S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
タグ:ゴルフ ( 3 ) タグの人気記事
| ▲ TOP
ゴルフは文学である
(記/minaco.)


またもゴルフの話です。ツールがアルプス突入したけれど、ジ・オープンは最終日で59歳トム・ワトソンが首位ですもの。しゃあない、ゴルフ優先だ(ツールは録画)。


それぞれのスポーツ・競技には、図書館が付属してるようなものだと思う。競技を観ながら、時に教養や知識を得られるのだ。

例えば、フットボールの図書館には「世界史」「民俗学」「経済・経営学」「音楽」などなど幅広いジャンルの本が置いてある。自転車ロードレースなら「地理」「建築」「機械」「空力」「社会学」…。これら図書館で興味を惹かれた本を選ぶと、より奥深い世界を愉しむ事ができる。

ゴルフの図書館にも「気象」「植物」「歴史」「心理学」など様々な蔵書があるけれど、特に充実してるのは「文学」「哲学」かもしれない。ゴルフはよく人生や人間性に例えられる。きっとラウンドする間に思考を巡らす時間を持つからだろう。ゴルフにまつわる格言や物語はとても多い。

その中のひとつに、トム・ワトソンと長年連れ添ったキャディ、ブルース・エドワーズの物語がある。ワタシは6年前の全米オープンでこれを知った。最も美しく、そして悲しい物語だった。



今年のジ・オープン、ブルース亡き後のワトソンが初日から優勝を争っていた。彼は淡々とスコアを重ねていた。昨年も超レジェンド、グレッグ・ノーマンが3位になったし、このリンクス・コースは経験がモノを言う。

確かにゴルフには人間性が出るので、ギャンブル性の人もいれば、堅実派もいる。もしワタシがプレイしたら、きっと堪え性がなく一発博打派になりそう。ビジェイ・シンを観てると人ごとじゃない。アタイの人生、何度OBになった事か。

ワトソンはジ・オープンと相性が良く、恐らくこういう厳しい自然環境に逆らわず、欲を出さず穏やかに身を委ねる性格なのだろう。我々は彼を応援せずにはいられなかった。

3日目、TV中継は首位で最終ホールへ向かうワトソンの姿に、もう一人のワトソンが歩く姿をオーバーラップさせた。1977年に同じターンベリーでジャック・ニクラウスと「真昼の決闘」を繰り広げた時の、若きワトソンの映像である。なんとゆう神 演 出 !

結果的には、プレイオフまでいった末にワトソンは敗れてしまい、最年長優勝はならなかった。悔しいけれど、これもまたゴルフ。人にドラマあり、コースにドラマあり、それらひっくるめてロマンがある。そうだ、ワトソンにはあと5年も(65歳まで!)出場権がある。次回はノーマンと対決してほしいな。



さて、抽象的な話ばかりですみません。ワタシもメジャー大会とたまにPGAツアーくらいしか観ないミーハーなので、一般女子もゴルフ観戦はいかがでしょう。だって、最近は若くて可愛い子も多いんですよ。もう腹の出た親父のするイメージじゃありませんて(いるにはいるが)。但しラウンドを終えて帽子を取った時、髪がぺったんこでカッコ悪いんだよね…。


【伝説の1977年ジ・オープン ニクラウスVSワトソン / 最終日最終ホール】
ナニこの民族大移動。70年代の映画みたいなエンディング、かっこいい。


[PR]
by tototitta | 2009-07-20 22:10 | Other Sports | Comments(0) | ▲ TOP
ゴルフもいいよ
(記/minaco.)


只今ツール・ド・フランスをまったり愉しんでいる訳ですが、最初の3日で盛り上がりの頂点に達してしまい、アルプスに入るまではランスwithアスタナ珍道中をニヤニヤ眺めておりやんす。

そんな時、スコットランドのターンベリーでは全英オープンゴルフ(ジ・オープン)が開催中。あまり馴染みがないかもしれないけど、今日はゴルフの話です。

例え多少の不合理があっても、伝統を守ろうとする競技が好き。ウィンブルドンはあのセンターコートに屋根が付いちゃったけれど、ジ・オープンの強風とラフの深さ、バンカーの悩ましさは100年以上昔から変わるはずがない。

そもそもゴルフには不合理な状況ばかりである。歴史あるコースの中には、ティーショットの先を阻むようにホテルが建ってたり、バンカーの数が不明(数える度違う)と言われる所があったりする。壁のように聳え立つバンカーで10数打スコアを重ねる選手もいたし、リンクスの不安定な天候で寒さに震えながらプレイする事もしばしば。

まあフットボールに例えると、18回PKを蹴るようなプレッシャーの連続っす。博打みたいなもんっす。そして難関不落の山に挑むように、自然を制するのではなく、自然を知り尽くした者が頂に立つ。それが、ジ・オープン。

ところで石川遼くんへの連日大仰な報道に辟易もするけれど、日頃フットボール観戦でストレスを溜める者にとって、ゴルフの中継はまだ好ましい方だ。何しろ競技を知り尽くしたヴァリトン・ヴォイスのゴルフキャスター、戸張さんがいる。いつぞやはタイガー・ウッズの口癖まで把握しててたまげた。冷静な状況判断と底なしの知識、選手へのリスペクト。品がよろしい。

勿論、今年も松岡修造の蛮行は目に余って仕様がないんだが、それを戸張さんと青木功がたしなめてくれるから有難い。元祖・傍若無人なガチレジェンド青木の前じゃ、修造なぞ所詮フェアウェイに零れる木の葉。毒には毒、ガチには大ガチをもって中和する、という荒技である。

それからジ・オープンといえば、最終日の最終ホール。最後のゴルファーの後をギャラリーが一斉に押し寄せる風景。頃合を見計らってカップに名前を刻み始める職人の姿。

そんな変わらぬセオリーが好き。伝統が守られるのは一重に競技へのプライドであり、ウィンブルドンのボール・パーソンの身のこなし同様、プロフェッショナルな運営スタッフの力なんだろうな。R&Aはホント偉そうだし。

弊害があるとしてもそういう競技はファンにリスペクトされ、決して譲れないプライオリティを持ち続けるし、浪漫があるじゃないかと思ったりする。

(追記*あ、タイトル変えました)
[PR]
by tototitta | 2009-07-18 21:49 | Other Sports | Comments(0) | ▲ TOP
それぞれの伝統
(記/minaco.)

d0031385_19435358.jpg


【町家の雛祭り】

週末、近所の古き町家が残る界隈で、「盛岡町家 旧暦の雛祭り」というイベントが催された。36軒の店舗や住宅が一部開放され、道行く人が雛飾りを見学できる趣向となっている。

古くは江戸~昭和の貴重な雛人形や、独特の吊るし雛なども興味深いけれど、ワタシ達は普段中まで入る事のなかった建造物をじっくり探訪できた事が愉しかった。また、古い町屋の佇まいをそのままに、現在も自宅として住み続けている住人の解説が聞けて嬉しかった。

そこに住む当人達は、嬉しそうに建物の歴史を語ってくれた。戦時中に徴収された窓の鉄格子、昔使っていた商売道具、旧家の太い梁や細かな細工の欄間、懐かしいタイル張りの煙草屋の店構え。それらを説明する住人達は皆、とても誇らしそうであった。

古い街並みを残すのは勿論大切だけれど、実際そこの住民が誇りに思える事、何よりそれが一番大事だと思う。家々に歴史あり、そこには血が通っているのを確認した。



【マスターズ】

今年もマスターズのテーマ曲、「Augusta」がTVから流れる。オーガスタを称え、歴代レジェンドの名前を織り込んだこの歌は、最後にここを作った球聖ボビー・ジョーンズで締めくくられる。いずれ、4番の歌詞にタイガー・ウッズが加えられる日が来るかもしれない。

マスターズはとりわけ敷居の高い大会だ。大会参加者は、オーガスタから招待状をもらった者だけ。一般ゴルファーはクラブの会員になる事すら難しい(つまりプレイするのは殆ど不可能)。

ワタシがゴルフを好きに、というかメジャー大会を観るようになったのは、その伝統への忠実さにある。悪く言えば閉鎖的だけど、コースや競技が人を選ぶというのはゴルフくらいで、未だに厳格なのはゴルフくらいだから。今やウィンブルドンも屋根が付いちゃうし。

勿論、コース設定もゴルファーもクラブも時代によって変わるけれど、マスターズはオーガスタに限る。マグノリアが咲く美しいコース、魔物が棲み、11番ホールから13番ホールは「アーメン・コーナー」、複雑なグリーン、気紛れな風向き、オーガスタそのものが主役である事には変わりない。こうした伝統の風景、レジェンド達が歴史を作った舞台装置で、グリーンジャケットに袖を通すゴルファーだけが新しい。





【サンダランド×ユナイテッド】

この日もまるでユナイテッドの兄弟チーム(弟いるし)、または元リザーブチームみたいなサンダランドである。あのバーズリーがサンダランドのキャプテンバンドを巻いている。敵陣深くから上げるクロスの弾道がバーズらしくて嬉しい。なるほ堂はその姿に、山形のサイドバック、キャプテンマークを腕に鹿島を待つ石川を重ねる。

またしてもユナイテッドを救ったのは、キャリックのシュートコースを変えた町田くん。ふと思うのは、ヴィラ戦で決勝ゴール決めたのがウェルベックだったらどうなっていただろう、と。

この世で一番大切なのはタイミング♪だから、町田くんは確かに強運の持ち主だ。でもウェルベックがチャンスをモノにしてたなら、また違ったドラマで盛り上がってた事だろう。この機会にウェルベックの逃したものが大きいかと思うと、複雑な思いがする。

何故なら、ワタシはユナイテッドに関して超保守的だから。リッチー、バーズ、マクシェイン。彼らが残っていたら…とすら考えてしまうのだ。

チームは05/06シーズンを境に大きく転換した。その後の成功は言わずもがな。しかし、多くを得た分何かを失ったんじゃないかという感傷をワタシは拭えずにいる。クラブが進む道にどこまで付いてゆけるのか、自信がない。クラブの伝統を継承するのが現在の選手の責任。目先のタイトルより、それを願ってしまうのは間違いかな。

そんな時、ルーたんのインタビュウを公式サイトで読んで、少し救われた。彼の挙げたオールドトラッフォード思い出の試合はワタシと同じ、05/06のチェルシー戦。あの時は、ワタシにとってCL決勝よりも特別な記憶。(よろしければコチラ を参照のこと)
[PR]
by tototitta | 2009-04-14 20:17 | 小ネタ | Comments(0) | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT