S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
ガチ期の終わり
【やさしい悪魔】

いつかの試合、ギグっさんの空けた左サイド後方をせっせとカバーに走るRvPを観た。まあ、フリーダムなギグっさんの穴を後輩新入りが埋めるのは常だし、むしろ光栄なほどなのだが、ガナーズ事務所で8年の経験を積んだ後アイドル脱皮を目指し転入して来たRvPは、先輩のどんなムチャぶりにも張り切って応えていた。

何しろ、ギグス先輩はじめキャリック、ルーたんらからこんだけ美味しいパスやアシストを奢っていただいてる訳で。その度、新入りRvPは「勉強させていただきます!」とばかりに感激して見える。センパイと呼べる存在がピッチに居ることが嬉しいのだろうか。まるで、嫁ぎ先の姑や親戚一同から思いの外手厚くもてなされ、恐縮しきりな嫁のようなRvP。

そんなシーンが象徴するように、今シーズンのユナイテッドはやさしい悪魔だった。あろうことか、とっても情け深い悪魔だった。


RvPを獲得したのは、ちょうど2001年にルートを連れて来たのと似てるような気がした。というのも、キーンさん自伝『ロイ・キーン 魂のフットボールライフ』を読んだら、トレブル後リーグにさしたるライバル不在で、何となしにヌルい空気がチームに漂っていた当時の事が、近年と同じように感じたから。

それに危機感を持ち、もう一度「飢え」た気持ちを思い出させる為の触媒が必要だったのではないか。2001年は怪我でユナイテッド移籍と更にユーロ出場も逃してガツガツと飢えまくる暴れ馬だったが、今回は8年も居ながらタイトル無しで飢えてたRvP…絶好の素材である。

暴れ馬と同様にゴールを重ね期待に応えたRvPだが、但し、昔と違うのは赤悪魔がすっかり優しくなっていたこと。かつてはキーンさんの象徴する「怒り」、今はルーたんの象徴する「愛」がユナイテッドのカラー。時代は変わった。飴とムチ、の飴かもしれんが。来季は要求が厳しくなって鬼姑になるかもしれんが。

若い子の扱い方も、多分もう昔と同じでは通じない。ギグっさん(若干上から目線)は相変わらずだが、後半戦の赤毛さん不在も「やさしさ=ソフト路線」の影にあるのかもしれない。何より、昔ながらのヘアドライヤーやガチな管理術などでは今どきの子にそぐわない現実を、ファーギーは気付いているんだろう。


【さらば、ガチ】

そんな感慨を持ったシーズンが終わる頃に、ファーギーの引退発表。そりゃあ動揺した。このショックを赤悪魔ファン以外にも解りやすいよう例えるなら、 黒 船 来 航 のレベル。何せ、ワタシ含め赤悪魔ファンの多くは「監督は交代するもの」という常識に対し、まるっきり免疫がない。完全に他人事だった。ギグっさんだってそうだろう。

でも、解るような気もする。やさしい悪魔への変貌は、そう思わせる。ガチ時代の終焉、ガチ氷河期の訪れ…ひとつひとつ、確実にその時が来てると実感せざるを得ない。ファーギー決断の理由はあれこれあれど、それを取り巻く現状については、自分なりに思うのだった。

おととし、ポールさん引退(後に復帰)の際には「これでフットボール界は暗黒時代を迎える」と思った。兄も既にピッチに居ない。昨季、暴れ馬が現役引退し、他にも同世代のストライカーがブーツを脱ぎ、ガチストライカーの時代が終わった。赤毛さんもいよいよ本当に今季が最後となり、その最終戦の前日、ガチ・プロレスラー小橋建太もまた、リングを去った。

いつしかプレミアに歯応えあるライバルは見当たらず、あっさりと赤悪魔が優勝。キャリントンはネーミングライツを売却。見渡せば、ガチ不毛のしょっぱい荒野が広がっている。それでも、かつてガチ共がしのぎを削ったような荒ぶる闘争心を、キーンさんのような怒りを持ち続けることができるというのか。もう闘うべき相手はここに居ないのに。

あれだけ貪欲な人だもの、ファーギーの情熱やモチベーションが枯れた訳じゃなくて、ファーギーでなくちゃ手綱を引けない選手、赤悪魔で育てるに相応しい選手が枯れたんだという気がする。ルーたんを最後に、ストリートフットボールで育ち、野性の本能でプレイする選手は出てこない。勿論キーンさんやカントナのような選手も。

ならば、ここまで。

自分にとって、ファーギーは現場で若い衆(lads)を束ねる親方(gaffer)であり、労働組合のリーダーみたいなものだった。労働党支持者だし。英国映画で観るように、そこで最も忌み嫌われるのはスト破り=団結を乱す行為。だからボスは力ずくで若い衆を守り、掟破りの者に容赦しない。そうゆうものだと思ってた。

でも今はそんな時代じゃない。潮時を見てたのかもしれない。ひとりでやる・全部やる・最後までやる…ファーギーもそうだった。こうしてあのファナティックでロマンティックなガチ期は終わったんだ。


赤悪魔で続いたご長寿大河ドラマシリーズは、第26シーズンをもって完結である。この後始まるのは「新・ビバリーヒルズ青春白書」とか「新・スタートレック」とかになる。面白いかもしれないけど、酷くつまらないかもしれない。

ホームズものみたいに今後何度も聖典を蘇らせ上書きしていくだろうが、もう一度面白いものを作るならいっそ、現代版『SHERLOCK』が出来るくらいまで待たなきゃないかもしれない。


【モイーズ、伝統の赤毛】

で、慌しくも後任監督にディヴィッド・モイーズと決まった訳で。候補と噂された中で、最も痛みの少ない選択というか、ソフトランディングというか、保守的な選択とも言えるけど、実際ホッとした赤悪魔ファンも多いんじゃないかという…。赤毛も伝統だよね。ファーギーが推したともされるけど、簡単には決められないし、何より誰だろうが「ファーギー以上に成功するのは無理、ゼッタイ」って予め前提になってるというクラブなのだ。恐ろしい事に。

ひょっとしたら、更にファーギーの教え子たちが周りを固める可能性もある。フィルが何故エヴァートンを退団するのかも謎だ。そうやって、保守的なファン心理を懐柔するつもりかもしれない。むしろファーギー院政時代になったりして。それでもガチストとしては、今のところ将来のことなど想像もしたくない訳で。ただただ終わりを噛みしめながら、受け入れるしかない訳で。


とはいえ、ピッチ内で絶滅種でも、ガチはピッチ外でまだ生息してる。キーンさんは相変わらず空気を無視して怒り、そのキーンさんをクレランドさんが怒り、兄は相変わらず過剰でクドいコラムをしたため、最果ての北欧でオーレが虎視眈々とアップを始め(?)、オランダでは暴れ馬が1年の放牧からフットボール界に戻ってくる(「最初の仕事がファーギーが引退した後のユナイテッドだったりして」とか言ってたぞ…)。

自分は懐古主義でイヤな小姑みたいな赤悪魔ババアになると思う。既にそうだけど。でも、いつもロマンティックな側を見ていたい。例えそれが妄想でも。
ガチ期最後の恐竜とも言うべきファーギーや赤毛さんがピッチから姿を消しても、『ジュラシック・パーク3D』を脳内で観続けていたい。

そういや、赤がお好きだった故ダイアナ・ヴリーランドさんは、現実と虚構が入り混じった“ファクション”という言葉を創造していらっしゃる。ドキュメンタリー映画の中で彼女は言ってた。「真実でも退屈な話ならお断り」と。
[PR]
# by tototitta | 2013-05-12 01:14 | Manchester United | Comments(2) | ▲ TOP
レ・ミゼラブル~レッドメインくんブラーヴォ!
実は昔々、日本初演版の舞台を観たことがある。自分で観ようとは思わなかったんだが、たまたま競馬で儲かった知り合いに良い席をおごってもらったのだった。確かダブルキャストのジャン・バルジャン=滝田栄、ジャベール警部=鹿賀丈史バージョン。

多分、ミュージカルといって馴染みの薄い日本人がパッと思い浮かべる最大公約数的なのが、このレミゼなんだろうなあ、という気がする。洋食といえばハンバーグ、バレエといえば白鳥の湖、ヅカといえばベルばら、みたいな。ジャジャーンと鳴り響くドラマティックなメロディ、壮大なロマン、そして文部省推薦みたいな感動大作。ザ・王道。しかも文芸ものとくれば、マダム層にど真ん中。

往年のMGMやRKOのミュージカル映画でミュージカル好きになった自分なので、劇団四季みたいなのはちょっと違うんだよね…。悪くはないけど、ブロードウェイがそういうのばかりじゃないし。ミュージカルの歴史としても、物語性はずっと後から付いてきたものだし。でも日本で受け入れられやすいのは、きっとレミゼ的なミュージカルだ。まあ、それはさて置き。

年末年始公開に相応しい豪華大作としては、久々に王道らしい王道。やっと今頃になって観てきた。感想を主要キャストごとに箇条書き。

////////////////////////////////////////

【ジャン・バルジャン=ヒュー・ジャックマン】

以前『オクラホマ!』をTVで観たことがあるし、ミュージカル俳優として定評もある。ワタシとしてもウルヴァリンよりミュージカルの方が馴染む。問題は、この映画がアップを多用したことで、必要以上にヒューの顔の面白さに注目してしまった事だ。
途中からどんどん石立鉄男化してくる白髪パーマ。大きく見開いた目の離れ具合。長身で小顔でカッコいいはずの佇まいも、アップだけで観るとこんなに面白いとは。まつげ長ッ。彼にはシリアスなミュージカルより、朗らかな『オクラホマ!』みたいなのが似合うと思うんだが。

【ジャベール警部=ラッセル・クロウ】

ミュージカルならお任せ!なキャスト陣の中で、「何故オレが」ポジションにいるラッシー。でも、自身のバンドで歌ってますからね。歌えるんだけど、大作向きじゃないだけ。明らかな負けブックを敢えて呑む勇気を讃えたい。
実際、ラッシーはアイドルorマスコット的存在なんである。画ヅラが大事。やたら高い所大好き、1人ぼっちで星を見て物思いに耽るラッシー、和めます。

【ファンティーヌ=アン・ハサウェイ】

数年前のオスカー授賞式でヒューとやった(仕込みの)いきなりミュージカルが、ホントに実現。彼女もちゃんと歌えるし何も悪くないんだが、逆に何でもできるよね、って今更意外性はなかった。というか、もう少し前ならコゼット役をやってたはず。

【マリウス=エディ・レッドメイン】

ブラーヴォ!!とにかくレッドメインくんの歌声が最高に素晴らしかった。1人だけクラシック風の発声だけど、非常に良い声質で、しかもソツなくミュージカル演技もできる。だから彼の出てくる第2幕の方が断然いい。凄く凄くポテンシャルの高い子だなあ。そしてファニーフェイス&そばかす&エロすぎる半開き唇。上流なのに革命に身を投じるという設定が似合いすぎ。エポニーヌたんにすればそりゃ惚れてまうがな!

【エポニーヌ=サマンサ・バークス】

第2幕でレッドメインくんと共に美味しい役どころ。だって、一番グッとくるのは彼女とレッドメインくんの場面でしょ。“On My Own”でしょ。島田歌穂の魂を見たね。そういや、当初コゼット役にレイチェル(@glee!)ことリア・ミシェルも候補だったそうだけど、やるなら絶対エポニーヌだろ!

【テナルディエ=サシャ・バロン・コーエン】

彼にミュージカル的素養があって、凄く巧くて驚いた。いわゆる狂言回し役として、ミュージカルのツボをちゃんと押さえてる。ヘレナ・ボナム=カーターはまあ、いつものヨゴレ。

【コゼット=アマンダ・サイフリッド】

アマンダちゃんもミュージカル経験者だし、この役は清純派アイドル枠なので納得のキャスト。まあコゼットって別に何をする訳でもない、ケッ!としか思えないキャラだけど。但し、今回ヒューとアマンダちゃんが並ぶと、魚眼レンズで撮ってるのかと思うほど目の離れ具合が似てる…しかも大作りなパーツがアンさんにも似てる…顔に親子の説得力が。

【アンジョルラス=アーロン・トヴェイト】

レッドメインくんの歌の巧さとは別に、本物のブロードウェイ俳優(『RENT』などに出演)の歌は本作で一番素晴らしい。彼のソロには本格ミュージカルを観た感があった。

////////////////////////////////////////

ところで、カメラワークの件。序盤はそれほど気にならないじゃんと思ったものの、やっぱり次第に気になってしまい、いっそ何か偏執的な拘りでもあるのかとすら。例えば、歌のソロは画面右にどアップ、左側に背景(無人)、という同じ構図ばかり。これって、漫画によくある人物の独白フキダシのコマ構図だよね。心の中を表す記号。(´-`).。oO(台詞)←こんなの。

それに、スクリーンがシネマスコープ・サイズじゃないので、ただでさえ狭苦しく窮屈な、まるで舞台を最前列かぶりつきで観るかのようで疲れる。臨場感=近けりゃいいってモンじゃないよ…。ダンスがない分、物量でゴージャス感を出してるみたい。

そもそも映画全体がスターかくし芸大会か、PVか、みたいな作りで途中から笑ってしまう。とはいえ、レッドメインくんの歌声を映画館で聴く価値はあったので、それで充分ですが。
[PR]
# by tototitta | 2013-03-16 01:06 | 映画 | Comments(0) | ▲ TOP
『ライフ・オブ・パイ』のもうひとつの話
d0031385_21292018.gif



アン・リー監督の3D映画『ライフ・オブ・パイ』 (2012)を観た時のこと。

平日午後の劇場は、比較的年齢層高めである。後の席には60代前後と思われる夫婦連れが居た。そして、ワタシから3席ほど離れた席にも妙齢とおぼしき女性が現れた。ヒョウ柄かトラ柄かアニマルな毛皮っぽいコート姿で、スーパーで買った大きなレジ袋など大荷物を抱えている。

おいおい、生鮮食料品とかこんな暖かい所で置きっぱなしにして大丈夫か、と気にしていると、その女性は暗くなった劇場内でガサゴソと大きな音を立てながらレジ袋を足元に置く。どう見てもこの映画を観たくて来た様子ではない、明らかに場違いさが漂う。モリオカの冬はこれからが本番だというのに、一足早い春の訪れを告げる人だろうか。

映画館ではそういう巡り合わせもあるものだ。見知らぬ誰かと暗闇を共有する場所なのだ。だが、ワタシは3Dだからっていつもの席より後列を選んだ事を少し後悔した。昨今、劇場内で銃を乱射する事件だってあるのだし。まあそんな物騒とは思わないが、その女性客が何やら独り言を発するのが聞こえてくると、いささか居心地悪く、次にどんな行動を取るか予測がつかず緊張も走るというもの。

予告編の頃、彼女はおもむろに席を立って行ったが、やがて戻ってきた。3Dメガネをマイメガネの上に掛け、本編が始まっても近くの気配を感じる。レジ袋のガサガサ音も響く。それは映画と同じく、猛獣の気配のようでつい身構えてしまう。「トラと漂流した227日」を観に来たはずが、いつしか「トラと観る127分」になっている。何だこの臨場感溢れるシンクロは。

ワタシの傍らに存在するトラは、足元のレジ袋から何か取り出し、どうやら食べているらしい。暗闇なので、手元が狂って何度か袋ごと落としたりもしている。その度に独り言も。明らかに映画を観る気なさそうなのに、ナゼ敢えて、3D料金まで払ってコレを選んだのか謎だ。ケモノの匂いが呼んだのだろうか、3Dメガネは掛けてるのだろうか、そこまでは確認できない。

勿論、映画の素晴らしい映像美に目を見張りつつ、ワタシは“トラ”の気配にも気を抜けなかった。もしかしたらいつ襲ってくるかも解らない。救命ボートという閉鎖空間、映画館という閉鎖空間。トラの縄張りとワタシの縄張りには、そう距離はない。しかも、横のトラは3Dどころか4Dで存在してる。

映画がクライマックスを迎える頃、トラがまた動き出した。立ち上がると毛皮っぽいコートを着込み、またガサゴソとレジ袋の大きな音を立て、何か言いながら退席しようとしている。ひょっとして、トラの最後を見届けて満足したのだろうか。トラはトラの目にどう映ったのであろうか。横目で見るまでもなく、気配が遠のいてゆく。振り返りもせず、トラは立ち去っていった。後にはレジ袋の残骸と、何か食べものの匂いを残して。


ワタシは作り話をしてる訳じゃない。比喩はしてるけど。パイもそうだ。

映画で語られる2つのパイの体験。映画を観る自分の体験。虚構と現実が何重にもシンクロする…それこそが『ライフ・オブ・パイ』であった。もしかしたら、こっちのトラも神様が遣わしたんでしょうか…。
[PR]
# by tototitta | 2013-02-03 00:49 | 映画 | Comments(0) | ▲ TOP
『テッド』~私がクマにボロ泣きした理由
d0031385_1531660.gif


お下劣なテディベアが喋るコメディとして(珍しく)大当たりしてる『テッド』 (2012) だけど、もしかしてボロ泣きしたのはワタシだけでしょうか。だって弱いんだもの、この手には。つまり、ささやかだけど真っ当に1本筋が通ってて血の通ったウェルメイドな映画なんだもの。

物語は少年ジョンとぬいぐるみテッドの出会いから始まる。そして少年からティーンエイジャーへ、やがて成人へと共に年日が過ぎる1人と1体のクマ(のぬいぐるみ)。『スターウォーズ エピソード1』公開日のカットで、ワタシはもう泣きそうだった。『SW』シリーズまともに観たことないのに!一瞬のフラッシュバックシーンに、2人(面倒なのでヒト扱い)の過ごした時代や歴史が詰まってる。


小ネタには固有名詞が沢山登場するのでいちいち可笑しいが、すべてがテッドとジョンの世界を物語るリアリティになってるのが素敵。『フラッシュ・ゴードン』が予想外に重要な使われ方だし、その他映画や他愛ない(むしろズッコケる)ポップカルチャーがごく自然に共有されてる。こういうものを観て育ったんだ、こういう話題が盛り上がるんだ、という内輪内言語として。ビールのお約束もすごく良かった(ミラ・クニスの反応含め)。

そんなネタの数々は、「いい年して大人になれないダメ男」の証明として表面上受け取られるのだけど(実際、多くはそういう描写に過ぎないと思うだろうな)、ガールズトーク同様男子トークとして大事な側面もあると思う。そしてそこがラストまで持っていく導線になってるから素敵。

クマのテッドとジョンは、『フラッシュ・ゴードン』でもビールでもマリファナでも全部共有する仲だし、他人から見て価値のないものでも2人にはある。ヲタク趣味という程でもなく、ただ自分たちの好きなものに堂々としてる。ジョンは別にSWのフィギュアを部屋に集めたりしない、テッドとその場を愉しみ心に残すだけ。ヲタクなら予めあきらめもつくだろうが、意外とこういうタイプは彼女にとって厄介かも。友情と同じように、他人の基準じゃなくて自分の積み重ねた価値だから。

そう、ジョンは立派な大人とは言えないけど、真っ当に育ってはいる人間なのだ。親友が居てステキな恋人もいて、自分の価値観を持ってる。それはテッドがいたおかげ。

好きな映画や趣味の世界って、ある意味他人にどう見られたいかを無意識にもアピールする材料な訳で、大抵は「自分が○○派である」表明みたいになりがち。映画で対照的なのは、ジョンの彼女に迫る上司(『スパイ・キッズ4D』のパパ!)。彼は部屋に自慢のコレクションを並べ、誰かに見せることで価値が成り立つ人間として描かれてる。

でも、ジョンは自分の趣味を表明する必要なんかない。長年常にテッドが居ることで、今更誰かの認可を必要としない。恋人にも。それは小さく閉じた世界かもしれないが、無邪気な自由でもある。テッドが居たから自信が持てた、という台詞があるけど、相棒の存在ってそういう自由を与えてくれるんだよね。

だから、この映画は“ダメ男が成長して大人になる話”みたいに一見思えるけど、そもそもそんなに成長する理由はなかったんじゃないかという気がする。『トイ・ストーリー』みたいに、テッドと別れて別の道を行く理由はない。そこが素敵。何せ、もともとジョンはミラ・クニスのような彼女に愛される男で、成長したから恋人が出来ましたって話ではないのだから。むしろ立場が危ういのはテッドの方で、ちょっと切ない。

そんな細やかな側面が伝わるから、泣かされてしまった。勿論、全く違和感ないテッドのぬいぐるみ感もスゴイし(経年による腹の辺りのすり切れ具合に萌える!細かい!)、伸びたTシャツとスウェットパンツが似合う男マーク・ウォルバーグ(といえば舞台はボストンなのだ)も素晴らしいハマリ役だし、取っ組み合いのシーンは名場面。でもぬいぐるみのあんな瞬間(エロではない)を観ると胸に刺さるよね…残酷トラウマシーンだよね。

*蛇足だけど、この映画の良さはホモソーシャルでありながら、女性を排除しないでみんな幸せになる幸福論を唱えてるからかもしれない。続編の話もあるみたいだけど、そしたら次は父親になるジョンとテッドの関係なんだろうなあ…。それも大変そう。


それにしても、2012年は『宇宙人ポール』(これも“本質は変わらない”無邪気さが素晴らしい)、今年はコレが映画館初めで、どっちもブロマンス映画にえらくボロ泣きしてる自分って。
[PR]
# by tototitta | 2013-01-28 01:21 | 映画 | Comments(4) | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT