S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
タグ:オランダ ( 53 ) タグの人気記事
| ▲ TOP
しょっぱいオレンジ

ルートには今年何度目かの里帰りとなるフィリップス・スタジアムで、W杯予選のアンドラ戦。
前節アルメニア戦での酷い試合(ルートのゴールで勝ったけど)を払拭すべく臨んだはずのオレンジは、やっぱり しょっぱかった。

弱小国なりの意地で、ビビらせてナンボのラフプレイを仕掛けるアンドラに対して、あまりにも無防備。こういう相手には本当に弱い。いや、4−0の勝利ではあるけれど、男の喧嘩という意味では・・・主導権を握ってコントロールしたとは言い難い。

前半のうちに、コクが一発レッドで退場になった。その直前にラフィが危険なタックルを受けて倒れたのをレフリーが流し、それに対する報復行為だった。

強いチームには大抵、こんな試合の時の為の ”仕事人(用心棒?)”がいるものだ。イタリアならガッツーゾ、アイルランドならキーン、デンマークならグラヴェセン、以前のオランダならダヴィッツ。まずナメられないよう睨みを利かせ、味方に何かあったらすかさずシメに行く。このテの汚れ仕事を請け負う仕事人が中盤にいるはずだ。
言葉は悪く聞こえるかもしれないが、実際これは喧嘩でもある。逃げたり、弱みを見せたら付け込まれるだけ。

だが、今のオレンジにはそれがいない。
だから必然的に、コクがその仕事をするのは仕方がない。ただ、慣れた仕事人ならもっと上手く始末できたかもしれない。

子供じみた気の強さで自滅する若手や、国際試合の修羅場を知らない選手ばかりを集めた今のマルコ・オレンジは、ルートとエドさん以外闘える奴がいない。殆どがヘタレ。
元々オランダはそういうチームだったし、私は本来オレンジのファンではないけれど。
何で私がしょっぱいオレンジに口をすっぱくして言わなきゃないのか。ルートが念願のW杯にやっと出られそうなのに、今のままじゃ出ても本大会で中南米辺りのチームにいいように弄ばれるのがオチ。それが悲しいのだ。

ところで、前半17分にボールのない所で敵DFに足を踏まれ、レフリーに「おい、見てねえのかよ、このボケ!」(意訳)と猛抗議していたルート。これでスイッチが入っちゃった。

今日は ”黒ルート”の日だ。
(説明しよう、”黒ルート”とは・・・・・ガチな人が一度スイッチ入ったらもう誰も手が付けられない状態になること。えげつなくて周りが引こうがお構いなし。普段は隠れていたもうひとつの顔が表出するのである!)

売られた喧嘩は買いますよ、と。早速ルートは岩政にしたのと同じ「必殺・後ろからアターック!」をぶちかます。
そして、10人になってからのヘタレなムードを振り払うゴール。今日のゴールには笑顔もなく、吠えもしない。「こんな相手に怖気づいてどうする!」とでも言うようなルートだった(っていうか、もうスイッチ入っちゃってるし)。

後半もエンドラインで深いタックルをお見舞いし、時折舌舐めずりをして笑顔を見せる。アドレナリンに支配され、ハイになっている証拠だろう。
ある意味黒ルートは冴えている。だから、敵にファウルを誘って思惑通りにPKをもらった。

ところが、蹴るまでに長い間があったのがいけなかったのか、いつものように左隅に思い切り蹴ったボールはポストに当たってPK失敗。アンドラの選手が「やーい!外してやんの!」と囃し立てあざ笑う。黙って無視するルート。ルートがPKを失敗したら、また思い詰めて眠れなくなるんじゃ・・と心配した私だが、それは杞憂だったかもしれない。何故なら、今日のルートは黒ルート!

ルートは終了直前のFKに直接右足を合わせて(オフサイド・トラップに取り残された間抜けのお陰で)、この試合の4点目を叩き込んだ。そして一旦コーナーに走り出したのを引き返し、さっきバカにしたアンドラ選手の目の前でこれ見よがしにガッツポーズをして見せたのだった。
「ケッ、どうだ参ったか!ザマアミロってんだ!」(何も言ってないけど胸中意訳) ・・・眼が据わっている。

ああ、ルート。これがルートだ。真のガチだ。
味方に引き剥がされてもなお振り返ってまたニヤッとサムアップ。いけませんねぇと言われても、イエローカードをもらっても、男にはやらねばならぬ時がある!(オランダの実況では大ウケだったぞ)
自分の落とし前は自分で着けるのだ。ルートの場合、誰も助けてくれないもんね。FWは孤独だし、だからこそ逃げずに己で闘うことを自負している。

試合が終わって、アドレナリン放出してスッキリしたルートは「ヘッ、このくらい何でもないぜ」と言いたげにチームメイト一人一人と肩を叩いていた。
そこへエドさんが、「ハイハイ、ご苦労さんよ」と黒ルートのスイッチをオフにするかのように頭をポンと叩いて行った。フゥと溜息をついてクールに去るエドさんもさすがだ。

だが、他に誰もいない。オランダの観客も、ダレてジャンクフード食って居眠りしてる場合か(客いじりをする倉敷さんは楽しいけど)。所詮、お祭り騒ぎの好きな呑気で小さな国の井の中の蛙。
だから、未だに'70年代のトータルフットボール幻想を信じていられるのか。まあ、とやかく言う立場でもないけど。勝ってるだけに厄介なんだよなあ。


*島本和彦の漫画『炎の転校生』を読んだばかりなので、文中やイラストに影響が出ている恐れがあります。ご了承ください。

d0031385_2250965.gif

d0031385_22504690.gif

d0031385_2251218.gif

d0031385_22523189.gif

d0031385_22525563.gif



(記&絵/minaco.)
[PR]
by tototitta | 2005-09-11 22:57 | サッカー全般 | Comments(6) | ▲ TOP
御無沙汰してました。2
なるほ堂が書いたように今週は急な仕事で一杯一杯だった為、こちらの更新ができませんでした。すみません。貧乏暇無しなのです…。

コンフェデもワールド・ユースもじっくり観る余裕がない。でも、先日のW杯予選フィンランド対オランダは久々、ルート的には見せ場が多くて嬉しかった。
d0031385_21544093.gif
d0031385_21474221.gif

途中交代して入ったトン・ペルシー(“トンパチ”なのでそう呼んでいる)に美味しい所を持っていかれちゃったけど、勝利した後のルートがあんまり嬉しそうだったので私もそれでいいや。

本当に若い子には優しいなあ。ルート自身は若い頃なかなか芽が出ず苦労したからこそ、今の若くして代表に呼ばれる選手たちには人一倍気遣ってあげているのが解る。sweetな奴だ・・・でも敵には 遠慮なく容赦なくガツガツとゴールを奪いにいく。この試合ではそんな姿が完全に戻ったように見えた。今更遅いけど(泣)。
d0031385_21405736.gif


(記&絵/minaco.)
[PR]
by tototitta | 2005-06-17 21:55 | 日々日常 | Comments(8) | ▲ TOP
CL準決勝 <ACミラン 2 x 0 PSV>
d0031385_22535370.gifウィルフレッド・“アクマイザー3のガブラ”・バウマの途中交替…あれって、ケガ?
 
シェバを追っかけた時、顔が歪んでたけど、あれって痛みのせいなのか、単に「しまった!」って顔なのか、いや元々そういう顔だからなのか判らなかった。

それにしても、なんでスタムが代表ではなく、この人が代表なのか。なんでファン・“テクノカット”・バステンは欧州最強のDFを引き止めないのか? 

オランダ人はスタムへの愛が足りないと思う。

フィジカルに長けた選手を軽視するのは、オランダ人の巨体コンプレックスか? やたら戦術論に走るオランダサッカーは、「オランダ人→デカイ→うどの大木」って図式を、必死扱いて否定せんが為って気がする。

知性派に転向したがる巨乳タレントみたいな。

(記/なるほ堂 絵/minaco)
[PR]
by tototitta | 2005-04-27 23:58 | サッカー全般 | Comments(0) | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT