S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イラストレーターMinacoとなるほ堂が、サッカーのこととか、映画のこととか、日々日常に関して、その情熱の総てを地球にぶちこんで叩き付け、戦い挑み、愛を説く日々の記録。
XML | ATOM

skin by なるほ堂
ABOUT CONTACT BLOG LINK
偉そうで何より
(記&絵/minaco.)
d0031385_18575543.gifd0031385_18581467.gif

<#7 / UTD × CHELSEA>

前フリでルート・フリット氏が登場したりして、何やら単なるリーグ戦以上のアングルだったこの1戦。何しに来たのさファン・バステン。
とりあえず「渡り鳥」と勝手に勘違いしてた(ゴメンね)バーズの姿を観れて、ワタシゃ嬉しいよ。

ストレットフォード・エンドにギャリー&ギグスの巨大バナーが掲げられ、「カンピオ~ネ、カンピオ~ネ♪」の歌声が聞こえてくると、ここまでグダグダだったユナイテッドもこの日は王者の気分になってくる。
偉そうなユナイテッドが戻ってきた。
モウリーニョの伝言メモがなくても、選手達はチェルシーのフットボールが出来るのか?などと、上から目線で問いかけるユナイテッド。

精神的支柱を失った事が、チェルシー選手には一番大きかったと思う。ああいう恥も外見も捨てたスモール・フットボールを忠実に遂行するには、余程の説得力がなければ無理だろう。つまんなくね?などとは一瞬も疑わないように。
モウリーニョは仮想敵を作り上げ、「我々は不当に扱われている。だから武器持て立ち上がれ」という革命軍的なモチベーションでチームを団結させてたんじゃないかと思う。余所で憎まれれば憎まれるほど、チーム内の信頼は強固になる。敵と味方がはっきりするから。
そういう強い指導者が倒れれば、残された選手が混乱するのは尤もな話。
別の言い方をすれば、サカゲーでモウリーニョ仕様にセッティングしたチームがあっても、それを動かすコントローラーがないという事。
勿論シェヴァだけはプログラム外の選手だけど、所詮ここはまだ「シェヴァのチーム」ではない。

そんな哀れなチェルシーを見て、悪魔であるギグスは嬉々として試合を仕切り出す。
前半で因縁浅からぬオビ・ミケルが退場を喰らったのは大きかっただろうけど、既にユナイテッドはチェルシーの右サイドを徹底的にいぢめてペースを握っていた。
角度のない所からのボレーシュートは外したものの(カントナなら決めてるね)、前半ロスタイムにテベスの初ゴールを生んだギグスのクロスは凄かった。そこも左足かよ!

そのまま後半も勢いに乗れればよかったけど、遅攻になると攻め手が単調になるのが今の課題か。でもブラウンは前の試合で見せた「やれば出来るじゃん」クロスから、急に自信をつけたように頼もしくなった。顔に付いた石灰をぬぐいもせず、慌ててるんだか落ち着いてるんだか解らないが。ヴィダのますますブルース化したキャラも定着したな(喜んでいいのか)。
そしてサハも出れば役割がはっきりして、シュートが入らなくてもゴールは出来る。
FKでロンを制しテベスに任せ、PKもまたロンを押しのけサハに蹴らせるギグス、仕切りは上々。

ルーたんと2トップを組んだテベスは、プレイがとても真面目なんである。それはプロビンチャのクラブでは褒められるけど、ビッグクラブではもっと違うものが求められるんじゃないかな。ルーたんが相変わらずマイペースなだけに、パートナーのテベスは苦労しそうだ。
そしてやはりテベスにもボカ育ち特有、「寂しんぼう」の性が見える。このマンチェスターの寒空の下で、温かいお友達が出来るかしら。

さてこれからのチェルシーだけど、正しい金満ネタクラブの道を歩んでいただきたい(ベン・ハイムを獲ったのはその布石でしょ?)。
そもそも、ブルジョワ・クラブでありながら貧者の武器で戦うというのが矛盾してたと思う。もしモウリーニョが、後を追って退団する選手達と亡命政府チームを作ってチェルシーに挑むというなら、それも面白いかもしれないけど。

しかし、チェルシーに限らずクラブがますますファンの手から離れてゆくのは困った事ではある。
あんなに嫌われてたグレイザー一家でも、今はむしろ「当たりクジ」の気がしてくるんであった。


~きょうの萌えビデオ~

ルーたん&ロンがロッカールーム、音楽、ファッション(←キミ達が語るな)などなど語り合ってます。ルーたんの英語はよく解らんけど、2人のラブラブぶりは確認出来ました。
コチラ↓
http://www.youtube.com/watch?v=owTcwYQzu70&eurl=http%3A%2F%2Flj%2Dtoys%2Ecom%2F%3Fjournalid%3D306903%26moduleid%3D21%26auth%5Ftoken%3Dsessionless%3A1190883600%3Aembedcontent%3A306903%25262
確かにサハとエヴラのファッションセンスについてはワタシも同意。サハ、頼むから日本語「ビリケン」Tシャツはヤメレ・・・。
[PR]
by tototitta | 2007-09-27 19:35 | Manchester United | ▲ TOP
LINKS
・ Mercedes's Diary
・ おかず横町
・ デジカメのいろいろ
・ 今さらながらの○○修行
・ 春巻雑記帳
・ 塔とゆりかご

映画
・ NAWOWOW
  NAWOKO KAWAMURA'S PORTFOLIO

 Football
 ・ CALCIO馬鹿のたわ言。
 ・ 【別館】Black Swan of Ukraine
 ・ ファーポコ
 ・ A.C.MILANを斜め読み

 鹿島アントラーズ
 ・ オフィシャルサイト
 ・ Red-Deer's Diary
 ・ My Soccer Diary
 ・ やわらかな風に包まれて
 ・ はいっ、おばさんは遠隔地鹿島サポです!

 レノヴェンスオガサFC
 ・ オフィシャルサイト


OTHER ROOMS
WEBSITE SPIN-OFF

・ ABOUT US
・ CONTACT