S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
2010年 12月 23日 ( 1 )
| ▲ TOP
混迷する師走
(記/minaco.)


今週のプレミアは試合延期が相次いで、ユナイテッドも思わぬ冬休みとなった訳だけど、それでも師走は忙しい。マンチェスターではMUTVクイズ大会やったり恒例クリスマス・パーティやったり、恒例クリスマスの善行(小児病院訪問)もしたり。記念すべき監督在位最長記録を達成した師ファーギーは今日も走り回ってる事でしょう。うちも色んな仕事が重なってバタバタしております。ひ~ん、クリスマスは来ないかも…(涙)


もっと寒そうなハングルクの地もまた、色んな意味で冷え込んでる様子。現在9位で改善の兆しも見えないHSV。後がないフェー監督は、金曜のBMG戦でルートをスタメンから外した。怪我が完治しないまま使っておいて何を今更…。「ビッグネームじゃなくとも若くて走れる選手を使う」とは監督の弁だが、ワタシに言わせりゃ二流のする事だ。結局60分から出場し、チームは最下位相手に何とか勝利したものの、毎週試合を観るのが辛くなってきた。

HSVの低迷ぶりに、レヴェルは全く違うけど05/06シーズンの今頃のユナイテッドを思い出してしまう。当時プレミア優勝争いはチェルシーの独走で、ユナイテッドはCLも初の予選リーグ敗退。辛い時期であった。

そのCL、手痛い敗戦を喫したリール戦のこと。ルートはホイッスル後アウェイに駆け付けたファンの元へ行き、挨拶して彼らを讃えたのだった。結果に憤慨しつつも、ここ10年間で最も酷い時を我慢しているファンを讃えずに、ピッチを去る事は出来なかったらしい。怒り心頭のユナイテッドファンもそんなルートに対し、賛辞を返したという。
ファンも俺と同じように思ってる。俺だって彼らと一体なんだって事を、失ったものを取り戻す為に全力を尽くすよって事を表したかったんだ。(2005年、ルート試合後のコメント)

キーノが電撃退団し後任も未定だった混乱期、臨時キャプテンは自らその代償と責任を負った。当時もアシスタントコーチを務めたオランダ人、レネは語る。
    私はルートと定期的に話してますよ。彼はビデオを観たり本を読んだり、インターネットを使ってユナイテッドの歴史すべてを学んでいるんです。このクラブに初めて来た時からね。このクラブは選手に何か特別のものを意味します。ルートのリール戦での行動は、ファンに謝っていたんです。つまりクラブとファンが彼にとってどんな意味を持つか、完璧に説明されている事でしょう』(2005年11月、レネ・ミューレンステーン現アシスタントコーチ)

時は過ぎ、現在ドイツで苦境に立つルートは、同じようにファンに語りかけている。良い時よりも、チームが最悪の時にこそエースの価値とゆうものが見えるとワタシは思うな。
ファンが失望してるのも解る。ファンはいつも正しい事をしてるし、俺達はハッピーじゃない。俺達は今、共にこの状況を乗り越える為力を合わせなきゃならないんだ。

ともあれ、ブンデスはウィンターブレイク突入。何かと世知辛い年末、やがて開く移籍市場の噂話も出てきたりするんだった。
[PR]
by tototitta | 2010-12-23 00:08 | Ruud van Nistelrooy | Comments(4) | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT