S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『アメリカン・ギャングスター』のラッシー刑事(デカ)
(記&画/minaco.)

d0031385_22383514.gif

リドリー・スコットだから、もっと凝った映像でスピーディに展開するのかと思ったら(それは弟の方だ)、意外と正統派な映画だった。
いつもはエンドクレジットの最後まで席を立たないんだけど、今回急いで出たので最後のおまけシーンを見逃してしまったのが心残り。

'70年代。暗黒街に新時代を築くギャングスターと、それを追う刑事。対極的な2人のストーリーが交互に語られ、平行したベクトルがやがて交わるまで。
確かに、ずーっと引っ張っておいて最後は驚く程はしょられるのがナンだけど、それはお話のゴールが「邂逅」にあるからと思う。ならば、いっそこの2人がジャーン!ご対面~の所で終わってくれても良かった。


さて、見所盛り沢山の2時間半余だが、主役2人には色々ツッコミ所も多いんであった。
ジェントルでスマートなデンゼル・ワシントンと、アロハシャツで腹の出たラッセル・クロウ。
フットボールに例えるなら、デンゼルは節制と自己管理を怠らない、キャプテンシー漲るGK。ラッシーはルーズでチームの人望はないけれど、大一番に起用されおいしい所で結果を出してしまうセンターFW。そんな感じ。

「悪」のデンゼルは普通にカッコいいのだが、どうもかなりの甘党らしく、コーヒーにどんだけ砂糖入れてんの!と気になる。それにアルパカ絨毯の掃除には「こするんじゃなく、炭酸で叩くように!」とか、指示も細かい。
また、デンゼルが豪邸買って田舎から家族を呼び寄せると、車からワラワラと湧き出てくる大家族が…人大杉www マルクス兄弟のギャグを思い出した。

方や「正義」のラッシーはとゆうと、ステレオタイプな「はみだしデカ」とは一味違う。金にキッチリしてても女にはだらしなく、バーベルで鍛えてた腕はマッチョでも腹はたるんだまま(凄くバランス悪い体型だ)。現場では機転が利くけど、人前ではアガリ性。
どう見ても場違いなアロハ姿で司法試験を受け、悪徳警官にもみ手し、初めて見る電子レンジに戸惑い、チップス挟んだサンドを頬張るラッシー。
なのにそんな自分をわきまえてて、ここぞという時に気障な台詞を吐きやがるのがニクイ奴。いくらカッコいい事言ったって、「拾った金を警察に届ける男」との烙印は一生消えないぞ。ナニそのキャラ設定。やる気あるのか無いのか、役作りなのか地なのか解らないよラッシー。

あの顔を見るとオデコにどうしても「肉」 と書きたくなるんだけど、ラッシー登場のファーストシーン、鞄を掻き回すガサツな手つきに、不覚にも一瞬グッときてしまったよ。これだけで全部表してるんだもの。
まあ両者ここまで細かくキャラを造形してる訳で、さすがオスカー俳優!といったところである。

俳優と言えば、ラッシーの奥さんがカーラ・グギノ(嬉)だったり、警察の脇役にノーマン・リーダスが出てたではないか!出番はたった1シーンだけだったけどね(´д`)


それから、関係ない事柄を結び付けて考えるのはワタシの悪いクセだけど、ギャングにしろ何にしろ組織のボスってのはこういうものだ、と納得した。
身内には慈悲深く、外では冷酷無比と恐れられる先代のボス。ファミリーは手厚く面倒見て結束させ、邪魔者や規律を乱す者は容赦なく制裁する新時代のボス。
まあ、だからこそファーギーもボスに相応しいんだろうと、そんな事を感じ入ってしまった。
[PR]
by tototitta | 2008-03-02 22:42 | 映画 | Comments(6) | ▲ TOP
Commented by sola at 2008-03-03 23:24 x
>最後のおまけシーン

ええーっ!そんなのあったですか・・・。
いつもそそくさと席を立って後悔するのに一向に学習能力が無いイラチな関西人でした。

ほんと、思ってたより正統派という感じで正直ちょっと期待はずれ?な感は否めなかったのですが、主役2人の男前っぷりだけでもうお腹いっぱい。
デンゼル目的で見に行ったのですが、惹かれたのはラッセルの人間臭さでした。
ウェイトトレーニングしてるシーンの時はさすがに「その前にその腹どーにかしろよ」と思いましたが。
あと70年代のと現代のが混ざった音楽が良かったです。

「イタリアのマフィアが100年かかっても作れなかった組織を作ったというのか!」という台詞(合ってるかな)にイタリア人の性というか哀しさを見たような気が。
アンチェは果たしてファーギーになれるのか。
Commented by rivarisaia at 2008-03-04 13:09
最後のおまけシーンはほんの一瞬で、よく意味がわかりませんでしたよ.....。
見逃しても大したことないかも。

そして、そうでした! 
ラッセルに夢中でデンゼルの砂糖の件を失念しておりました。
「ザーッと入れる」という表現がありますが、
デンゼルの場合、

「ザーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
「お前、どんだけ入れてんだ!」

と相手に突っ込んでほしかったのかも。
どうやらカットされたシーンには、ラッセル、出所のデンゼルを迎えにいく、
があるというウワサです。一緒にコーヒーでも飲むのかな。
砂糖いっぱい入れて。ラッセルなら突っ込んでくれると思います。

Commented by minaco. at 2008-03-05 00:29 x
sola さん
オマケ映像ですが、こちらのサイトにその画像がありました。(http://movie-sakura.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_8cc2.html)こんな事もありますから、迂闊に席を立てませんねえ。

映画の2トップって、片方が片方を食ってしまったり、どちらかがアシスト役だったりするものですが、コレは完全50-50でしたね。
デンゼルは当然かっこいいんですが、ラッシーはダメポなのに妙に堂々としてるのが…ww きっと水商売にモテモテなタイプだよ!と妙に納得しましたよ。
音楽といえば、「110番街交差点」は好きなナンバーです。

>「イタリアのマフィアが100年かかっても作れなかった組織を作ったというのか!」
お話は70年代ですが、この後今度は中華やロシア東欧マフィアが台頭してもっと厄介な事になるんでしょうね…。ゴッドファーザーの頃へのノスタルジーを覚えてしまいます。

アンチェさんについてはよく知りませんが、イタリアとは組織の構造自体が違いますし、真のボスはベルルスコーニかとも。アンチェさん自ら手を汚す事はしないのでは…。
そういや、エレミーツ・スタジアムでアンチェが着てたブランドものコートが似合わなすぎて笑えましたww失礼!
Commented by minaco. at 2008-03-05 00:51 x
rivarisaiaさん

有難うございます、ちょっと安心しました。今後は油断しないようにしたいと思います。

ダイナーで子分を集めて説教してて、デンゼルが「ちょっと失礼」って中座する時、皿に塩を山盛りにしてましたよね。あの塩も気になって仕様がなかったですよ~どうするつもりだったんだろう。
これもデンゼルの細かい役作りかも。昔は貧乏だったから、ボスになって砂糖もめいっぱい使いたかった、とか…。ラッシー、自分を棚に上げて何でもツッコミそうですね。

>ラッセル、出所のデンゼルを迎えにいく、があるというウワサです。
それは観たかった!
この映画って実は、衝立を挟んだラッシーとデンゼルの、「パンチdeデート」だと思いましたよ。そのくらい、対面シーンが際立ってました。
Commented by sola at 2008-03-05 21:24 x
>オマケ映像ですが、こちらのサイトにその画像がありました

わーい、ありがとうございます!
かっこいいですねぇ、デンゼル。
これって観客を撃ってるんですか、ね。

そうか、ミランの場合汚れ仕事はガッリアーニがするんでした。
アンチェさんが下手にやるとややこしくってしょうがないんですよ。
ああ、あのコート、スーツと同じくドルガバなんですけど見事にその良さを消してますなぁ。
Commented by minaco. at 2008-03-06 00:52 x
solaさん

結局、観てもよく解りませんねえ。まあ、一応スッキリしましたが。

>スーツと同じくドルガバ
あ、やはり。ああいうのはコスタクルタさんやマルディーニを前提として作られてるのであって、アンチェさんには…とか思ってしまいましたよww再び失礼!でもそれもご愛嬌ですよ!


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT