人気ブログランキング |
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
パフューム~ある人殺しの物語~
(記&絵/minaco.)
d0031385_2364472.gif


ファンタジーじゃなくて、奇想譚というものが好きだ。
原作は未読なのだが、これはよく出来た奇想譚だなあ。それを映画化するなんざ、随分な野心作だなあ、とまず思う。何しろ目には見えない「匂い」を映像化しようとしてるんだもの。

超人的な嗅覚を持つ(だが自身は体臭を持たない)主人公グルヌイユ。物語は匂いに摂り憑かれた匂いガチが、やがて禁断の世界へと進み、破滅するまでの悲劇、とでも言えばいいのかな。香水ガチ一代。

例えばトリップ映像みたいにCGか何かで匂いを安易にイメージ化する、というやり方はしなかった(1シーンを除いて)。
じゃあどうする?といえば、匂いの発生源と身体器官の反応を執拗にクローズアップする、という方法。あまりにクンクンするので、観てる方もつい「ど、どんな匂いよ?」と身を乗り出したくなってしまう。
そういえば昔、「匂い付き映画」*ってあったけど、確か3D眼鏡みたいに劇場で配られるシートをいちいちこすりながら観なきゃない、という仕組みだった記憶が。大変だったでしょうなあ。
(*追記/ 思い出した。J.ウォータースの『ポリエステル』だ!)

正直、私自身は鼻が利く方じゃない。鈍感な方だと思う。子供の頃は慢性鼻炎だったし。花や香水売り場の匂いも苦手な方だ。
だから超人とはいえ、こういう感覚って想像がつかない。どうやって嗅ぎ分けるの?美しい女性はもともとイイ匂いなの?犬の嗅覚とどっちがスゴイの?と疑問が頭を駆け巡る。
全世界がひれ伏す禁断の匂いとは、一体どんな匂いなのか。誰にも解らないけど、要するにフェロモンとどう違うのかしらん。
こんな風に悩み惑わされるという事は、正に映画の思うツボなのかな。

ところで、この時代パリは悪臭の都、というのはよく聞く話。見事な格差社会でありながら、衛生観念においては貴族も庶民も平等だったのでしょうか。いや、この映画を観ると、やはり匂いにも階級格差があったのかもしれない。グルヌイユが匂いを渇望し、やがてそれが最下層から這い上がってゆく手段にもなる。

花の都と底辺の労働者という世界で、映画は極端な美醜を提示する。掃き溜めのグロい魚市場で生まれたグルヌイユが、ラベンダーの美しい花畑へ辿り着く。途中にある洞窟の世界は、美でも醜でもない分水点であり、彼がリボーンする子宮にも思える。
美が尊ばれる階級社会で、美しく生まれなかった子供が(実際彼の姿は醜い)美を得る為の旅だったのではないか。その最後はまた醜に還るのだけど。

所詮美は無為なものかもしれない。いや美と醜は同義なのだ。話題のあのシーンも、そんな風に見える。
ともあれ凄くヨーロッパ的なお話だから、これをもしスピルバーグやスコセッシが監督してたら(何となくクリスチャン・ベール辺りが主演してそう)どうなってた事か。
無名の主演俳優ベン・ウィショーの顔が良かった。いや、杉本哲太に見えてしょうがなかったとはいえ、それもどこかドニ・ラヴァン的、大道芸人を思わせる顔つきだった。

これは一種のヒロイック・ストーリーでもある。キリスト、スパイダーマン、仮面ライダー、アナキン・スカイウォーカー、そんな超人の受難劇に似ている。超人が辿る普遍的な伝説を、とんでもない奇想譚にしてみせたのが、この物語の面白い所かと思う。


関係ないけど、パリと盛岡って相似性があるよね、と友人と話した事がある。中心を河が流れ、いくつもの橋がある。上の橋はポン・ヌフ橋、文化・芸術とカフェの地区である上の橋周辺はさしずめモンマルトル、ヴェルサイユ宮殿は岩手公園(←強引)、カワトクデパートはル・ボン・マルシェか。先日パリ~ニースを観てたら、タイムトライアルのコースがまるで館坂か青山町辺りに似て見えた。
ならばパリのように、この街で自転車ロードレースがやれたら最高なんだけどなー。
by tototitta | 2007-03-21 23:16 | 映画 | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT