S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
シーズンオフ ~ユナイテッドの場合~
(記/minaco.)


レアルはマグマですが、さて一方、超保守的なユナイテッドの場合はというと、相変わらずファーギーは若い選手に夢中。新加入のナニやアンデルソンが何となくジェンバ×2とクレイベルソン(お元気ですか?)を思い出させると言っちゃ可哀相だけど、それも含めてクラブの伝統から外れる事はないだろう。
誰も覚えてないかもしれないけど、ヴェロンを見る度、ユナイテッドの選手だったんだよな、と未だにワタシは感慨深いものだ。ヴェロン自身が忘れてるとしても。

で、問題なのは、来季の新ユニだ。
やる気のないデザインだな、ナイキ・・・。案の定、ファンの反応は「普通の赤Tシャツ」「シンプルにも程がある」「トレーニングウェアにすら見えない!GKに至ってはまるでチェルシー!」と、ツッコミまくり(でも買っちゃうんだろうな)。
イラストレーターとしては一見描きやすく見えるけど、胸のクレストがワッペン型だった方が楽だったりする。
唯一のチャームポイントは、首の後ろに付いたタグの悪魔でしょうか。ラ、ラブリ~。

新ユニの宣材フォトセッションの模様を観ると(公式サイトのMUTV→free viewからどうぞ)、キャプテンの背後に忍び寄り、パンツを下げるルーたん・・・。ドンくんが1人寂しく突っ立ってるのが、とても悲しい(パク☆チーでも言葉通じないしなあ)。
この中で来季このユニを着ない選手もいるのかと思うと、それも寂しい。去年今季のユニ・スポンサーを披露する場で、(無作法なエヴラにシャツを投げ付けられ)ムスっとしたまま写真に収まるルートの姿を思い出してしまう(顔に出すぎ)。すいません。

結局、ユナイテッドでは外国人(UK以外)はクラブの象徴にはなれない。カントナを除き。
どんなに貢献しても、「クラブの為に有難う」と感謝されるのが精一杯。いや、それで充分とも思うけど、それ以上の存在を望んでも叶いそうにない。ユナイテッドはいつだって若い才能を育てるのが最優先だし、必要なのはそれを支えるシニアと外国人のジョバーなのだ。
以前、ロンが7番でルーたんが8番なのは相応しくないという声もあった。でも、ルーたんあってのロン=7番であり、キングとアイドルとして伝統を継ぐべき2人なんである。

そして、”エバー・グレイテスト・ナンバー10”がルーたんに受け継がれた。

一般的にはファンタジスタのイメージが強い番号だけど、基本的にポジション順で番号を付けるイングランドではセンターFW。ユナイテッドでは偉大なエースストライカーの歴史があり(デニス・ロー、シェリンガム、それにルートが付けてきた)、7番と並んで大事な番号と言ってもいい。
ぶっちゃけ、ワタシにとってはどこぞの若造に着けられた日にゃ眼も当てられない、というのが正直な気持ちなんで、こうしてルーたんが継いでくれてどんなにホッとしたことか!
むしろ本望である。

クラブは10番へのリスペクトを忘れてなかった。実際は8番をハーグリーブスか誰かに与える為だとしても、それに感謝したい。
この番号を背負ったルーたんが ” King of the Stretford End ” と呼ばれる日が来る。
CLミラン戦1st Legの時のように、ワタシはその背中に先代(キングと呼ばれた事もあったのだよ!)の思い出をコッソリ重ねるだろう。ルートだって元は8番だったし。
正真正銘、これぞキングへの道だ。任せたぞルーたん。


~お知らせ~

ブログスキンのリニューアルが、ひとまず完成しました。
何か不具合などお気づきの際には、コメント欄にてお知らせ下さいませ。
その他、ご感想もお気軽にどうぞ。
[PR]
by tototitta | 2007-07-04 23:08 | Manchester United | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT