人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
『シン・シティ』とR指定
d0031385_22191319.gif


『シン・シティ』を一緒に観終えたなるほ堂は、 「…やっぱり恐いじゃん〜〜!!」と 泣きそうな顔になっていた。

確かにこの映画、バイオレンスがキツい。もう勘弁して〜と気の弱いなるほ堂がいくらスクリーンから目を背けても、イライジャ・ウッドが、ベニチオ・デル・トロが、ニック・スタール(『ターミネーター3』にエドワード・ファーロングの代わりに出てた男の子)が、血みどろになってあんな目やこんな目に……!
私はと言えば、モノトーンにパートカラーのCG処理された映像のおかげで、エグいシーンも完全にコミックであり虚構の世界と割り切れたから大丈夫。もっとリアルなバイオレンス描写なら目をつぶってしまうけど。

突然ですが、映画のバイオレンス描写におけるあなたのR指定はどこがボーダーラインでしょうか。

最近は細かくR指定で分けられてるけど、許容範囲は個人的なもの。『ゴッドファーザー』でもダメな人がいれば、どんなスプラッター・ホラーも平気な人がいる。まあ、ホラーは笑いと同義になってる事が多いけど。

私は『シン・シティ』はOKでも、『キル・ビルVOL.1』はアウトだ。ロドリゲスはいいけど、タランティーノのバイオレンスは苦手だ。デビッド・クローネンバーグはいいけど、デビッド・リンチはちょっと苦手。サム・ペキンパーはぎりぎりOK。映画としての面白さとはまた違う話である。銃をこめかみに突きつけて、そこでカットが変わって死体があるのは許せるけど、ブチ抜かれるところは遠慮したい。 基本的には寸止めがベター。

アクション系バイオレンスじゃなくても、アート系(?)でもバイオレンスはある。
私はピーター・グリーナウェイの映画が好きだけど、とても他人には薦められない。
ついでに言えば、これまで観た中で一番恐かったのは『サスぺリア(2)』と『ベイビー・オブ・マコン』だな。トラウマです。

薄っぺらな描写でお茶を濁されるのもつまらないし、作品によっては観る方の我慢も致し方ない。でも 最近の映画はCGが進歩したせいか、露悪的にエグいシーンを入れることが多いんで困る。だって、ツクリモノと解ってても心臓に悪いじゃないか。

ところで、ロドリゲス映画はルチャ・リブレ(メキシカン・プロレス)と同じだ。役者のポテンシャルを最大限生かしたキャラクターがどれも立っているし、恐いものなし、アイディアと情熱を惜しみなく注ぎ込んでるのが観ていて楽しい。
テクニコ(善玉)はテクニコらしく、ルード(悪玉)はルードらしく、ベタはとことんベタでいい。迷いがない。『スパイ・キッズ』シリーズを評価しないファンはヤオだと思う。あれこそロドリゲスにしか撮れない傑作ではないか!

『シン・シティ』はロドリゲスが”バーリトゥード” 、または”電流爆破デスマッチ” に参戦した映画だ。 ”黒ロドリゲス”ともいえる。

出てくるのは相変わらず私好みの顔ばかり。しかも、今回はイアン・ハート(アイルランド代表のフットボーラーではない、念のため)まで使うとは!さすがにいい顔、いい役者が解ってるなあと嬉しいぜ。
パート2も作るらしいが、もうロドリゲスなら今更何をやっても構わない。心のアミーゴなんである。ついて行くぜ。

(記&絵/minaco.)
by tototitta | 2005-11-11 22:22 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT