S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『グラン・トリノ』に見るガチの最期
(記&画/minaco.)

d0031385_21252453.gif


「この店には1969年以降、スピリッツは置いてない」と、かつてイーグルスが歌った。
クリント・イーストウッドは「この国には1972年以降、いい車は置いてない」という映画を作った。
それが『グラン・トリノ』('08)。


前略、イーストウッド先生。(←特に意味はないけど、何となくそう呼んでみます)

俳優業を引退なさるそうですね。となると、この映画は先生自らマッチメイクした「引退興行」という訳ですね。解ります。

だから、先生の演じる偏屈ジジイはこれまでの集大成キャラなのですね。愛犬と愛妻と愛車以外の世の中を嫌い、何より自分自身を一番嫌い、煙たがられる爺さん。ちっとも丸くならないダーティ・ハリーの老後の姿。そこには自ずと先生自身がかぶります。

思うに、イーストウッド先生はいつもヒロインをヒドイ目に遭わせますね。今回もそうでした。きっと、先生の過去の女性経験を反映してるのでしょう。昔ソンドラ・ロックとの関係で余程痛い目にあったのか…と思っちゃうほど、どSな扱いですもの。しかも、女の趣味はマニアック。実は怖い女性に振り回されるのが好きなMでもあり、先生の屈折した女性観が伺えます。

先生はガチですね。これは「ガチはどうやって引退するか」という映画なのですね。解ります。

イーストウッド先生は、とことん「負けブック(負け試合)」を飲む事にした訳ですね。何にも屈しちゃならぬはずのガチが、勝負の舞台を降りる時。レジェンド・レスラーが世代交代を賭けた試合に臨む時。相手がどうあれ、負けるしかないのです。

そう思って観ると、その負けっぷりが一生懸命すぎて、可笑しくて堪りませんでした。ワタシはずっと笑いっぱなしでした。ケタケタと。後ろの席で観てた人には「この人すすり泣いてるのかな」と思われそうですが、椅子が揺れてたのは笑いのせいです。

家族の無理解攻撃、若造神父のお節介攻撃、隣に住む東洋系移民大家族のしつこい贈り物攻撃、チンピラの狼藉攻撃、その他かつてない未知の攻撃をイーストウッド先生が受けるのです。ご老体で受身を取る度に、顔を顰めて唸ります。「フガ〜〜〜」「ヌハ〜〜〜」と漏れる声が、ダースベイダーに似てます。

それでも、ガチの最期は納得して花道を去りたい。負け様は自分で決めたい。イーストウッド先生もそう思うのでしょう。そこは譲れないと。

もっと他にやり方があったんじゃ?てゆうか、それ『アルマゲドン』?!とゆう気もしますけど、ガチはいつも極端に走るし、解り易くないといけない。西部劇みたいに無法者は成敗され、そこに事情を汲むなどあり得ない。ガチには白か黒か、2つしかない。単純ですもの。解ります。

かくして、ガチは「1人でやる・自分でやる・最後までやる」(ガチ3原則)でした。ラストで名車グラン・トリノが海辺を駆けると、その後にはいい車は通らない。イーストウッド先生は満足げに歌います。エンディング曲「俺のグラン・トリノ」は、先生にとっての「マイ・ウェイ」です。そうでしょう?

さよなら、イーストウッド先生。
でも、プロレスラーとガチの引退宣言は信用ならないものですよ。

草々

「グラン・トリノ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by tototitta | 2009-05-05 21:34 | 映画 | Comments(2) | ▲ TOP
Commented by desertstorm at 2009-10-03 00:06 x
こちらを見てからずっと気になってた今作ですが、DVDになったのでようやく観ました。
ホントに私も終始笑ってしまいました。
誰もが好き勝手で、そこにエゴはなく、寧ろ清々しい程。
そして主人公がポーチで飲むのは、決まってパブスト・ブルーリボン。これにはヤラレました。いちいちかっこいいんだもんなあ~ミスター・アメリカ!と悶えました。
こちらの映画評、これからもちょくちょく参考にさせて頂きます。
Commented by minaco. at 2009-10-04 00:36 x
desertstormさん

以前のエントリにコメントありがとうございます!
ガチゆえに呆れ、笑い、でもガチゆえに憎めない…そんなイーストウッド先生の集大成らしい映画でした。
ガチは極端に走るほど清々しいものです。中途半端は一番しょっぱい。

なるほど、あのビールもこだわりの銘柄なんですね!さすが細かいぜ先生。
(そういえば今夜、BSで先生のジャズライヴがあるのでチェックしてみようっと)
私の感想じゃあまり参考にならないかもしれませんが、何か心に響く映画があれば嬉しいです。こちらこそ、色々教えて下さいませ。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT