S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
<   2012年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
| ▲ TOP
ダークナイト ライジング~わかってるようでわかってないノーラン~
d0031385_055134.gif



“もしもバットマンがガチだったら3部作”の完結編。『ダークナイト』は、「ブルース・ウェインが如何に痛い人か」を追求した意味でとても興味深く面白かったんだけど、それはやっぱり「ツッコミ役」ジョーカーの存在が大変ふるっていたからだよね、と再確認したのだった。

そもそもワタシにとってクリストファー・ノーラン監督の映画は、「(すべきことを)わかってるようでわかってないような」危ういバランスなので、大傑作を期待した訳でもないんだけど。それに、まるっきり駄目というほど駄目な訳でもなく。以下、箇条書きで感想を。

////////////////////////////////////////

【わかってないなあノーラン】

『ビギンズ』『ダークナイト』から話を継承してるのは良いんだが、何も、正直言ってダサかった修行時代とか一番どうでもいいエピソードを思い出させなくても。だって『ビギンズ』の頃はまだそんなに自覚的に作ってないというか、結構なトンデモ展開だったじゃないか。実際スケアクロウしか覚えてないし、スケアクロウ以外は忘れていいんでは。キリアン・マーフィーさえ居ればいいじゃん。

アン・ハサウェイはともかく、これキャットウーマンじゃないよね。ぜんぜん猫じゃないね!ラバースーツをミシンで夜なべして(@ミシェル・ファイファー)…とまでは言わないが、せめて1シーンでも貧乏臭い姿を見せてくれればヨカッタのに。

そもそもゴッサムシティって架空の街なのに、今回モロに星条旗とか国歌とか大統領とか出しちゃうのは…いかがなものか。ノーランは現実と地続きのゴッサムシティをやろうとしてて、それがマンハッタンなのも薄々解っちゃいたけど、ここまでやるともうゴッサムじゃなくなってる。しかも街の外の世界が介入してしまうと、違和感や矛盾が露呈しちゃう。リアルにすればするほど嘘臭くなるのだ。

ハリウッドに都合の良い核兵器、は今更まあ置いといて。

ノーラン劇団とはいえ、『インセプション』組とキャストが被りすぎ。さすがにケン・ワタナベ再登場はなかったものの、勿体ぶったマリオン・コティヤールはもういい加減に…イラッ。

でもゲイリー・オールドマンにモーガン・フリーマン、年寄りを手荒に扱いがち。但し、マイケル・ケインは自分が泣けば可愛く見えることをわかってる。乙女みたいに!

マッチョ&口輪付きの悪役ベイトに扮したトム・ハーディ。ぷよんとしたモチ肌露出は大事なポイントだが、あの血色良い唇を隠すとはわかってない!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【わかってるノーラン】

でも、キリアンはメガネ男子ってのはわかってるノーラン。

さすがブルース・ウェインの女の趣味がブレない!とことんタヌキ顔に弱いな!

前半のクリスチャン・ベールは『ザ・ボクサー』からそのまま来たのかと思うほど、頬がこけて肌ツヤもなく不健康。おかげで凄く老けて見えたし、そこがちゃんと話にリンクしてる。スポーツ選手がトップコンディションを維持できなくなるように、無茶な夜警稼業もそろそろ肉体的限界、老いたなあバットマン…という伏線に繋がる。(ただ、やさぐれすぎたチャンベールが今にも下品な言葉使いしそうでハラハラ)

元80年代青春スター枠のエリック・ロバーツが前作に出てたけど、今回はマシュー・モディーンが同ポジションに。イイ感じに食えない顔。

ガチ・バットマンに引退などなし。引退宣言しても、何食わぬ顔で復帰するのがガチ(イーストウッド先生…)。「俺がやらねば誰がやる」ですから。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【わかってるようでわかってないようでわかってるかもしんないノーラン】

全く個人的な願望&期待だけど、今回のキャストの噂が流れた頃、ジョセフ・ゴードン=レヴィットくん出演に小躍りしたものであった。というのも、もしジョーカーが引き続き登場するならば、ヒース・レジャーからそれを継ぐのはレヴィットくんしかいないだろ!と思ってから。だって初めて観た時、見た目や雰囲気がそっくりだったし。ああいうタイプにジョーカーやらせたら一番怖いもの(荷が重いでしょうが)。

それに、今作の展開を勝手に妄想してもいた。『ダークナイト』で普通じゃありえない末路を辿ったヒロイン=レイチェルが、キャットウーマンになって蘇るのだと。勿論、アメリカの石野真子ことマギー・ギレンホール続投で。あの魔性こそキャットウーマンに相応しい。猫っぽい妖しい動きは『セクレタリー』でも観てるし。いやあ、大火傷した地味なタヌキ顔をラバーマスクに包んだマギーさんなら大変ですよ、抗えませんよ。マギー最強!

その為の伏線(必然)として、あのような悲惨な目に遭ったのだと。「知らぬはアンタだけ」な例の手紙も、本人から明かされた方が痛いでしょ。でもって、ブルースもバットマンも更なるダークサイドに追い詰められるのだと。女怖ええええ…!ってのがキャットウーマンのキャラだと思うし、ガチで痛い話なんだから、そこまでやってくれないと。そんな風に勝手に期待していたのだが。

…勿論、『ライジング』は全然そういう展開にはならんかった。ジョーカーもレイチェルも登場せず、レヴィットくんは警察官でした。わかってないなあノーランたらもう!と地団駄&歯軋りもしたけれど、でもラストで全部水に流すことに。

そうか、そうなのか!ならばいいよ!レヴィットくんを使う理由も納得するよ!細かい事も不問にするよ!よっしゃ!と拳を握りつつ、清清しい気持ちで観終える事ができたのだった。

なので、ノーランはまた『スーパーマン』ガチ化とかしなくていいから、続きのレヴィットくんを早く見せて下さいな!あ、○○○ガールは当然ジュノ・テンプルだよね?そこんとこ、わかってるのかしらん。


*『ダークナイト』感想はこちら
[PR]
by tototitta | 2012-08-25 00:59 | 映画 | Comments(2) | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT