S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
my favorite movies#3  『パリ・テキサス』
d0031385_15271119.gif

ヴェンダースといえば思い出すのがずっと昔、飲み会で映画談義をしていた時に一人の女性が言った言葉。

「ヴェンダースが好きな男の子は扱い易い」
私は深くうなづいた。ついでに私も言わせてもらうと、
「J・ビノシュが好きな男の子も扱い易い」

それは確か'90年代初めの頃。当時ちょっとしたブームだった気がするヴィム・ヴェンダースとかロードムービー。観る機会を逃したまま、最近になってやっとこの映画を観た。
今は'05年。
今観るとこの映画が好きだ。何でか解らないけど好き。

ハリー・ディーン・スタントン(今はすっかりおじいちゃん)が4年の失踪の後、家族の元にひょっこり戻って来るのだが、彼の7歳の息子が登場した時から俄然話が面白くなる。

ハリー・Dの飄々とした佇まいも良いのだが、この息子、これまで観た子役の中でも最高の演技をする。演技といっては失礼なくらい、その喋り方も表情もフツウなのだ。この子、何者?

観てるとこのゆったりとしたテンポを新鮮に感じる。余白だらけで話の行間を読む映画。ライ・クーダーのボトルネック奏法ギターが尚更時間を弛緩させる。ポエジーって奴があったのね。

でも、これが通好みのトレンドだった頃に観てたら、蘊蓄を傾ける違いの解る(つもりの)男共を鼻で笑ってただろうなあ。私も年を取ったってことかなあ。扱い易いと思うのは変わりないけどね(思うだけです)。

あと、 チョイ役で出てたジョン・ルーリー。懐かしいな。私の馬面好きは昔からだったのね…。

ところで、この映画の撮影カメラマンはロビー・ミュラー(ずっとドイツ人だと思ってたら実はオランダ人だった!)。
私はなるほ堂のようにカメラワークにこだわりがある訳じゃない。どこが優れているという理由ではなく、ミュラーの映す映像は私と相性がいい。

例えば「ダウン・バイ・ロー」(監督ジム・ジャームッシュ/'86)の冒頭、走る車から見えるモノクロの空と雲を観た時、(トム・ウェイツの曲とも相俟って)デジャヴを感じた。ミュラーのカメラが切り取った風景は私にとって何よりもリアル。
同じ風景を見ても人それぞれ眼に映る映像が違うはずだが、ミュラーはいつも「いつか私が見た空」をフィルムに映してくれるのだ。

(記&絵/minaco)
[PR]
by tototitta | 2005-06-01 15:26 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT