S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
カテゴリ:映画( 172 )
| ▲ TOP
「素敵な星空・・・」
(記/なるほ堂)

「きっと、いつかあの星のどこかから、私の素敵な男性がやって来るんだわ」

・・・・・・・・・

あの星の数ほどの野郎どもが、今夜こっそりと、僕と同じ切ない思いを抱いているはずだ。

『ひとが、現実よりも、
 理想の愛を知ったとき、
 それは、ひとにとって、
 幸福なのだろうか?
 不幸なのだろうか?』(「時をかける少女」オープニングより)
[PR]
by tototitta | 2005-05-03 21:23 | 映画 | ▲ TOP
テレンス・マリック、新作『THE NEW WORLD』製作中!!!
映像にかける執念こそが、映画監督の真骨頂。

フェリーニ然り、黒沢然り。でもCG多様こそが「凄い映像」という勘違いな風潮の今、本当に『美しい映像』を追い求める監督はほんの一握り…寂しい。ドグマ的に、それを「方法論」にしてしまうのもどうかと思うが、ともあれ「あのシーンの構図はこうでさあ」「あそこでカメラがこうカットインして…」みたいな事を語りたがる映像フェチの僕としては、味気ない映画ばかりに思える。もう、そういう見方って古いのかな…。

そんな中で嬉しいニュース。あの鬼才テレンス・マリック監督が、七年ぶりの新作「THE NEW WORLD」を現在製作中!
公式ホームページへGO!

寡作すぎてイマイチその偉大さが世間に浸透していない感のある人だけど、この人の唯一無二の映像美(「ナショナル ジオ グラフィック」みたい、とも言われる)は、ホント凄いです。「泣ける」とか「感動」とか、そんなせせこましいアレじゃなく、兎に角見る者の五感を圧倒する映画作家、もっと評価されてほしいなあ。

さて、「天国の日々」から「シンレッドライン」まで20年もかけた監督にしては、七年とは随分早い新作だなと思ったら、もしや鍵はPocahontas役の女優Q'Orianka Kilcherにあるのでは? この14才の女優の顔がいいんだわ。この子の今を撮る為に、急いだだろって、そう思える程にイイ!
僕的には、五年以内にオスカーを取ると予言。名うての監督達が放っておかない素材とみた。

ちなみに、minacoは「十年以内にエロサスで脱いでいる。ジェーンマーチみたく。」と予想。お前なぁ…。

(記/なるほ堂)
[PR]
by tototitta | 2005-05-03 15:46 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT