を呼んでいた。ネット上でそれぞれの見解を読むと成程、という気もしたが、問題のラストシーンで結局コレは「視点」の映画だと感じた訳です。

映像とか写真は必ず誰かの視点なのだけど、それが何者か解らないというのは厄介だ。特に漠然とした負い目を持った者はそれに怯える。そもそも犯人に悪意があるか否かも解らないし、この映画の映像自体、視点の主体性を限定しない。というか、わざと不在にしてる。でも確かなのは遠かろうが近かろうが、意識か無意識かに係らず誰かが見てるという前提。例えば神とか。
ラストシーンに映る人物=犯人説もあるけれど、私にはその人物をも見てる誰かの「視点」が怖かった。

『ミリオンダラー・ベイビー』も、モーガン・フリーマン=神目線の構図で語られる映画だった。イーストウッド扮する老トレーナーは信仰を捨てたと言いながら、その視点から逃れられない。
時に見守られ、時に裁かれる「内なる視点」の存在が、人間にはついて回るという事でしょうか。悪い事はできませんねえ。

そして主人公が犯人を探るうちに蘇る少年時代の記憶は、フランスとアルジェリアの関係そのものと取れる。そういう視点でも怖い怖い映画。
少なくとも2回はビビるシーンがあるので、心臓に悪いです。
[PR]
by tototitta | 2007-11-12 22:52 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT