S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
モグラ大発生
(記&絵/minaco.)
d0031385_22282278.gif
d0031385_2228378.gif

< CL#1 / SPORTING × UTD >

ジョゼ・アルバラーデのピッチではあっちにボコボコ、こっちにボコボコ、モグラが大発生していた模様。
何だか終盤でいつもより疲れが目立ったのは、そのせいかもしれない。途中から出たサハも身体が重そうだったけど。
そんな中で怪我なく無事に勝てたんだから、やれやれヨカッタと喜びましょう。

前半でもう顔を真っ赤にしてたファーギーは、ハーフタイムにヘアドライヤー大爆発だったかと思う。その後ピッチに出て来る選手達もよほど危機感を感じたのか、あーだこーだと言い合うのだけど、どうも話が噛みあってない様子。

ルーたんがいきなり先発出場で復帰してきたのには驚いた。無理すんなと諭しても、どうせ「出る出る」言ってきかないんだろうけど。
しかし、ルーたんの新しい1トップ像というものが、まだ見えてこない。このポジションでどう変わるのか、変わらないのか。
「ストライカーはライオンのように寝て待て」という極意(ルートはそう教わった)が、いずれルーたんにも解るといいのだけど。それが一番難しいんだろうなあ。

でも、しばらくはこんな試合が続くんだろうと思う。生暖かく見守ってゆくつもりである。

さて、第2の故郷でゴールを叩き込んだロンは、切なそうに謝ってみせた。サウダージ。
しおらしいな(←塩ではない)、ロン。ポルトガルではドリブルで抜けるんだな、ロン。観客を完全敵に回した2年前のベンフィカ戦は遠い昔。
それはともかく、ナニを観てるとロンより塩らしいんだった。
年寄りの身体に塩分取りすぎはスリラーだが、何しろ暴漢に襲われてもビクともしないファーギーである。今更怖いもんなし。塩を喰らわば皿までという事かしら。

ところで、いつしかプレミアでもチェルシーを抜いて3位まで上がったユナイテッド。そして次節の対戦を前に、モウリーニョ解任のニュウスが。まあ来る時が来た、という感じだ。
もはや金に糸目をつけぬクラブはチェルシーばかりじゃない。多分、この先一番怖いのはリバポーなんだろう。
[PR]
by tototitta | 2007-09-22 22:54 | Manchester United | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT