S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
タグ:お仕事 ( 23 ) タグの人気記事
| ▲ TOP
お知らせ!『日曜日のピッチ 父と子のフットボール物語 』
(記/minaco.)

*7/18 改訂

この度、ワタクシがカバーイラストを担当させていただきました本が発売となりました。
じゃーん!

『日曜日のピッチ 父と子のフットボール物語 』
ジム・ホワイト著/東本貢司 訳(株式会社カンゼン発行)
d0031385_2110173.gif


そう、ユナイテッドファンなら一家に一冊置いておきたい『マンチェスター・ユナイテッド・クロニクル』 の著者による、英国フットボール小説です。本国では2007年に発表され、多くの共感を呼んだとゆう話題作。
英国フットボールのお好きな方、
更にユナイテッドファンの方、
中でも、ポールさんファンの方には特に強くお薦めします!


*          *

描かれるのは、作者が息子の所属するU-14チームの監督として見た、フットボールとその周辺の普遍的な日常(些細な出来事から決して忘れられない事件まで)であります。ニック・ホーンビィの『Fever Pitch(僕のプレミアライフ)』みたいに、英国人ならきっと身につまされるエピソードばかりに違いありません。勿論、我々にとっても頷く事多し。

原題が『You'll Win Nothing With Kids : Fathers,Sons and Football』と聞けば、ユナイテッドファンにはピンと来るものがあるでしょう。ユナイテッド関係者がしばしば登場するし、ポールだのライアンだの少年チームの選手達もどこかで聞き覚えのある名前ばかりなので、ついニヤニヤしてしまいます。自ら監督業とチェアマン業に翻弄されるジム・ホワイト氏は、マンチェスター生まれでスポーツライター&コメンテイターが本業。

監督としての彼は、とてもじゃないけどファーギーのようにはいきません。あんなに非情になれる訳ない。相手が14歳以下、しかも勝者のメンタリティなど求めようもないレヴェルでは尚更。クラブは侭ならず、試合も侭ならず、人間関係も侭ならず、家族や息子とのコミュニケイションも侭ならず…。

例えば、アメリカではキャッチボールが父子関係に欠かせない役割であり、英国労働者階級の場合はフットボールが父子の間を繋ぎます。日曜日はボールと芝と仲間を求め、ある者は地元クラブのスタジアムへ、ある者は少年フットボールチームへ。

各地に芝生で何面ものピッチが広がる場所があり、日曜は様々な年代で多くの試合が開催されるのです。さすがフットボールの母国、但し王国ではない訳で。テニスだってゴルフだってラグビーだって、聖地はあるのにチャンピオンが居ない。イングランド代表もW杯で勝てないし。父と子は往々にして敗者の立場をも共有してしまう。

まるで英国映画『フル・モンティ』や、ケン・ローチなどによくある悲哀と味わいが沁みてきます。また、ナンセンスなトラブルやどこか几帳面に自虐的なツッコミ視点はモンティ・パイソンみたいに可笑しい。そしてこの『父と子のフットボール物語』が、とても奥ゆかしい距離感でもって「それでもささやかな幸せはある」と伝えてくれるのでした。

*          *

とゆう感じで、ワタシも非常に面白く読んだ小説なので、どうぞ最寄の書店で見かけたら是非お手に取ってみて下さいませ。更に、お知り合いに薦めたりしてもらえれば泣いて喜びます。何卒よろしゅう!
[PR]
by tototitta | 2010-07-17 21:14 | 業務連絡 | ▲ TOP
小笠原選手が2010年W杯南アフリカ大会をテレビ観戦することはさせてはいけない。
(記/なるほ堂)

オリヴェイラ監督(鹿島)の試合後記者会見。最後の質問──

Q:今季終盤に持ち直した一番の要因は?

「諦めない姿勢です。もう少し加えると、小笠原選手が2010年W杯南アフリカ大会をテレビ観戦することはさせてはいけない。本当に今代表にいる選手も素晴らしい力を持っているが、彼は彼らを下回る能力ではない」

以上
J's GOAL より)

言葉にできない闘いが続いて、ずっと鹿話をここに書かないできたけど、久しぶりに書きます。でも、やっぱり上手く言葉にできないので、監督の締めの言葉をお借りしました。もうひとつ付け加えるのなら、南アフリカで、

『小笠原満男VSルート・ファン・ニステルローイ』

が見たい。



<追伸/お仕事情報>

現在『TBC』さまのWEBバナーのイラストを担当させていただいております。
昨日は、鹿島優勝&満男と共演してました!


d0031385_13175331.gif

[PR]
by tototitta | 2009-12-06 13:24 | 小笠原満男 | ▲ TOP
お知らせ
(記/minaco.)


d0031385_20302050.jpg


お知らせです。『FootBall LIFE zero Vol.2』 が発売になります。

今回表紙に描かせていただいたのは、元日本代表選手・呂比須ワグナーでございます。懐かしいですね〜。
このポーズは解る人には解る、フランスW杯予選、韓国戦でのゴールパフォ。呂比須が語る当時の「本音」や近況などが載っています。

更に、元イタリア代表ジュゼッペ・シニョーリさんのお宅訪問インタビュウもありますよ(ちっとも変わってないー)。個人的には「栄光から地に落ちた名門 リーズ・ユナイテッドを訪ねて」の記事が泣かせます。読者プレゼントにはリーズものもあって、ちょっと欲しくなったw

興味のある方はこちら のフットボールライフ・ショップから、または各書店にてお求め下さい。それから、もしご感想ご要望などありましたらお寄せ下さいませ。中山編集長に伝えておきますw

以上、宣伝でした!
[PR]
by tototitta | 2009-05-19 20:34 | 業務連絡 | ▲ TOP
『ヘヴンズ・ドア』ナビゲートDVDのお知らせ
(記/minaco.)

d0031385_224115.jpg


遅ればせながら、お知らせです。

1月28日発売、「ガチャピン・ムックの『ヘブンズ・ドア』ナビゲートDVD」内のイラストを担当させていただきました。ただいま全国公開中の映画『ヘブンズ・ドア』 の見所を、あのガチャピン&ムックが紹介する内容となってます。詳しくはコチラ 、ポニーキャニオンのサイトを!

DVDには秘蔵のメイキング映像や、主演の長瀬智也&福田麻由子、マイケル・アリアス監督などのインタビューも収録されてますので、 興味のある方は是非どうぞ。(自分ではまだ観てないw)
原案となったのは'97年のドイツ映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』。ワタシは公開時に観たけど、主演のティル・シュヴァイガーがカッコよかったです。モーリッツ・ブライブトロイも出てます。こちらもこの機会にデジタルニューマスター版で再発売だそうですよ。

どうでもいいけど、長瀬くんの顔はワタシ好み。TOKIOって、ドリフの正統な後継者だと思う。



【おまけ】

写真は先日まで催されてた「もりおか雪あかり」。今年は雪が少ないけど、街なかに数千個のスノーキャンドルが灯されたんであります。

d0031385_2232919.jpg


d0031385_2234380.jpg

[PR]
by tototitta | 2009-02-08 22:11 | 業務連絡 | ▲ TOP
今年の映画ベスト10と世界チャンピオンおめ
(記/minaco.)

今年もこの映画がすごい!恒例、「ほんとにおもしろかった映画ベスト10」アンケートに参加させていただきました。

皆様のベスト映画はいかがでしょう。毎年言い訳してるけど、こちらでは公開に時差が(下手すりゃDVDが先に出る)つきものなのです。でも、今年のマイベスト5はなかなか当たり年でした。かなり自分のシュミを反映してます。興味のある方は、ただいま発売中の2月号をご覧下さ~い。


それにしても、年末年始に限って観たい映画がさっぱりないのが毎度哀しいところなんだけど、ナゼか来年になって『ホット・ファズ』が上映されるという不思議。
あとね、地球一のクラブを決めるCWCの放送で『地球が静止する日』のCMが流れるのも、トホホと思いますた。サッカーやってる場合じゃないじゃん!

キアヌ、棒読みが宇宙人にはピッタリだけど、新作は「忠臣蔵」やるんだそうな…。「上を向いて歩こう」が「スキヤキ」に、『羅生門』が『暴行』に、『七人の侍』が『荒野の七人』になった米国だもの、色んな意味で楽しみ(そういや『生きる』と『天国と地獄』もハリウッド・リメイクされるんだっけ)。まあ邦画だって自国の原作をしょっぱく映画化しちゃうんだし、懐深く行く末を見守ろうと思います。



さて、世界チャンピオンおめ!ルーたん得点王&MVPおめ!

さっき、TVでルーたんとロンが仲睦まじくヴァージンロードを歩いてきて、トーク出演したときにゃ、萌え死にそうですた。ここでカミングアウトするのかと思った…。すいません、動揺してヘンな事言ってます。あーうちに一頭ルーたん飼いたい。
得点に繋がったキャリックの縦パスにも萌えた。彼もまたフォースの使い手、ジェダイマスターと認定します。とにかくお疲れさん!さ、帰ろ。
[PR]
by tototitta | 2008-12-21 22:28 | 小ネタ | ▲ TOP
お知らせ、その他
(記&画/minaco.)


恒例となりましたWOWWOWの特番、『明石家さんまの映画大事典III』 に今回もイラストフリップを描かせていただきました。放送されてみないとどうなるか解りませんが、結構な枚数でございます。

放送は12月6日よる8:00より。この日は無料放送の日ですので、BS機器をお持ちの方ならどなたでもご覧になれますよ。
鹿ファンの皆様は鹿島の優勝を見届けた後、祝杯挙げながら是非どうぞ。我が家も勝利を祈ってます!くれぐれも、ぬ か る な よ 。



d0031385_2110227.gif


さて、マドリーにフンちゃんことクラアス・ヤン・フンテラールが加入です。今怪我してるし、どうせまた飛ばしだとばかり思ってたよ。

彼のプレイをそんなに多くは観てないけど、オランダ人らしいセンターFWだと思います。右でも左でも頭でも型を選ばずゴールを奪えて、前線のターゲットにもなれる万能型ストライカーと言えるでしょう。

エール・ディビジでは(確かルート以来の)シーズン30点台を記録してるけど、まあオランダの守備はかなりFWに優しいので、それがそのまま他リーグに通用するかと言われればどうでしょう。まだ線が細いので、もう少し身体を作った方がいいと思う。て、いつのまにやら25歳か。これからだ。

彼はオランダ東部ヘルダーラント州、内陸部にある小さな村の出身です。地図で見ればルートの地元とかなり近いけど、南部は殆どベルギー・フランドルの文化圏、この辺はドイツ寄りですな。美しい森林地帯だそうで、近くには映画「遠すぎた橋」の舞台となった州都アーネム、「歩け歩け運動」で有名なナイメーヘンなどメジャーな観光地もありますね。
そして彼もまたルートと同じPSV、ヘーレンフェーンというストライカー育成には実績あるクラブを経て、アヤックスへ行きました。

そんな訳で、ルートもオランニェでの後継者に指名しています(他にいないじゃん)。オランニェではすれ違いばかりで一緒に組む事はなかったけど、そりゃもう馬可愛がりしてるはず。

ワタシは彼の顔つきが好きでね。ああゆうファニーフェイス(ハイティンハと並ぶオランダ2大げっ歯目)、特に口元が下品なのがイイ。髪が長めの時は、なかなかモードなフォトジェニック系にも見える。意外と胸毛もっさりなのには驚いたお。

こんなにオランダ人だらけでいいのかマドリー、17世紀のチューリップの球根バブル(チューリップ狂時代)を思い出すぞマドリー、ってマドリディスタでなくとも気を揉みつつ、まあワタシ個人的には悪くない選択ともいえ、何はともあれ、フンちゃんことフン太郎の事は横目で生暖かく見守っていくつもりです。
[PR]
by tototitta | 2008-12-04 21:18 | 業務連絡 | ▲ TOP
FOOTBALL LIFE zeroのお知らせ
(記/minaco.)


d0031385_2130114.jpg


このたび創刊された『FOOTBALL LIFE zero』 で、表紙のロベルト・バッジョを描かせていただきました。以前ワールドサッカー・グラフィックという雑誌でお世話になりました中山淳編集長による、フットボールのコアマガジンです。

創刊号の注目は、あのバッジョの引退後を追った直撃取材。思えばワタシがサッカー見始めた頃、トト・スキラッチとバッジョが最初のアイドルでした。思い出深いわあ。昔はアズーリ・ファンだったのよね。

お値段はなんと500円(+消費税)!公式サイトのフットボールライフ・ショップから、または今後amazonや都内のサッカーショップやスポーツバーなどでもお求めになれますので、サッカー好きの皆様&現在のバッジョに興味のある方は是非どうぞ!
以上、宣伝でした!
[PR]
by tototitta | 2008-11-15 22:00 | 業務連絡 | ▲ TOP
White Christmas
(記&画/minaco.)

‐7℃、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! 。
コチラでは最低気温も本格的となりました。雪が積った郊外の町並みを高い所から眺めると、まるでブリューゲルの絵みたいです。この色彩は好き。気分はフランドル。

今年は奇跡の盛商優勝に始まり、ユナイテッドもレアルも4年ぶりの優勝、ルートはピチチ、更に年末には鹿島アントラーズも見事逆転優勝!何しろ我が家で自分だけ恵まれて肩身の狭い思いだっただけに、鹿島の優勝は本当に嬉かったデス。
しつこいようですが、これでウチ的にはグランドスラム達成でございます!!年頭に2人揃って引いたおみくじの大吉、正に予言だった訳ですなあ。ありがたやありがたや。

しかしよく考えれば、すべて自分の努力でもナンでもない、他人様の偉業であります。自分は応援しただけで、彼らのおかげで喜びを分かち合えただけなのです。イイ気になってはいけません。
来年は何かもっと人様の役に立てるように働かねばなりません。とりあえず、年始にはまた馬頭観音にお参りしとこうと思います(同じじゃん)。


さて、「この映画がすごい!」にて恒例の“ホントに面白かった映画ベスト10”アンケートに、今年も参加させていただきました。
興味のある方は、ただいま書店にて発売中の2月号をぜひどうぞ。
今年も多少不本意なベスト10になってしまいましたが、コチラじゃ公開本数が限られてるので仕方ない。『パンズ・ラビリンス』と『インランド・エンパイア』を観たのは、締め切り後でした。


そんな訳で、今年もあっという間に過ぎました。
ガチ凶作にオロオロ歩いたのは去年のこと、今年は映画もフットボールもガチの大豊作となりました。「踏まれた麦は強くなる」(by 元大関・霧島)。

とはいえ、シオもまた決して絶えること無しなのがこの世界。

苦戦したエバートン戦。最後はやっぱりギグスの悪魔力だったんだと思います(ピーナールかわいそ)。
なのに左足で思いがけない軌道のゴールを決め、プレッシャーのかかるPKをしっかり決め、ふくれっ面で存在を誇示したのはロン。実際はそれ以外、何の役にも(略)。

ロンがダブルでチームを救う展開は、何度目でしょうか。どんなにしょっぱくても、期せずしてゴール・ランキングのトップにいるという事実。この人を常識で計ってはいけません。世の中には説明のつかない事が沢山あるのです(超常現象か)。

全世界の塩溜り会にとって、ホワイト・クリスマスとは塩の白。それでは皆様、メリークリスマス。


d0031385_14343551.gif

[PR]
by tototitta | 2007-12-24 14:38 | 日々日常 | ▲ TOP
取り急ぎお知らせ
(記/minaco.)


明日12月2日、WOWWOWにて午後4時より放送 『明石家さんまの映画大事典2』の中で、イラストを担当させていただきました。

今回描いたのはちょこっとだけですが、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。
この日は無料放送ですので、BS機器をお持ちの方ならどなたでもご覧になれますよ〜!


以上、取り急ぎお知らせでした。
それではこの後、ワタシも一緒に鹿島を応援いたします!
[PR]
by tototitta | 2007-12-01 14:05 | 業務連絡 | ▲ TOP
千里の道も一歩から
(記/minaco.)

ただ今、イラストの100本、いや200本ノックをこなしております。ひー。3日で30本のペースですが。
そんな訳で、今季はユナイテッドのプレシーズンマッチをひとつも観ぬまま、えっ、もう開幕かい!といった感じです。どうせ開幕戦も観られないけどね・・・。
公式サイトで今季の登録リスト、背番号を確認すると、我らがバーズリーの名前が無い事に気付いた。また渡り鳥になって何処かへ飛んで行くのでしょうか。・・・うううサミシイ。
でも、リー・マーティンがいる。シンプソンはいないけどキャンベルくんはいる。でもって、ワイルドにイメチェンしたピケもいる。
まだ観ぬナニやアンデルソン(←コパでチラッと観たけど)より、彼らの方が気になる辺境のユナイテッド・ファンであります。


さて、イラスト200本ノックも渡り鳥も、千里の道も一歩から。これもまたひとつの旅であります。こじつけ。
先日観た映画『サン・ジャックへの道』は、フランスからスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへと巡礼をする人々のお話。

まあ、ロードムービーであり群像劇という、一粒で2度美味しいのが上手い。
聖地巡礼ツアーの面々は、遺産相続の条件で仕方なく参加させられた3兄弟や、何故かメッカに行く気満々のアラブ系の男の子達、お気楽女子高生コンビ、謎の女性と彼らに振り回される気の良いガイドの9名。

全く接点のない、それぞれにワケ有りなメンバーが、旅は道連れ世は情け~と次第に心を通わせてゆくのはお決まりのパターン。
とはいえ、ベタベタしたところが無くて、変に苦悩したりもせず、アッサリし過ぎてるくらいサクサクと旅は進んでゆく。1500kmもの巡礼コース、2ヶ月もかかってた気がしなかった程。
例えば熊に襲われたりとか、遭難者が出たりとか、もっと旅の途中で大事件が起こるかと思ったのに。
最初からキャラがハッキリしてるので、物語の方向性が読みやすい。一人一人の背景をもっと説明しようとすれば出来るはずだけど、彼らが見るシュールな夢のシーンだけでそれを解らせてしまうのだった。

コリーヌ・セロー監督の前作『女はみんな生きている』は、あまり良い気持ちがしなかった。何か、一方的でヒステリックな「怒り」ばかりが印象の映画だったから(邦題もどうかと思う)。
それに比べて、今回はすんなりと入ってくる。いや、3兄弟の長女があまりにいかつくて、最初は観てるのがきつかったけど、アラブ系の男の子のおかげで随分救われた気がする。
現代人の「自分探し」モノとしては有りがちなお話だけど、後に清々しい爽快感が残るのは男の子の成長モノでもあったから。ゴールした後の切ないシーンで一切台詞入れないのが良かったな。

ところで、このサンティアゴ巡礼といえば思い出すのが、何年か前にデポルティーヴォがミランに勝ったら巡礼してやる、と宣言して本当にやっちゃったというイルレタ監督(そういや映画の中でもマルセイユがミランに勝った、という件が)。

イルレタ御一行は2日間70kmだったけど、映画ではピレネー越えて歩くんだからそりゃ大変ですわ。ツール・ド・フランスで観るような牛の群れと岩山の風景を2ヶ月(ワタシはピレネーよりやはりアルプスに萌える…)。ブエルタ・デ・エスパーニャより過酷かも。
ただひたすら歩く事は、書く事にも似て、セラピーの効果があるんですな。

現代人にとっての巡礼は信仰というより、いわば巡礼セラピー。そこに目を付けた企画の勝利(?)な映画でした。
観たらちょっと行きたくなるもんね、巡礼。朝青龍関もいっそ四国巡礼とかいかがでしょう。


では、ワタシもゴールまであと40本余り(おそらく)。まだまだ描くぜ(´Д`;)
[PR]
by tototitta | 2007-08-12 20:07 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT