S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
クラピッシュ×ロマン 『PARIS』
(記&画/minaco.)

d0031385_21531554.gif


セドリック・クラピッシュ映画の常連である、ロマン・デュリスくんが好き。当たり役となったグザヴィエのシリーズ(『スパニッシュ・アパートメント』と『ロシアン・ドールズ』)他、これまで5本で組んでいる。

新作は、『PARIS』('08)。その名の通り、パリに暮らす人々の群像劇である。まあクラピッシュはいつも群像劇だ。
ロマンくんとジュリエット・ビノシュの姉弟を中心に、その周辺に点在する世代も職業もバラバラなグループがリンクする。まあ、取り立て目新しい話ではない。あり得ねー!と思う状況も、突如アニメになったりするのもご愛嬌。

何だかパリ万歳、パリは良いとこ一度はおいで♪みたいなオサレ映画かと思うけど、案外そうではなかった。観光名所は日々の生活に追われる庶民の目線だし、クラピッシュには珍しくアフリカ系移民も登場する。ワタシはパリに行った事もないし知り合いも居ないものの、映画のモノローグにあったように、「パリの人は不満ばかりで、何にでも文句を言う」ってのには深く頷いちゃう。パリには住みたくないなあ。そんな機会ないけど。


ともかく、ワタシはロマンくんをまじまじと目で追った。モジャモジャ頭が好きだけど、坊主頭もいい。やっぱりこの子、セクスィー。

元ムーラン・ルージュのダンサーという設定なので、ラメラメな衣装で踊ったりするシーンもある。彼にダンサーの才はないはずだけど、その動きにはとっても惹きつけられる。そう『ルパン』('04)でも見せた身体のしなやかさ、器用さがなまめかしいのだ。部屋で胸毛出して踊る彼は、生々しくて非常にエロかった。

生々しさというのは、ワタシ的に重要なポイントだ。ロマンくんはよく脱ぐけど(しかも全裸)、毛深くて不恰好で、ただ眺めてもおよそ美しくない。動いてこそ、彼の魅力。また、口元のいやらしさも外せないポイント。ちょっとだらしなく緩んだ唇に八重歯、口角の皺。笑顔がマルケスを思い出す。

そして、彼がラストでタクシーに乗る。「ラストでタクシーの後部座席」ときたら(アーロン・エッカートも、ジョジクルもそれを演じたが)、これは余程の説得力じゃないと許されないシーンだと思う。更に長回しに耐え得る人材といえば、ロマンくんくらいしか居ないでしょう!

今回はとてもシリアスな役柄なのに、やっぱりどこか下品さの漂うロマンくんが好き。これがメルヴィル・プポーなんかだとオサレ映画にもなりそうだけど…。


【おまけ】

"17 fois Cécile Cassard"とゆう映画ではこんなコトもしちゃってます。(・∀・)イイ!!


[PR]
by tototitta | 2009-03-11 22:01 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT