S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
ジョン・レグイザモには何が足りないのかという件
(記&画/minaco.)


以前から、どうでもいいけど気になっていた件があった。
映画ファンなら知っている、でも一般的にはそれ程知られてないだろうジョン・レグイザモ(略してジョン・レグ)。

最初に観た頃はアクション大作での殺され要員が多かったが、いつしか地味に着実に出世。『ロミオ+ジュリエット』ではギンギンの濃いいラテン野郎がイカすし、『ムーラン・ルージュ』ではロートレック役であんな格好だし、『3人のエンジェル』ではドラッグ・クイーンまでしちゃうし、『タブロイド』ではセクスィ~な肉体を披露しちゃうし、いつの間にか『ER』のレギュラーになってるし。そもそもキャリアのスタートはスタンダップコメディアン(CDまで出してる)だというから驚き。ミュージカルから社会派ドラマまで、幅広い演技で器用にこなすコロンビア出身俳優である。
d0031385_21341779.gif

でもかつて「目で妊娠させる男」と呼ばれ、似たようなプロフィールのベニチオ・デル・トロには及ばない。使われ方が安いのだ。ラテン系俳優の登竜門(?)であるロドリゲス映画にも呼ばれた事がなく、主演作はあるもののメジャーとは言えず。イイ男ではあるのに、何が足りないんだジョン・レグ!



その答えは、多分この映画にあった。主演作の『スエーニョ☆僕と歌って』('05)。

d0031385_2135935.gif


ここにはワタシ好みの美味しいネタが散りばめられている。
主人公はメヒコからアメリカへ一旗上げに来たミュージシャン。当然ラテン音楽ラテン美女との恋。ルチャ・リブレのヒーロー。隣のワケ有りラテン主婦。バンドでの確執とバンド・コンテスト。

もう、これだけでお話は読めちゃうだろう。青春サクセスストーリーの王道だ。
・・・なのに、どれもが惜しい。惜しいのよっ。
ネタは美味しいはずなのに料理があっさりしてて、嫌いじゃないけど満腹感がないのよ。あんなにでっかいアワビだったのに、焼いたらコレっぽっち?みたいな。

つまり上記のネタが、膨らまない、伏線にならない、深く悩まない、特に意味がない、などなど・・・あっさり過ぎ!もっと濃く盛り上げてくれよ!タイトルに付けてる場合じゃないよ!
今どきな映像の遊びも、突然ミュージカルになるのも、お話のスパイスという程効いてない。歌の上手いラテン主婦(『GOAL:2』に出てた)を主人公にした方が面白かったんでは、とも思う。
そしてこの時41歳のジョン・レグは何と、ハタチそこそこの若作りにチャレンジ!頑張ってるよ、偉いよジョン・レグ。
・・・でも、そうまでしても惜しい!



結局、器用すぎるんだと思う。フットボールで言えば守備に奔走し、味方の上がるスペースを作り、ゴール・チャンスも作るけど、決してエースストライカーにはなれないFWタイプ。
確かに重宝はされる。だが、ロドリゲス映画のようにキャラを最大限引き出して立たせるには、もっと決定力が要る。真面目に動くウィングFWより、1トップでデンと構えられるストライカーでなくちゃ。

そんな訳で、『アザルト13 要塞警察』('05)でのジョン・レグは、未だに駆け出しの新人がやるようなトンパチ囚人役でとっとと殺されてしまい、更にシャマランの『ハプニング』('08)でも、眼鏡&ジャージ姿で役作りの甲斐なく早々に消えてしまうんだった。いっそベタなエロ・サス要員の選択肢があればとも思うが、なかなかそのセクスィーの使い道も開拓されないし。

よくよく考えると、一番惜しいのは笑った時に見える歯並びかもしれない。渋い演技をしても、すべてが下品=安さに着地してしまう。ここまで考えてきてそんなオチですまん。
けれど、これがジョン・レグの隙間俳優として生きる道、なのかもしれない(余計なお世話)。てゆうか、好きなんだけど。
[PR]
by tototitta | 2008-09-17 21:43 | 映画 | Comments(5) | ▲ TOP
Commented by jumpin_upanddown at 2008-09-17 22:22
>一番惜しいのは笑った時に見える歯並びかもしれない。渋い演技をしても、すべてが下品=安さに着地してしまう。

すんません、私ここにふかーくうなずいた。
10代の時に見た映画で「えぐい・・」と思ったのですもん。子供には味わいにくいものがありました。

下のほうのNIKEの動画、おもしろかったです。画面のこっち側でにやついてしもたですよ。
Commented by J-w at 2008-09-18 15:53 x
歯並びだったのか…となぜかすごく納得。

彼のERとかのドラマも…だったので どうしてなんだろう???と思うのでありました。私考えが浅いので 足の長さが足りないのかしらと思っていました

歯は命ですね、確かに…
Commented by minaco. at 2008-09-20 00:12 x
jumpin_upanddownさん

えぐかったですか…うん、確かにスルっと飲み込めない味わいが。珍味みたいな。
昔から気にはなってたし、シリアスな映画ではカッコいいんですが、なんとも微妙な立ち位置なんですよねー。

>NIKEの動画
よかったです~。こっち側で観てるワタシの方が何故か恥ずかしかったすよ。あとスネイデルもあんなボケやるんですね。他にも違ったバージョンのメイキングがあるようです。
Commented by minaco. at 2008-09-20 00:17 x
J-wさん

歯並び…印象度強いですね。ミもフタもないですが。
でも下品な口元ってワタシの中では好ポイントなんですよ。
この前再放送してたER見かけたら、レギュラーで出ててびっくりしました。背もね…ちっさいけど…でも脱ぐとイケるんですよ。
Commented by maru at 2015-06-26 01:35 x
入り込んでごめんなさい。「エグゼクティブ・ディシジョン」の彼は最高に素敵だったと思うのですが…いかがですか、
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT