S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
ダブリンの街角でジョン&玲奈
(記/minaco.)

『once~ダブリンの街角で』('06)を観た。物凄くシンプルな映画だ。
何でも小規模作品が口コミで評判を呼び世界的ヒット、なんだそうな。確かに、観た後誰かに話したくなるような珠玉作って感じ。

ダブリンの街角で弾き語りする男と、チェコから移民してきた女が出会い、音楽を奏でる。俳優は出ていない。演じてるのはミュージシャンだ。大きな事件がある訳でもない、悪い人など出てこない、ただの普遍的なボーイ・ミーツ・ガールのお話(エンドクレジットにて、主人公は“guy”と“girl”とだけ記されている)。
そして、まるで『世界街歩き』のようにダブリンの街と海を映しながら、PVみたいに物語とシンクロする音楽。

それはちょっとColdplay(あまり知らないけど)を思わせるような楽曲で、さすがアイルランド人はヨーロッパの黒人(by『コミットメンツ』)、とてもエモーショナルでソウルフルな歌声。歌ってる顔とかこぶしとか、どうも演歌に通じるものがあり、耳に残る。
それにしてもアイルランドでバンドを組むと、必ずキャラの宝庫となるのかしら。デモテープ作りに集められたバンド・メンバー、特にドラマーの子がイイ!


ところで、髭を蓄えたデビッド・モースみたいな、冴えない風貌をした主役の男。一目観て、ワタシはあのジョンを重ねてしまった。アイルランドでジョンと言っても、おシェイではない。
──ジョン・ボルドウィンである。(彼についてはこのエントリ内「おまけ:今日のガチ」を参照されたし)

ああ、全くジョンとしか思えない。見るからにジョンの匂いがプンプンする。こうなるともう、この映画はジョン目線でしか観られない!

──才能も努力もあるもののどこか押しの弱い男。ワケあって故郷を後にし、異国の地で家族を養いながら逞しく生きる女性。2人が出会い、コンビを組む。頼りなげな男は気丈で健気な女性のリードで、新しい世界へと踏み出す──

…って、もはやこの映画は「ダブリンのジョン&玲奈」の物語。
いや、ジョンという名の「尽くす男」、「イイ人だけど、恋人としては物足りないのよね」なんて言われてしまいそうな、ちょっぴり臆病で今イチ押し出しの弱い、情熱はあるけど気持ちばかり先走る、そんな情けなくも愛すべき男の物語。
しかし、こんなヤツが誇り高き彼女に相応しいのか…。ナニやってんだよ~というその成り行きを、「が、がんばれジョン!ヽ(´A`)ノ」と見守るワタシであった…。

実は当初、この主役にキリアン・マーフィを予定してたんだとか。そうだったらこれはジョンの物語ではなく、全く別の映画になってしまうし、アカデミー歌曲賞(♪”Falling Slowly”)は獲れなかっただろう。授賞式では髭も剃りコザッパリしてて驚いたけど、初々しい姿が良かったよ、ジョン(じゃないってば)。

あ、そういえば。ジョンの部屋の中に“レッド・デビル”のヌイグルミがあったのを、ワタシは見逃しませんでしたよ!
[PR]
by tototitta | 2008-02-28 22:39 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT