人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
黒ルート出現
(記/minaco.)

【#28 / Borussia Monchengladbach × HSV】

HSVは俺にとって新しい、そして最後の頁だけど、俺はまるでお別れツアーをしにマドリーから来た訳じゃないんだ。今シーズン中にタイトルを獲りたいし、多分それはELになるな。
少し前、Bild紙に語ったルート。ここが最後の頁になるであろうけど、だからってキャリアはまだまだ終わらない。あと2、3年はここでやりたい。──そんな話をしてた。

けれど、どうだろう。
正直なところ、合わない靴を履いてるみたいに見える。ワタシには。

よく、若い選手がいきなりビッグクラブへ移籍したものの、実は分不相応じゃないのって時に「靴が大きかった」と言う。でも今のルートは、「足のサイズより小さい靴」を履いてるんじゃないかな。

─────────────────────────────


日曜はブンデス第28節、ボルシアメンヘングラードバッハ(BM)とアウェイで対戦。HSVに来て以来、最悪の試合だった。

結果から言うと、1−0の敗戦。その1失点にまたもやルートが絡んでしまう。点を獲るべきFWなのに。早くも63分、飛行機恐怖症からやっとドイツへ戻ったゲレーロさんと替わり、ベンチには下がらずそのままトンネルを出て行った。久しぶりに観る、黒ルートだった。


前半BMの得点はFKから。その瞬間、ルートがオウンゴールしたかに見えた。彼はセットプレイの守備に入るのだが、ゴール前でこぼれ球に詰めるブラウヴェルスを阻もうと思い切り飛び込んで、脚を出しクリアしようとしたんである。あああ、まさか2試合連続で失点献上?!

だがリプレイで確認すると、確かに僅か先にブラウヴェルスが触ってる。とはいえ、これでチームは険悪な雰囲気に。ゼ・ホベルトはヤケクソでボールを蹴り出し、前半終了すると皆がイヤ〜な顔で引き上げる。

後半開始、監督はピトロイパを投入。キックオフに臨むルートは、明らかに眼つきが据わって黒化していた。そりゃあハーフタイムを思うと、やり切れない。チャンスを逃すばかりか、自分のせいで失点したような気持ちだろう。ならば、自分が獲り返すしかない。その為なら何でもする。

やがて、そのチャンスが巡ってきた。HSVのカウンター、トロホフスキーが頭で繋ぐと、ルートはやや角度のない右サイドから強引にシュート。惜しくもGKにクリアされ、そこに詰める味方もなく。猛烈に激怒する。副審にブツブツ文句を言いながら、しかし本当は誰にブチ切れてるのか。八つ当たりか。

ラッバディア監督はルートのドス黒さにドン引いたのか、すぐ交代を決断する。ある意味ここからが面白い見所だったのに、誰も荒くれ馬の手綱を握れないので困ったものだ。ベンチに眼もくれず、トンネルへと消える22番の背中をカメラが追う。

余程腹に据えかねたのだろう。これ程の黒ルートはユナイテッド最終シーズン、またはユーロ04の敗戦以来かな。一体何に対して、誰に対してか知る由も無いが、相当リミッター振り切れてヤバかったのは確か。

もうとっくに若手じゃないのに、33歳のれっきとしたベテランなのに、ルートは未だに負けを受け入れられない。負け慣れてない。多分、このクラブは彼には小さすぎる。ならば、小さな靴に足を合わせるべきか。否。靴をデカく広げるしかないのよ。でもかなり難しい。
by tototitta | 2010-03-31 20:56 | Ruud van Nistelrooy | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT