人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
my favorite movies#1 『僕の国、パパの国』
d0031385_21413712.gif

舞台は'70年代のマンチェスター(!)。
パキスタン移民の一家の世代間カルチャーギャップを暖かいユーモアで描いていて、この手の英国映画には本当にハズレがないなあ。

思い出すのは『ベッカムに恋して』だ。祖国の文化を頑なに拠り所とする親世代と、それに反発する英国文化で染まった子供世代(こちらはインドだが)のギャップというのが共通テーマだから。

ただ、『ベッカム〜』が、平和的にハッピーエンドだったのに対して、『僕の国〜』は安易には結論を急がないで終わる。 これは時代が違うせいだろうな。
パパの国と僕の国は距離を置いたまま一つの家にはならないけれど、更に下の世代となる一家の末っ子にその未来を託されるのだ。

この末っ子の男の子が、可愛い!何故かいつもジャケットのフードをすっぽり被った姿がとってもキュート♡(『サウスパーク』に出て来るキャラクターみたい)家族に小突かれ、逃げ回り、損な役回りなのにそれでもめげないっ。
脇で出て来る近所の妙チクリンなガキも、ブタ呼ばわりのブスな乙女もいい顔してるんだよなあ。'70年代らしいカラフルな色彩も可愛いし、何となく英国の小規模映画って皆、フィルムの質感、感触が似てる気がする。単に暗い空の色のせいか?

レンガ造りの家並みの中で、フットボールに興じる子供達も勿論登場する。思いきり蹴ったぼろぼろのボールが、移民排斥主義者のポスターを貼った窓をぶち抜く、なんてシーンもあり。
髪を伸ばした兄ちゃんは、当時のユナイテッドのアイドル、ジョージ・ベストを意識か。ああ、思いはやはりユナイテッドに結びついちゃう私…。

(記・絵/minaco)
by tototitta | 2005-05-11 22:03 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT