S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
After You've Gone
(記&絵/minaco.)
d0031385_19154488.gif


ユナイテッドのファンジン「Red Issue」にて、ルート語る。

「俺はこれまで移籍を求めた事なんかない。俺が希望したのは(ファーギーとの信頼関係が壊れた後の)一度だけで、その結果今マドリーでプレイしてるって訳だ。
俺は自分自身でキャリアをコントロールしてるよ(代理人に任せたりしない、の意。そういや、ユナイテッド入団直前にチェルシーに鞍替えしたロッベンに説教たれてたっけ)。エージェントは03年にバルサと話してなんかない。
毎シーズン他クラブから話が来るけど、決して出て行く気はなかった。
でも、フットボールで学んだのは、何が起こるか解らないって事さ。

いつだってユナイテッドにすべてを捧げてきた。サポーターには俺をそんな風に思い出してもらえたらいい。
俺の最も誇れる瞬間は、未だに03年、俺達がリーグを勝ち取った日だよ」

移籍なんてものは思惑を超えてただ受け入れるしかないもの、と冷静に見る人もいるだろう。
でもずっとずっと、この言葉が聞きたかった訳で。
もしルートに会ったら胸倉掴んで問い詰めたいくらい、大きな気掛かりだった訳で。
そんな身の危険が伝わったのか、ようやく今になって胸のつかえが取れた。
多分これからは、この言葉を信じる事が支えになる。ようやく前に進める、と思う。


一方、ベックス。
フットボール・セレヴがハリウッド・セレヴになるのか知らんけど、やはり行ってしまうんだね(ルートから逃げる気かい)。

ギャラクティコからギャラクシーへ。一度ダークサイドに堕ちたら、銀河帝国にしか居場所はないのか。アナキン=ダースベイダーの最後は息子ルークの手で葬るしかないのか。
長髪とキリスト髭を落としたララスも太り続けるジョージ・ルーカスも、ヒッピー・ムーブメントから今は商魂逞しいオトナにしか見えない。まあ、結局ハリウッド・バビロンに城を持つのが、『スターウォーズ』サーガの到達点なのかもしれない。

いや、いっそ「オレの人生はヴィクトリアに捧げる」と言ってくれるなら潔い。ならば何も言うまい。
寂しい時にはギャリーに電話すればいい。きっと米国じゃキミの訛りは通じないかもしんないし。


正直ユナイテッド・ファンとしては「ユナイテッドを去る時がトップ・キャリアの終わる時」という認識がある。いや、そのくらいの覚悟はした方がいい。その思いは否定できない。
MLSに行く事即ちキャリアの終焉と言われるが、ベックスのキャリアは既に余生だったと認めなくてはならない。

かつてユナイテッドに忠誠を誓った名選手たち。古くはジョージ・ベスト、デニス・ロー、近年でもバット、フィル、そしてキーンの数ヶ月。
ルートには例外であって欲しいと切に祈るが、ベックスに白い塩ユニフォームは最後まで似合わなかった。事情が違うけどベックスだろうがルートだろうが、私にはかばう事は出来ない。

美しい思い出が消える訳じゃない。ベックスは素晴らしい選手であり、そのプレイを誇りに思うし、彼の孤独も身に染みる。

でも、ユナイテッドにはオーレがいる。ユナイテッドを追い出されたら、その選手はどんなレジェンドであろうと、他所で評価されようと、ユナイテッドにおいては所詮「オーレになれなかった選手」となる。何て残酷な、何て尊大なクラブだろう。

確かビング・クロスビーが昔、アップテンポでスウィングしてた「After You've Gone」というスタンダード・ナンバーがある。
自分を捨てた相手に図々しいほど強がって見せる、粋なトーチ・ソング。マンチェスターのバンドThe Smithsの歌にも通じる、自虐のアイロニー。

それがベックスに対する、ユナイテッド・ファンの愛と哀しみなのだ。


 "君去りし後 私を泣かせたまま
 君去りし後 きっと必ず
 ブルーになって悲しむでしょうよ
 君の今までの一番親しい友を失ったことを思い出すでしょうよ

 今に時が来る 忘れないで
 君が後悔する時が来る 
 いつか寂しさが募り
 私みたいに心破れるでしょうね 私を求めるでしょうね
 君去りし後 君去りし後に

 私が去りし後 二人別れし後
 私が去りし後 君は気付くでしょうよ
 盲目だったと判るでしょうよ
 誰かと一緒になって 心変わりしても

 長い事 私たちは一緒だった
 時には落ち込んだりもした
 君はまた私と一緒に 最初の頃に戻りたくなるでしょうね
 私が去りし後 私が捨てた後に”

  「After You've Gone」 (Henry Creamer/ Turner Layton/1918)
[PR]
by tototitta | 2007-01-16 19:21 | Manchester United | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT