S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『ダークナイト』~もしも、バットマンがセラピストに相談したら~
(記&画/minaco.)

d0031385_20434259.gif


ここはゴッサム・シティの片隅にある、怪しげなカウンセリング診療所。

セラピスト:次の方、どうぞ。

(黒尽くめのマント男が現れ、おもむろに椅子に腰掛ける)

セラピスト(以下セ):おお、バットマンさんじゃないですか。今日はどうしました?
バットマン(以下バ):話を聞いてもらいたい。秘密は絶対厳守。金はいくらでも出す。

:おやおや、バットスーツが傷だらけじゃありませんか。何をしてきたんです?
傷は己への戒めだ。大丈夫、このスーツは猫には強い…。いや、今ちょっと『ダークナイト』でジョーカーと戦ってきたのだ。
:ああ、凄い評判ですねジョーカー。えらく不気味で、それでいてちょっと可愛いヤツでしたね。ロングコートに派手なコーディネイトが、まるで「破壊の堕天使」ハーポ・マルクスをリスペクトしてるような。ナースのコスプレには、思わず笑っちゃいましたよ。
:笑うな。そんな軽口叩くとヤツが来てお前の口を切り裂くぞ。
:す、すみません。よほどトラウマになったようですね。
:ああ、かなりダメージを食らってしまった。どうも精神的に参るのだアイツは。
:なるほど、それがご相談ですね?

:実は…このゴッサム・シティを悪の手から守るにはどうすればいいか悩んでおる。警察は腐りきってるし、デント検事はあっさりトゥーフェイスになっちまったし、市民は俺の苦労など解ってくれやしない。最近は部下のフォックスに仕事を頼んでも嫌そうな顔をする。しかも、どうやら執事のアルフレッドは俺に隠し事してるみたいなのだ…。
ああ、そして幼馴染のレイチェル。以前と感じが変わった気もするけど、ああいうタヌキ顔がタイプなのだ。彼女を思うといたたまれない…。

:それはそれは、大変ですねえ。それにしても、何故マスクなんか付けてるんです。もっと親しみやすいキャラなら愛されると思いますけど。
:それは『ビギンズ』で説明したはずだ。両親の死とコウモリ恐怖症を克服したのだ、俺は。
:ははぁ…そうでしたね。貴方は自己流のやり方でトラウマを克服したばかりでなく、その上正義のヒーローになろうとした訳だ。無茶しますねえ。信念に固執して、他人からの忠告も聞かないでしょ。今回は自ら香港出張までしたそうじゃないですか。そんな無茶な事ばかりやってると、周りがドン引きしちゃいますよ。
:仕方ない。「街に平和を、人々に正義を」が俺のミッションなのだ。その為には何だってやる。

:確かに。だからあんな事までしちゃって…。ヒロインもあんな目に遭っちゃって。
じゃあ、まずはゴッサムに監視システムを整備して銃規制もして、市民の防犯意識を高め、自衛には合気道や柔術など教えたらどうです?いや、犯罪の根源的原因である社会格差を何とかすべきかも。その方が早いでしょう。悪人を1人1人倒すより。
:むむ…それを言っちゃお終いだ。俺はこれだけ金を使って、新しいバット・ポッドまで開発して、ラブシーンさえなく、たった1人で戦ってるというのにその言い草はあんまりだろう。
:何言ってるんですか、大金持ちのくせに。まあ、泣きたい時は思い切り泣いた方がいいですよ。時にはパーッと憂さ晴らししてみては?
:ロシア美女とヨットでバカンスに行ったけど、それでも気が晴れないのだ。
:フラストレイションを発散させるべきですよ。言う事聞かない奴は中の人(クリスチャン・ベイル)ならボコっちゃいますよ。
:黙れ!中の人などいない!!

:まあ落ち着いてください。いいですか。つまり、貴方はガチなのですよ。いきなり正義か悪か、なんてやる事が極端で過剰なのです。
今にして思えば、'80~'90年代にあった『バットマン』シリーズはアメコミのままでした。ティム・バートンがフリークスへの愛を注いだ『バットマン』『バットマン・リターンズ』も、プリンスのテーマソングも、ダークとはいえ、やはりファンタジーの範囲内だったのです。
なのにどういうつもりか、貴方がたはこの時代にコミックの設定を敢えて忠実に「リアル」化した。即ち、我々の専門用語では“4 REAL”=ガチです。そして、これまでのシリーズをチャラにして、新しい歴史を上書きしようとしている。
:ああ、それの何が悪い。ジョエル・シュマッカーの『バットマン・フォーエヴァー』『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』ときたら、もはや単なるキャラクター・ショウだったではないか。許せん。

:考えてみて下さい。ドラえもんやアンパンマンを実写的に置き換えて、“もしホントに存在したら”というリアルを追及すると、かなりキモイでしょう?それと同じですよ。
はっきり言って、リアルな貴方はイタいんです。歴代のバットマンに比べると、どうもが足りないとは思ってましたが、その分過剰なイタさが満載なのです。でもガチだから、自分のイタさに気付いてないんですよね。
:何だと…そんなバカな!

:更に言わせてもらいますと、他のアメコミ・ヒーローは「仕方なく身に付けてしまった」超人力なのに、貴方は積極的にバットスーツを着てる。金持ちだから。
:これでも会社の資金を流用するのは後ろめたいのだ!バレそうになって必死だったのだ!

:それにですね、貴方だってそもそもの動機は復讐でしょう?ジョーカーとどこが違うんですか。『デビルマン』の不動明と飛鳥了、またはシャーロック・ホームズとモリアーティ教授を思い出してご覧なさい。古今東西、宿敵とはそういうもの。映し鏡なのですよ。
:デビルマンか…日本の漫画は凄いな…。いやそうじゃなくて、俺は人殺しなどしない!俺の何がいけないのだ!

:いけないとは言ってません。それがガチの宿命…。変わりようがありません…。世の中がどんなにしょっぱくても、貴方には受け入れられない…。
:せっかくセラピストに相談してるのに、救いようがないと言うのか!

:やれやれ。何をそう深刻な顔をしてるんだ?

:むっ…どこかで聞いた台詞……ハッ!!!お、お前はまさか…ジョーカー!?

ジョーカー:(マスクを脱ぎ捨て)ウヒャヒャヒャヒャ!!今頃気付いたかよ。悪いが今年のオスカーはもらった!アカデミー賞授賞式で待ってるぜ!
:くーーーーっ。多分その通りになりそうで怖いぞ!

ジョーカー:あっ、そうそう。ついでに言っておくが、次回のヒールはペンギン…しかも中の人フィリップ・シーモア・ホフマンって噂だぜ!!!
ギャーーーー!!そ、それは反則だーーーーーーっ!!!


ジョーカーは笑いながら診療所に火をつけ、彼方へと去って行った。物陰ではズタ袋を被ったスケアクロウが薄ら笑いを浮かべている。
夜明け前は一番暗い。そんな訳で、残されたバットマンは1人寂しく、夜の闇にダーク・ナイトとなって消えるのであった。
[PR]
by tototitta | 2008-09-12 21:54 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT