S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
あれからおよそ1年
(記&絵/minaco.)
d0031385_21485868.gif
d0031385_21491634.gif


確か、あの日もいい天気だった。アンフィールドでの(イングランド版)クラシコを観ながら、ここでのFAカップを思い出して「もう1年か」と感慨にふけるのは、スミシーとそのファン、そして私くらいかもしれない。
リザーブマッチに出たスミシーは、ここへはまだ戻って来られなかったけど、もうしばらくの辛抱かと(オーレがまた膝の手術というし・・・)。未来はまだある。

いい試合だった。ホームで対戦した時のリバプールはどうなる事かと思ったが、猛者揃いのライバルチームにまた昨季のように主導権を握られた。
両腕のタトゥーが目立つアゲルや、新鋭チリのゴンサレス。いきなり何をしでかすか解らんベラミー、”ブッチャーボーイ”ことリーセ、いつ見ても男前シャビ・アロンソ、身も心も顔も赤いキャラガー、大人になったのかシソコ。アンフィールドで観るリバポーは、カンプノウの時よりリバポーらしいフットボールに見えた。

とはいえ、ユナイテッドはアウェイらしい守備を重視した戦い方。
戦術的理由だと思うが、ヴィダが1人で左サイドの対応してたのには、ちょっとハラハラ。後半エヴラに替わった汁もうっかりしてるけど、とにかくエドさんがいれば何とかなっちゃうものなのね。

去年も流血や(負傷)退場だったし、今回も同じ展開になっちゃうものの、今のユナイテッドは同じ結果にはならない。
何せ3賢人に加え、パートタイムの仏様までいるんだし。

あの時間帯で、あそこでFKを獲りにいくか、ギグス。レフリーもギグスのプレッシャーに押されたのか、あっさり従った。
そしてボールをセットしたロンとごにょごにょ、悪魔のささやき。
「入れようとするな。GKのディフレクションを狙え」
きっとそんな指示を出したんではないか。
思惑通りのいいボールが入ると、チャージ気味にサハが突っ込み、ボールはおシェイの足元へ。これがもしロンだったら、外してたかも。
でも、おシェイは「ペナルティボックスのキラー」ですからwwwどういう訳か!ルーたんが怪我しなけりゃそこに居なかったはずのおシェイだけど、アンタはチームの(ネタの)宝。

キャプテン・ギャリーはまたしてもカッコ良かった。喜びすぎて5000£の罰金を払った事もあったけど、アンフィールドでの勝利になら惜しくない。そうだろ、ギャリー。
晴れ晴れとサポの前でユニを脱ぎ捨てるキャプテンの姿はいいもんだ。

去年と違うのは当たり前。チームは先に進んでる。
ここには人でなしのガチ・ストライカーは居ない。それが正解なのだと、言われなくても解ってる。

〜付記〜
レアルは引き分けたけど、アボンさんからPKを決められてヨカッタ…。
[PR]
by tototitta | 2007-03-05 22:07 | Manchester United | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT