S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
ゾンビのネバー・エンディング・ストーリー
(記&画/minaco.)
d0031385_21221498.gif

ダニー・ボイルの『28日後…』('02)は、ゾンビ映画に新時代の“スピード化”をもたらした。とはいえ、ワタシはゾンビ映画にそれ程詳しくないし、元祖ロメロの『ゾンビ』は「怖すぎて」未見だ。ただ何が面白かったって、舞台がロンドンな事。

英国ゾンビ映画では、「どうせ島国だから、俺達見捨てられるんだ」という感覚が根底に流れる。音楽も舞台も、走るゾンビも、そもそも登場人物の閉じた世界観がすべて英国らしい。ロドリゲスの『プラネット・テラー』とはえらい違いだ。

そして、映画は『28週後…』('07)に続く。監督は違っても、英国テイストは変わらない。
たまたまスペインへ旅行してて難を逃れてた姉弟が、ゾンビ・ウィルスを鎮圧したロンドンへ帰国する。パパは貧乏人&ダメ男を演らせたら右に出る者無し、のロバート・カーライル。
映画界の最強番付で横綱がスティーブン・セガールだとすれば、カーライルは最弱の前相撲に位置するだろう。貧弱で小男な上、器も小さい。このパパがもう、大変な事になる。

見所は緑の草原を逃げるカーライルと、追いかけるゾンビ集団。走る、走る。このスピード感が映画の肝だ。明るい太陽の下、緑の向こうからぞくぞく迫り来るゾンビ大集団。コレってキートンの『セブン・チャンス』へのオマージュか(そんな訳ナイ)。草原のゾンビだよ、バンビじゃないよ。そのシュールな画に怖さより感動を覚える。緑に血飛沫の赤が映えるんだワこれが。

弟はレアル・マドリーのユニを着てた(解り易いな)。もしや死亡フラグ?とニヤニヤしてたら、案の定無謀な真似をしでかし、再びロンドンを恐怖のドン底に突き落とすんであった。
姉弟だけじゃなく駐留する軍隊も生き残った市民も皆、浅はかなので「ゾンビを舐めるな!」と言いたくなる。アラン・スミシーにちょっと似た軍人さんだけは勇敢にも戦うのだが、こんなんじゃ所詮人間はゾンビに勝ち目なし。いや、ワタシなんかが居たら真っ先に食われてますが。

制圧。復興。発症。増殖。壊滅。闇と閉鎖空間でのパニック。こんなに暗闇が多い映画は『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』以来ではなかろうか。前作より血糊はボリューム・アップ、スプラッタも大盤振る舞い。気の弱い人は観ちゃいけませんね。ワタシも苦手ではあるけれど。
街中を走り回り、クライマックスには新ウェンブリー・スタジアムも登場する。要は壮大な鬼ごっこである。逃げるが勝ち。といっても、やはり島国なのが哀しいところ。

もし次回作があるなら、きっと『28ヶ月後…』になりそうだ。ゾンビのネバー・エンディング・ストーリー。キリアン→カーライル→とくれば、映画のラストシーンからして今度の主演はロマン・デュリスくんか?と妄想する。それなら観たい!
[PR]
by tototitta | 2008-03-08 21:30 | 映画 | Comments(0) | ▲ TOP
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT