S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
マイケルの恋の物語
(記/minaco.)


どうやらファーギーとマイケル・オーウェンの恋物語は、遂にハッピーエンドを迎えたらしい。勝手にこれまでのあらすじを綴ってみよう。


* * * * * * * * * * * * * * *

【タイトル・テーマ】
Liza Minnelli / ”Maybe This Time ”(Cabaret )



昔々、とある村で。
その夏、4年に一度の舞踏会で、一人の娘がデビューしました。年端もゆかぬその娘に、初老の男が心を奪われました。
「まるで魔法のステップではないか。なんとワンダーな娘だろう」

しかし娘は赤い名家、男は赤白の旧家で、両家は敵同士です。求愛など決して許されません。男はその恋をそっと胸に秘めました。

娘は年頃となり、村で一番の器量を湛え、村人たちから愛されました。中にはアオヤマという紳士服や、黄金の贈り物をくれる人もいましたが、それでも娘は純潔を守るつもりでいました。

ある日、噂を聞きつけた白い王様が、娘に求婚しました。白い王国は裕福だと評判だったので、赤い家は娘を見知らぬ国へ嫁がせ、そして1年が過ぎました。ところが、白い王国は思うほど幸福な場所ではなかったのです。気紛れな王様から離縁を申し渡されると、娘は故郷へ思慕を募らせました。とはいえ、村にはもう帰る場所などありません。

「ならば、いっそ私のところへ」と男は思いました。しかし、彼女がもはや生娘でなかろうと、両家が敵である事には変わりません。求婚の言葉をぐっと飲み込みました。

故郷に戻った娘は実家から「裏切り者」と呼ばれ、冷たい仕打ちが待っていました。娘はすっかり傷ついてしまい、北にある新しい城へ奉公に出ました。いつしか変わり果て、酒を煽り、競馬や賭け事に注ぎ込み、大金を失います。久しぶりに招待された舞踏会も、娘には酷なだけでした。

そんな娘の転落を、男は耐え切れぬ思いで見つめていました。捨てられたとはいえ、未だ敵対する赤家の出。彼に出来るのは、こっそり遠くから娘を見守る事だけです。

やがて、幾年か過ぎました。赤い家は異国の管理人によって、様変わりしていました。娘はいつまでも癒えぬ傷を抱え、泣き暮らしました。しかも、なんということでしょう。突然の嵐に襲われて、新しい城が崩壊してしまいます。居場所を失い、娘は途方に暮れました。

そこへ、すっかり年老いた男がやって来ました。男は優しく言いました。
「案ずるな、わたしの元へ来るがよい」

突然の申し出に、娘はたじろぎました。
「わたしはもうあの頃のままではありません。傷だらけでこんなに汚れてしまった…。それでもいいのですか?」

「かまわん。お前は今もワンダーだ」

宿敵同士、結ばれぬ運命にあった2人が、今ようやく幸せを掴もうとしています。娘はもう一度赤い…いえ、赤と白の…いえ、赤に黒いVラインの婚礼衣装を嬉しそうに身に纏うのでした。

【エンディング・テーマ】
Gene Kelly & Debbie Reynolds / “You Are My Lucky Star”




* * * * * * * * * * * * * * *

そんなお伽話があったような、なかったような。妄想だけど!

てな訳で、オーウェンがユナイテッドの一員になりましたとさ。さすが、人の弱みに付け込むのが巧いファーギーでやんす。ただ、ファーギーが長いこと片思いしてたのは本当らしい。馬主同士、気が合いそうだし。何度かあったタイミングを逃し、やっと本懐叶えたとさ。これで思い残す事もないね。

ところで気掛かりなのは、同じくニューカッスル降格組のスミシー。バットと共に、リー・マーティンを加えた(涙)キーンさんのイプスウィッチとチャンピオンシップで戦うのか。こちらにもまた「ユナイテッド亡命政府」形成の動きがあるとかないとか…。
[PR]
by tototitta | 2009-07-11 20:42 | Manchester United | Comments(6) | ▲ TOP
Commented by 蓮根 at 2009-07-11 21:04 x
初めまして。
影ながら毎日ブログ拝見してます。
今回の記事がすごくおもしろかったので、つい初コメントしてしまいました!
前回はベルバ以外の補強がなかったので今回のユナイテッドは積極的に動いてるように見えちゃいます。ロンとテベさんがいなくなったからしょうがないですかね。

またこれからもブログ楽しみにしてます!それでは。
Commented by kiwami at 2009-07-13 00:35 x
恋物語、大変楽しく読ませていただきました(笑)。
そうだったんだーと妄想とはいえ、そんなふうに「見込まれて」(見初められて?)いることが選手としてどれだけ嬉しかったかと思います。

ワンダーボーイデビューを記憶力が相当ダメダメになっているにも関わらず鮮明に覚えております。もう一度、元気に過してくれたいいです。見たいです。

いろいろ言われておるようですが(苦笑)、楽しみにしています。
Commented by minaco. at 2009-07-13 23:59 x
蓮根さま

はじめまして、コメントありがとうございます!

移籍のニュウス全般に興味が沸かない私ですが、今回のマイケルの件には、つい反応してしまいました。その手があったか!と。いやはや、忘れた頃に急展開ですわ。
まあ、今でも主力は充分人材が揃ってると思うので、これ以外はもっと先を見据えた若者を獲得したようですね。それでいいと思ってます。

では、これからもよろしくお願いします。またお気軽にどうぞ。
Commented by minaco. at 2009-07-14 00:23 x
kiwamiさん

コメントありがとうございます!
愉しんでいただけたら何よりです~。ま、妄想半分(?)だけど。

>ワンダーボーイデビュー
そうですね、アルヘン戦かな。あのトラップとゴールは私もよく覚えています。
紳士服の青山のCMもハッキリ覚えてますwww
でも何だか、ひさしぶりに写真をじっくり見たら、その老け込みようがちょっとショック…

でもまた元気になってくれるといいですね!期待しています、ネタ的にも。
ファーギーは一度惚れるとしつこいんですよね…逆もまたありき、ですがw
では、またお気軽にどうぞ。
Commented by desertstorm at 2009-07-14 10:27 x
そして与えた称号は7番という、何ともオチのついた話ですね~
マイクを穫っただけでも度肝を抜かれたのに、更に7番とは。
でも「え~(不満げ)」って言いながらも、ちょっとニヤニヤしている自分。ハラハラ・ウキウキ・ワクワクと3拍子揃った正にワンダーな移籍劇でした。
Commented by minaco. at 2009-07-14 23:55 x
desertstormさん

えええええマジっすか!!??と慌てて公式サイトへ行きました…うひゃあマジっすね。
そんなオチまで考えてなかった!てっきりバレンシアくんかオベルたんかと思ったのに。
もしこれが、マイコーの契約条件だったりしたら…とか黒い妄想も広がっちゃいますw
私としても、この衝撃の急展開にはドキドキハラハラです。ほんとにワンダーなネタですね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT